Top
あんでるせん その4
 先日また仕事で博多に行ってきました。 取引先のお店のスタッフの方々と、僕の親戚が経営するもつ鍋屋で膝を交えた時に、何気なくあんでるせんの話を切り出してみました。 僕がなぜそのような行動にでたのかというと、東京ではほとんど知られていないあんでるせんの存在がここ博多ではどれほどのものであるかということに興味があったからです。 はからずもここ博多はあんでるせんのある長崎の佐世保とはクルマで2時間ほどの距離であり、その物理的な距離の近さがあんでるせんの認知度にも影響を及ぼしているのではないかと思ったのです。
 結果はその場に居合わせた5人のうち2人があんでるせんのことを知っていました。 もっとも彼らのあんでるせんについての知識は噂話の域を出るものではなく、僕の知っている情報に上書きできるようなものは何一つとしてありませんでした。 「まあ所詮こんなものだろう。」 僕は軽い落胆を覚えつつも、初めてあんでるせんのことを知る人たちと会話ができたことで少し機嫌を良くしながら帰路につきました。
 さて次の日、今度は大学時代の友人3人と「家康」で焼き鳥を食べ、焼酎を飲みました。 僕は博多に帰ると無性に家康や信長(福岡にある焼き鳥のチェーン店)の焼き鳥が食べたくなってしまいます。 東京では高い焼き鳥も、ここでは一本50~70円ですし、何と言ってもキャベツがタダで食べられるのが嬉しいところです。
 僕は今度も同じ話題を切り出してみました。 すると3人のうちの2人があんでるせんのことを知っていたのです。 しかもそのうちの1人は2回も行ったことがあるというのです。 これには驚きました。 しかも彼が最初にあんでるせんを訪れたのは10年も前のことだそうです。
 彼は最初にあんでるせんを訪れた時にいくつかの疑問を感じたといいます。 そこで彼は2度目に訪れた時にその疑問を解決してみようと試みました。 2度目の時、彼は友人と二人で行ったのですが、マスターはいつもそうするように彼の友人の時計を取り上げ、三つの針をグルグルと回してみせました。 彼はマスターに「僕の時計でもやってみてくれませんか?」と、自分がその日していたロレックスを差し出しました。 マスターは時計を見ると、「こんな高価な時計は万が一壊してしまうといけないのでできません。」と断ったそうです。 彼の結論はこうです。 「理由は定かではないが、マスターはクオーツ(電池式)の時計は回せても、自動巻きの時計は回せない。」
 それに反して、やはり不可解としか言いようのない事実も目の当たりにしました。 彼の差し出した煙草がマスターの手のひらに置かれたかと思うと、ひとりで直立し、宙に浮いてはクルクルと回るさまを30cmほどの距離で見せつけられたのです。 彼はそこに何のトリックも、その匂いすら嗅ぎとることすらできませんでした。
 また、これまであんでるせんのマスターについては予言や占いといった行為は報告されていませんでしたが、店には「質問箱」というものが存在しているということが彼の報告で判明しました。 彼の話によると、質問箱にはマスターへの質問の他、自分の将来など占って欲しい事柄、そして自分の名前と住所を記入した紙を入れておくと、あとでマスターから回答が郵送されてくるそうです。 「必ず返事は書きます。 今とても質問が多いので、返事が届くのは三ヶ月後ぐらいになると思いますけど。」とはマスターの弁。
 友人曰く「Mr.マリックのような超魔術かなあと思える部分もあるけれど、それだけでは割り切れない部分もかなり残っている。 僕自身はやはり超魔術師ではないかと思っている。」とのこと。 あんでるせんは依然として大きな謎を投げかけながら今日も営業を続けている。

 先日このページを見たという或るサイトの管理者からコンタクトがあった。 彼の主宰するサイトは『超常識的超能力研究所』といい、リンクのコーナーで「超能力喫茶に関するホームページ集」としてあんでるせんについて書かれた多くのページを取り上げている。 そこに当ページをリンクさせてほしいという依頼であった。 その中にはフォークに「変化」したスプーンの写真や霊視写真を掲載してあるページもあり、非常に興味深い。 彼自身はあんでるせんのマスターを「二流の手品師」と決めつけているが、僕にはよくわからない。 少なくとも自分で見るまではその判断を先送りしようと思っている。。(1999/12/8出稿を再録)

Vote for Design+Art Blog Ranking
[PR]
by theshophouse | 2004-10-17 18:55 | Mystery
<< アユタヤの寺(1992) マーケティングなんていらない! >>



思うところを書く。
by theshophouse
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
Critique
Asian Affair
蹴球狂の詩
Odyssey
Photographs
Iiko et Tama
Non Category
Food
Mystery
Design
アジア人物伝
Alternative
Books
Movie
Sounds Good
昭和
モブログ日報
F1
号外
Profile
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2001年 10月
フォロー中のブログ
国境の南
osakanaさんのうだ...
青いセキセイインコ推定4...
THE SELECTIO...
V o i c e  o...
わしらのなんや日記
90歳、まだまだこれから...
午前4時から正午まで
藪の中のつむじ曲がり
PISERO しゅうまい...
最新のトラックバック
エス東京オフィス
from はるの日常
才色兼備な「タイのセレブ..
from Boochanの宝探し
チベットでのジェノサイド
from わしらのなんや日記
経済別に選びたい放題!チ..
from Boochanの宝探し
IKEA for ママゴト
from わしらのなんや日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧