Top
オシムの言葉
b0045944_21533060.jpg タイトルからして「オシム監督語録」的な薄っぺらい内容の本かなあと思っていたのだが、そうした予想を見事に裏切ってくれる実に重い内容の一冊だった。 もちろん随所にオシムの発言が取り上げられ、その発言の背景などが紹介されている、いわゆる語録的な部分も多いのだが、それでもこの本は語録ではなくオシムの半生記である。
 第二次世界大戦さなかの1941年、旧ユーゴスラビア(現ボスニア・ヘルツェゴビナ)のサラエボに生まれたイビツァ・オシムの半生は常に戦争と紛争の只中にあった。 現役時代はストライカーとして活躍し、ユーゴ代表にも名を連ね、1978年、フランスのストラスブールでのキャリアを最後にユニフォームを脱いだ。 1986年 ユーゴ代表監督に就任。 ストイコビッチ、サビチェビッチ、プロシネツキと、後にマルセイユ、ユベントス、レアル・マドリーでそれぞれ10番を背負う類まれなタレントをピッチで共存させ、1990年イタリアW杯ではユーゴをベスト8に導く。 準々決勝でアルゼンチンにPK戦の末敗れはしたものの鮮烈な印象を残した。
 ユーゴスラビア連邦は1991年からの内戦によって崩壊。 生まれ故郷を追われたオシムはギリシャ、オーストリアでクラブの監督を歴任し、2003年からジェフユナイテッドの指揮を執っている。 親日家のオシムだが、その端緒は1964年、東京オリンピックに出場するユーゴスラビア代表の一員として来日し、この時生まれて初めてカラーテレビを鑑賞して感激したことと、農村をサイクリング中に、見ず知らずの外国人にいきなり梨を振舞ってもてなす日本人のホスピタリティに触れて感激したことにあったと言われる。 当時の日本がまさに物心両面でオシムを魅了したことは、後の日本サッカーにとって大いなる僥倖であった。
 そのオシムがジーコの後を受けて日本代表監督に就任した。 本書を読んでオシムの事を好きにならない人間はまずいないだろう。 その言葉の端々に見え隠れするのは、サッカー、そして人間への深い洞察と愛情である。 現段階で僕はこの監督をジーコの時のように批判できる自信がまったくない。 ひとつにはオシム・ジャパンがまだ船出前で無傷の状態にあるということと、もうひとつはオシムが監督やってだめだったら、それはもう完全に選手が悪いと確信をもって言えるからである。 ジーコの場合、その選手としてのキャリアに異論を差し挟む余地はまったくなかったものの、監督経験がないという点において、僕のようなものでも批判する余地が残されていたと思う。 ところがオシムにはそれすら存在しない。 オシムは日本代表が迎える初めての完璧な監督と言っていい。
 日本サッカーはドイツW杯惨敗直後、川淵会長の自爆会見と中田の電撃引退によって、その総括もなされぬままオシム体制へぬるっと移行した。 それによって敗戦のショックは多少癒されはしたが、ドイツでの惨敗の責任の所在も明確にされぬまま次の4年間を迎えることには同意しかねる。 川淵会長はオシム招聘と引き換えに腹を切るべきだ。
 オシムは代表選手選考について「古い井戸に水が残っているのに、すぐに次の井戸を掘るのはどうか」と語った。 これから我々は、彼一流のメタファとレトリックの意味を読み解く才能を鍛えられることだろう。 それはこれまでの代表監督にはなかったもうひとつの知的な「ゲーム」である。
[PR]
by theshophouse | 2006-07-21 21:55 | Books
<< 世田谷一家殺人事件 侵入者たちの告白 とりあえずIKEAに行ってみた >>



思うところを書く。
by theshophouse
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
Critique
Asian Affair
蹴球狂の詩
Odyssey
Photographs
Iiko et Tama
Non Category
Food
Mystery
Design
アジア人物伝
Alternative
Books
Movie
Sounds Good
昭和
モブログ日報
F1
号外
Profile
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2001年 10月
フォロー中のブログ
国境の南
osakanaさんのうだ...
青いセキセイインコ推定4...
THE SELECTIO...
V o i c e  o...
わしらのなんや日記
90歳、まだまだこれから...
午前4時から正午まで
藪の中のつむじ曲がり
PISERO しゅうまい...
最新のトラックバック
エス東京オフィス
from はるの日常
才色兼備な「タイのセレブ..
from Boochanの宝探し
チベットでのジェノサイド
from わしらのなんや日記
経済別に選びたい放題!チ..
from Boochanの宝探し
IKEA for ママゴト
from わしらのなんや日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧