Top
<   2010年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
世紀の八百長とガラパゴスマスゴミ
b0045944_114157.jpg
b0045944_1142895.jpg
 フィギュアスケートについては以前「フィギュアスケート終了のお知らせ」というエントリーを投稿したこともあって、それ以降何も書いていなかった。
 バンクーバーにおいては、悲願の冬季五輪招致に向けて自国のスターを必要とした韓国と、安定したカネヅルが必要だったISU(国際スケート連盟)との利害が一致し、ヒュンダイやサムスンの韓国マネーが流入。 時を同じくしてロング・エッジ(間違ったエッジ)や回転不足について厳格に採点されるようになり、真央がそれまで飛んでいたトリプルジャンプのコンビネーションを奪われた。 この時期から真央は勝てなくなり、代わりにキモヨナが台頭してくる。 興味のある方は「トリノ五輪後に4年がかりで浅田真央がされてきたこと」でググってみるといい。 すぐに有名なコピペ(笑)が見つかるだろう。
 以下の記事はバンクーバーのエキシビションについて書かれたものだが、バンクーバーでのキモヨナの戴冠がいかに「FIXED GAME」だったか一目瞭然である。

 五輪エキシビションはキムのものだった|そらにみつ ~天満~

 真央陣営は結果的にそうした新基準に機敏に対応したブライアン・オーサーとキモヨナの戦略に後手を踏み、勝つために新たに取り組んだラフマニノフの「鐘」を習熟させることに時間を割いた結果、唯一残された武器となっていたトリプルアクセルの安定感を失う苦しいシーズンとなってしまった。
 それでもショートプログラムでは完璧な演技を披露し、「彼ら」にフリーでも完璧な演技を見せそうな怖れを抱かせた。 そのことがフリーでは真央の直前に滑ったキモヨナに150点という銀河点を与えることになる。 キモヨナを優勝させるためにはそのぐらいのアドバンテージが必要で、それゆえのGOE(技の出来栄え)の爆上げだった。
 真央のフリーについては中盤以降いくつかのミスがあったのは皆さんもご存じだろうから省略するが、その得点は131.72だった。 この点は真央にとってシーズンベストではあったが、演技内容はバンクーバーの直前の四大陸選手権の方が良かっただけにやや出過ぎの印象。 つまり、ジャッジのアホどもは不必要に上げ過ぎてしまったキモヨナの点を突出させないように真央の点を上げざるをえなかったという推論が成り立つ。 まさにスポーツとしてはとっくに終わっているフィギュアスケートである。
 本来ならそんな競技についてこれ以上駄文を弄しても仕方がないのだが、それでも僕がまた書こうと思ったのは、その腐りきった世界で、浅田真央というアスリートがひたすら求道者のような真摯な姿勢で競技に臨み、誰よりも勝利を渇望し、誰よりも完璧さを追い求めている姿に接したから。 彼女はバンクーバーでの敗北に体を震わせながらも、言い訳ひとつせずにそれを受け入れた。 掃き溜めに鶴とはこのことである。

 シーズンの終わり。 バンクーバーの興奮さめやらぬトリノで彼女はふたたび金メダルに挑んだ。 キモヨナがショートで無気力なボンドガールを演じ、「007」に相応しい7位と出遅れるなか、五輪同様完璧な演技をしたにも関わらず、むしろ回転過剰なほどのトリプルアクセルで理解不能のダウングレードをされて大したリードもできず、逆に長洲選手の後塵を拝す苦境に立たされる。
 翌日のフリーでもキモヨナは明らかに精細を欠き、トリプルサルコウのランディングで転倒し、その直後数秒間演技放棄、さらにダブルアクセルは飛べずにその後数秒間演技放棄、ステップもキレがなくgdgdなタコ踊りに終始。 それでも得点は130.49!? 一方で真央は2回のトリプルアクセルを含め、バンクーバーでミスした箇所を含めて完璧に演じきったにも関わらず129.50!?
 下の比較動画をご覧いただければ一目瞭然である。





 上の動画は検証するうえで比較する形式をとってはいるが、本来この二人のスケーターを同じ地平で語ること自体が間違っている。 舞踏家(左/上)とショーガール(右/下)を比較するようなものだ。
 だが日本のマスゴミ、はっきり言えば不治テレビ、もとい蛆テレビ、いやフジテレビは異常なまでにキモヨナマンセーに終始する。 今回のキモヨナのショートプログラムの演技開始直前、フジの実況アナは「世界を飛び回るシークレットサービス・キムヨナ、今日はどんなジェームス・ボンドを魅せてくれるのか?」と、演歌歌手の曲を紹介する全盛期の玉置宏(ご冥福をお祈りします)さながらにアゲアゲの前フリをカマす始末。 そもそもいつの間にボンドガールがボンド本人になったのか?
 滑稽である。
 さすがの僕でも「コケろキモヨナ!」と実況しろとは言わないが、ラジオ中継じゃないんだし余計な言葉を継ぐ必要などない。 日本の宝・浅田真央の演技を前に何故にそこまでキモヨナをマンセーするのか?
 断言してもいいが、たぶんキモヨナマンセー実況なんかやってるのは世界中で韓国と日本ぐらいのものだろう。 以下の映像は、今回の世界選手権を中継したEUROSPORTのショートプログラムの真央の演技のところ。 実況はイギリス人みたいだけど、第三者はこんなふうに見てるという典型。



演技終了後
A 「まったく素晴らしい! ユナ? 誰それ?
B 「ハッハッハッ」
A 「彼女にとって、キムユナと競争して負けることは我慢がならなかったでしょう。・・・2008年
  に世界チャンピオンになってからというもの、偉大な2番手に甘んじてきました」
B 「素晴らしかった。 でも残酷なシステム。 たとえばトリプルアクセル、今夜はもう二度と見
  られないのです。 それほど難しいジャンプなのに、コンビネーションの点数は9.5。 誰か
  さん
がやるトリプルルッツ+トリプルトゥーループより低いのです」
A 「おかしいよね」
B 「完全に間違ってます」

スローモーション時
B 「ごちゃごちゃ言う前に確認しましょう・・・うん、完璧に足りてます。 クリーンなトリプルアク
  セル」

点数が出た時
A 「驚きました! たったの68点! コストナーより6点上回っただけ・・・バカげてる・・・」



 ちなみにキモヨナのショートプログラム、今回はキモヨナの引退興行だったから、買収されたジャッジの皆さんも盛りに盛ったんだろうけど、見ての通りgdgdでボンドガールどころか端役のコールガールもキビしい出来。 普通なら盛るに盛れないところだが、やっぱり見事に執拗なまでにことごとくてんこ盛りに盛った。 結果、「Absolutely Amazing」な演技をした真央との差はわずか8点にも達しなかった。
 それでも日本のマスゴミは大会終了後、真央の偉業を称えるのもそこそこにキモヨナをフォロー。 「五輪後の虚脱感のなかリンクに立っただけでも偉い」とか「(キモヨナがコケたシーンを映して)それでもさすが五輪女王、その後は持ち前の表現力で巻き返し・・・」とワケのわからんキモヨナマンセー。 スパイラルの時の表情ですらショートプログラムとフリーでは違ったものを出そうとしている真央と、無表情で漫然と滑っているキモヨナとどちらが「表現力」があるのかもわからないジャッジやマスゴミ。
 韓国マネーに汚染されたISUは法則発動で崩壊するだろうし、ガラパゴスマスゴミは独自の進化などせず、ただ滅び往くだけだ。


フィギュアスケート終了のお知らせ

[PR]
by theshophouse | 2010-03-29 01:49 | Critique | Comments(2)
子ども手当ては無償ODA(政府開発援助)だ
 まず最初に、いまだに民主教信者の方(さすがにそんな人はもういないと思いますが)は本エントリーを読むことをオススメしません。 新聞やテレビを見るのをすぐにやめるか、いいかげん本国にお帰りになることをオススメします。

 2010年度予算が与党ら3党などの賛成多数で可決成立し、子ども手当てや高校無償化といった民主党の日本解体政策がいよいよ実現に近づいた。
 高校無償化のその理念は良しとしよう。 ただ北朝鮮のようなテロ国家の出先機関である朝鮮総連の配下にある朝鮮学校まで無償化の対象とすることが検討されているという。
 そもそもこうした特殊な学校への支給が俎上に乗る時点でおかしいのであって、支給など論外である。 拉致被害者という人質は取るわカネはタカるわ・・・。
 子ども手当にしても、日本に一年以上居住する外国人であれば、その子供が日本国外(本国)に居住していても支給対象となるという。
 これらは一見少子化対策のように見えるが、その実は民主党が進める移民政策そのものである。 個人的には、子育て世代や世帯に本当に必要なのは待機児童をなくすための施設整備であり保育費用の補助等でいいと思うのだが、民主党が少子化対策の本丸とするのは移民政策に他ならない。
 世界には子供一人当たりの手当月額1万3千円という金額が一ヶ月の給与を上回る国がザラにあるし、いずれ満額支給されれば2万6千円である。 そうなったら日本の子ども手当てを財源に本国に家だって建てられる。 参院選の票目当てのバラマキどころじゃない。 これは全世界を対象にした無償資金供与に他ならない。 こう考えると民主教が強引に進めようとしている永住外国人の地方参政権付与という世紀の大愚策の本質が見えてくる。
 ここまで読んで下さった方にもう民主教信者はいないと思うが、信者というのは常に教団本部が儲けるための手段でしかない。 「信者」という二文字の間隔を空けずに書いてみればわかる。 信者=儲。 だがその一方で信者は決して儲からない。 一方的に搾取されるだけだ。 そして今搾取されようとしているのが我々日本人なのである。
 


 フィフィさんのような外国人は極めて少数派と考えておくべきだろう。
 外国人であるフィフィさんが危惧しているようなことを、ミスター無能の厚生労働大臣がお気づきにならなかったはずもなく当然ご存知のうえでこの法案を通したわけだが、だいたいは以下のような事態になることがこの僕のようなバカにも容易に想像できる。

中国人のフリをして、地元の市役所に電話しました。

「母国の村の子供たち300人養子にしたのだが、児童手当ての手続きはどうするの? そしたら子供手当ても貰えるんでしょ!」と。
「ちなみに計算機ないから、ちょっと計算してください!」と。
「いくらになるの?15年間で14億!」
そして、
「やったー大金持ちだー! 仲間の中国人も、みんな養子もらってくるって言ってるよー!」

この時点で担当者、声が震えてました。(担当者いじめが目的ではないので、嘘である事を話し、謝罪しました)

ここからは、担当者の話。

「子供手当ての問題点は、自治体は認識している。 上級官庁にも伝えている。 担当者レベルでは、大問題だと思っている。 今日は、いつか来ると思っていた電話が来て、心臓が止まるほどびっくりした。 このことは、しっかりと対応して報告します。」

こんな感じでした。
自治体から危機感を煽りましょう。
まだ間に合います。


http://blog.goo.ne.jp/fubenkyou/e/efc7bb2dfa90f06112509fa9b68315ac

b0045944_22464442.jpg
 ミスター無能こと長妻大臣、自民党議員からこうした法案の欠点(民主教にとっては中国様への最高のセールスポイント)をツッコまれ、一年後には対象となる子供が国内居住要件を満たすよう法改正するとか何とか言い訳してるが、現時点でそうした不備があるものを何をそんなに慌てて成立させる必要があるのか? 参院選前にバラマキたいのだろうけど、麻生政権の時の定額給付金がまったく票に繋がらなかったのを笑ったのは他でもない民主教の連中ではなかったのか。



 すべては昨年8月にこの亡国政権を選択した国民の意思だからしょうがない。 当時以下の動画を見て大笑いしたものだが、それが現実になってくるとさすがに笑えない・・・。


[PR]
by theshophouse | 2010-03-24 23:04 | Critique | Comments(0)
IKEAとドルフ・ラングレンとジェミニ
b0045944_23462775.jpg
b0045944_23464261.jpg
 IKEAがパリの地下鉄で大胆なプロモーションを展開しているそうです。
 なんでもあの店内レストランでお馴染みのミートボールも食べられる?のだとか。

 IKEA in the Subways - Urlesque

 パリの地下鉄といえば、リュック・ベッソンの「サブウェイ」、古くはルイ・マルの「地下鉄のザジ」(音が出ます)を思い出す。
 クリストファー・ランバートっていつの間にかテレ東の「午後のロードショー」でやるようなB級SF映画のスペシャリストみたいになっちゃったけど、そういう人間の方が超売れっ子の役者より人間として魅力的だったりするもの。 いやもちろん会ったことなんてないんですけど。
 だからきっとジャン・クロード・ヴァン・ダムとかドルフ・ラングレンとかも実際会ったりしたら物凄く気さくな人柄だったりとか。 いやもちろん何の根拠もないんですが。
 前のエントリーに絡めるわけじゃないんですが、こんなCMを思い出しました。
 

[PR]
by theshophouse | 2010-03-18 00:17 | Movie | Comments(8)
井上鑑


 当時このヨコハマタイヤのCMを観て「なんてカッコいい曲なんだ」と思っていた僕は、この曲が収録された井上鑑のアルバム「予言者の夢」が発売されるや否やレコード屋じゃなくて友&愛(貸しレコード屋)に行ったのである。 超奮発してTDKのメタルテープを買い、あえてドルビーをオフにしてダビング。 高音域に霞がかかったようになるのが嫌だった。 比喩じゃなくテープが擦り減るほど聴いた。 僕の記憶が確かならば、この年のスウィング・ジャーナル恒例の読者による人気投票の男性ヴォーカルアルバム部門?の次点で、1位は加藤和彦の「あの頃、マリーローランサン」だった。 いや逆だったかも知れない。
 井上鑑という人はそれまであんまり表舞台に出るような人ではなかったのだが、寺尾聡の大ヒット曲「ルビーの指環」とアルバム「REFRECTIONS」に関わったことでその名を知られた。 この「REFRECTIONS」は日本版AORの名盤だと思う。
 やれミニバンだ、エコカーだのという今とは違い、まだスポーツカーに市民権があった時代。 自動車メーカーもタイヤメーカーも今のように女子供に媚びまくったCMなんぞ作ってはいなかった。 クルマは男が男であることを主張できる最後の砦だった。 大袈裟だけど。
 ドライバーがニキ・ラウダっていうのもシブい。

フルコーラスはこちらで。
http://www.youtube.com/watch?v=VBxd6o5gSog
[PR]
by theshophouse | 2010-03-05 01:13 | Sounds Good | Comments(0)
ドミノ・ピザのピザ・トラッキングショーが面白かった件


 ピザは自分でつくる方である。 強力粉と薄力粉をブレンドし、ぬるま湯とイースト菌と塩とオリーブオイルを加え、よくこねて作った生地を発酵させて薄く伸ばし、トマトソースを塗って刻んだモッツァレラチーズ(ドイツのは不可)を散らして予熱したオーブンで焼いて、最後にバジルを載せれば「ピッツァ」・マルゲリータのできあがりである。
 そんなわけで、宅配ピザを頼んだりする機会はなかなかなかったのだが、今夜は外食するにも出かけるのが億劫で、当然スーパーに材料を買いに行って作る気力も出ず、たまたまメニューが郵便受けに入っていたドミノ・ピザで済ませることにしたのだった。
 いまどき当たり前ではあるが、メニューを見るとネットでも注文できるようになっていて、なおかつネット注文だと割引も受けられるというので、一旦受話器を取り上げようとした手をマウスに持ちかえドミノ・ピザのサイトを開いてみた。
 ネット注文でありながら手元にある紙のメニューに付いていたクーポンも使える、なかなかツボを押さえた注文システムがそこにはあった。 しばらく縁がなかった宅配ピザの世界でも確実にeコマース化が進んでいた。
 しかし驚いたのはここからだった。 注文を確定すると、自分の注文したピザの状況をトラッキング(追跡)できるようになっていて、それだけならDHLみたいなクーリエやヤマト運輸のような宅配便でもやっているサービスなのだが、ドミノ・ピザの場合、それをショートムービー仕立てで見せてくれるのだ。 しかも、劇中やエンドロールにまでピザを注文した客の名前が表示されるなどなかなか凝ったつくりになっていて思わず見入ってしまった。 ビューティー・アドバイザーの小芝居が長すぎてワロタけどw
 ドミノ・ピザをネットで注文したことがない人で、もしこのさき注文する機会があるようでしたら是非ネットで注文することを激しくオススメします。

宅配ピザのドミノ・ピザ
[PR]
by theshophouse | 2010-03-03 22:33 | Food | Comments(0)



思うところを書く。
by theshophouse
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
Critique
Asian Affair
蹴球狂の詩
Odyssey
Photographs
Iiko et Tama
Non Category
Food
Mystery
Design
アジア人物伝
Alternative
Books
Movie
Sounds Good
昭和
モブログ日報
F1
号外
Profile
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2001年 10月
フォロー中のブログ
国境の南
osakanaさんのうだ...
青いセキセイインコ推定4...
THE SELECTIO...
V o i c e  o...
わしらのなんや日記
90歳、まだまだこれから...
午前4時から正午まで
藪の中のつむじ曲がり
PISERO しゅうまい...
最新のトラックバック
エス東京オフィス
from はるの日常
才色兼備な「タイのセレブ..
from Boochanの宝探し
チベットでのジェノサイド
from わしらのなんや日記
経済別に選びたい放題!チ..
from Boochanの宝探し
IKEA for ママゴト
from わしらのなんや日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧