Top
<   2009年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
NIPPON:FOREVER IN OUR SHADOW
b0045944_148587.jpg
 オーストラリアが近年「オーストコリア」と呼ばれるようになったのはこういうダンマクを誇らしげに掲げるところにも如実に表れているが、日本が負けた事は事実。 いつだって敗者は多くを語るべきでないし、オーストコリアと同じレベルに堕ちる必要もない。 正々堂々戦って負けた時は敗戦を受け入れ、勝者を讃えればいい。
 ただ、W杯出場という大目標を前に決死の戦いを挑んできたウズベキスタンやカタールに負けるのならまだしも、既に予選突破を決め、イエロー1枚を貰っているキューウェルやアロイージら主力の何人かを休ませたオーストラリアに負けるとは情けない。 しかも、そのオーストラリアが相変わらずフィジカルに頼るだけの古典的なサッカーをしているとなればなおさらだ。 正直、今夜の飛車角落ちの日本代表で十分勝てる相手だった。
 オーストラリアはかつての大黒柱ヴィドゥカが抜けたことで少しは違ったサッカーをやるのかと思いきや、ヴィドゥカのポジションにケネディが入っただけで、やってることは何ら変わっていない。 というより、オーストラリアの選手たちの性格や体格などの特性を生かすには誰が監督をやってもこうしたやり方に帰結するということなのだろう。
 一応パスを繋いで中盤を作ってというサッカーをやってはみるものの、今夜はブレシアーノらの不在もあって日本をパスで崩し切るには至らず、結局いつものキック&ラッシュ戦法に終始。 ポストのケネディが競ってケーヒルが狙うというワンパターン。 日本のディフェンス陣も良く対応し、ほとんど危なげなかったが、セットプレーに落とし穴があった。
 もともと本職のセンターバックではない阿部を責めるのは酷だが、2失点とも阿部がケーヒルのマークを外したのが原因。 ただ阿部のセンターバックなんてこんなもの。 誰も中澤の代わりが務まるとまでは思っていない。 ならばなぜ岡田監督は山口を試さなかったのだろうか。
 今日本が直面している問題のひとつはレギュラー組とサブ組の力の格差である。 本大会でも闘莉王と中澤の2枚のセンターバックのいずれかが累積警告で出られない状況は十分想定される。 目下必要なのは2人の代わりができる3枚目のセンターバックであるはずだ。 阿部は複数のポジションをこなせる素晴らしい選手だが、センターバックとしてコンスタントに試合に出ている選手ではないし、激しく動き回るケーヒルを90分間完封するのは難しい。 阿部個人の責任というよりむしろ、センターバックとサイドバック、両ボランチとの連係のなかで無力化すべき相手である。 ただ、やられたのがセットプレーでは言い訳はできない。 岡田監督にとっては、良くも悪くもその能力を把握している阿部ではなく、むしろ山口のセンターバックとしての個の力を確認すべきではなかったか。
 阿部はボランチとして先発した直前のカタール戦でも危険地帯でボールを失って大ピンチを演出している。 どんなポジションでもこなせる器用さが、逆にどんなポジションも安心して任せられなくならなければいいのだが。
 内田はやはり諸刃の剣という気がする。 攻撃面はともかく、ディフェンス面での課題は多い。 タイミングよく攻め上がっていいクロスを上げるシーンもあったが、ディフェンス面では不用意なファウルが多過ぎる。
 数少ない収穫は今野がボランチのポジションで無難にプレーしてボールを散らしたことと、松井のドリブルが何度か局面打開に繋がったこと。 特に松井のドリブルは、ともすれば「球離れの良すぎる」今の代表においては極めて異質だ。 それ故にジョーカー的な起用しかされないのが松井の現状だが、彼の特性がこのチームにうまく融合できれば大きな武器になることは間違いない。
 これで最終予選も終わり、日本代表は本大会への準備期間に入る。 試合後のインタビューで闘莉王が絞り出した言葉がすべてを物語るように、日本の一番の課題は「決定力のなさ」という古くて新しいもの。
 ただ、今夜の試合のなかで日本の選手たちが放ったシュートの多くは難易度の高いシュートばかりだった。 それらは枠を大きく越え、あるいはきっちりインパクトできずにキーパーの正面に飛んだ。 それは日本の攻めが相手を崩し切っていないことを意味する。 時間に、スペースに余裕のない状態でシュートが打たれていることを表している。 悲しきかな、日本の選手が難易度の高いシュートを決めることは望めない。 理想は無人のゴールに流し込むようなゴール。 人とボールが連動して相手を崩し切り、インパクトの瞬間に力み返る必要のないシュートを打てる状況をつくりだすことであろう。
 アタマは空っぽで図体のデカさとボディコンタクトだけのオーストラリアにキック&ラッシュのオージーボールサッカーがお似合いなように、シュートは苦手でもパスは得意な日本人は、極論すれば「シュートの要らないサッカー」「誰もシュートを打つ必要がないサッカー」「パスだけで点が取れるサッカー」を追求すべきなのかも知れない。
[PR]
by theshophouse | 2009-06-18 01:44 | 蹴球狂の詩
追悼 三沢光晴さん


 むかし多摩水道橋を歩いていた時、向こうから一人でランニングしてきた三沢さんと擦れ違ったことがある。 タイガーマスクを脱ぎ捨て、「三沢光晴」のレスリングスタイルを確立し、全日本プロレスの覇権をかけてジャンボ鶴田と死闘を繰り広げていた頃だった。
 それこそバックドロップなんて何千回も受けただろうに・・・。



 心からご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by theshophouse | 2009-06-14 01:58 | 号外
中東産油国御用審判 Subkhiddin Mohd Salleh を追放せよ!
b0045944_039519.jpg
 前のウズベキスタン戦が内容はともかく結果だけが問われる試合だったとすれば、今夜のカタール戦は結果はともかく内容が問われる試合だった。
 やはり、ボールへ、ゴールへと、肉体を突き動かし、次の一歩を踏み出させるのは意志の力、ハートだ。 そして、今夜ハートで勝っていたのは明らかにカタールだった。 技術的にも戦術的にも大きな差がない両者が戦った時、勝負を決するのは、時に幸運すら呼び込むハートの強さなのだろう。
 試合終了を告げる笛が吹かれた時、カタールの選手たちはピッチに倒れ込んだ。 この試合をものにすればW杯への可能性が繋がるカタールにとって、それは絶対に負けられない戦いであった。
 それはちょうど埼玉でのウズベキスタン戦のVTRを観ているようだった。 残念ながら、今の日本は相手の前線からプレスをかけ続けられると脆い。 カタールはラインを押し上げてコンパクトな陣型を維持し、中盤で日本のボールをプレスの網にかけて3トップ気味の前線に素早く縦に入れる攻めを繰り返した。 ひと頃の引いて守ってカウンターからのロングボール縦一本という中東スタイルも今や昔、アップ・トゥ・デートなフットボールで日本に挑んできた。
 無論、闘莉王はじめ日本の選手たちも勝利を渇望していたに違いないが、それは結果として多くのミスを生み、終始空回りした。 原因は遠藤と長谷部の不在。 やはり阿部と橋本でこの2人の穴を埋めるのは難しい。 いずれもボールを繋ぐのに汲々とするばかりで、ゲームをコントロールすることができなかった。 ボランチのところでボールが落ち着かないので今野と内田のポジショニングも中途半端になり、攻め上がりの回数も激減するばかりか、逆に中盤でボールをインターセプトされた時は相手3トップへのケアも遅れた。
b0045944_239405.jpg それに加えて今夜のレフェリーはあの中東産油国御用審判のサレーである。 この反日審判のことをこのブログで取り上げるのはこれで5度目だ。 タシケントでのウズベキスタン戦でシリアのレフェリーがホームタウン・ディシジョンの極致のような笛を吹いていたのに比べ、今夜のサレーの野郎はその真逆をいった。 レフェリングだけを見てたらまるでカタールのホーム・ドーハでやってる試合のようだった。
 サレーの野郎については十分注意すべきであることは昨年9月8日の時点で警告しておいたのだが、果たしてその危惧が現実となってしまった。 今回の最終予選においてもカタールのホームゲームの対ウズベキスタン戦で異常な笛を吹きまくって試合をブチ壊している。 クライアントのホームゲームとなれば容赦ねえ(笑)。 このサレーの野郎については、これまでに中東各国から袖の下として貰ったオイルマネーで地元マレーシアでは大豪邸に住んでいるだろうと以前にも書いたが、今回の最終予選で更に稼いだはず。 もしかしたらもう別荘が建っているかも知れない。
 とはいえ日本がお粗末な試合をしたことは事実。 直前のキリンカップでの大勝に多少なりとも気を良くして乗り込んだはずのタシケントのウズベキスタン戦と今夜のカタール戦だったが、捨て身の覚悟でぶつかってくる相手に対しては、たとえそれがアジアレベルの相手であっても容易に自分たちの目指すサッカーなどできないということが明らかとなった。
 岡田監督は「チームのベースができてきた」と言うが、こうした苦しい試合のなかでも変わらずに実践できて初めて「チームのベース」なのではないだろうか。 対戦相手やピッチコンディション、移動や連戦による疲労や、サブのメンバーの出場で実践できなくなってしまうのでは「チームのベース」とは言えない。
 結局ホームで勝ったのはバーレーンに辛勝した1試合のみであとは全て引き分けである。 結果だけ見れば楽に勝ち抜けたような印象もあるA組だったが、実際勝ち点ほどの差はなかったと見るべきだろう。 良くも悪くも日本の現在地はそんなところだ。


gdgd、されど貴重な勝ち点3
FAIR JUDGEMENT, FAIR BROADCASTING PLEASE !!
FAIR JUDGEMENT PLEASE !!
[PR]
by theshophouse | 2009-06-11 01:02 | 蹴球狂の詩
タシケントの試練
b0045944_352444.jpg
                  はいはいオフサイドオフサイド(笑)

 日本代表、W杯出場おめでとう!
 やはりW杯予選というのはこうでなくっちゃ。 直前のキリンカップみたいな楽勝は逆に不安になるだけ。 こういう試合をモノにしてこそ地力がつくというものである。 糞審判でなければ大久保のゴールで2対0の完勝だったが、アジア予選に糞審判はつきもの。
 試合そのものは崖っぷちのウズベキスタンが運動量と球際の競り合いで日本を上回り、糞審判が終始日本にとっては不可解な笛を吹き続けたことで苦しい展開になった。 ただ、押し込まれてはいたものの、相手に決定機をつくられていたわけではなく、ディフェンス陣は落ち着いて対応していた。 落ち着いて対応できていなかったのは解説とは名ばかりの絶叫応援の松木だけだった。
 問題だったのはこぼれ球を拾えなかったこと。 日本は中盤を支配できず終始後手にまわった。 タックルはアフター気味になり、ただでさえウズベキスタンの工作員のような糞審判に笛を吹く機会を余計に与え、セットプレーから何度もゴール前に放り込まれた。 この悪循環は試合終了まで続く。 開始早々に岡崎のゴールで先制したことが逆に日本を受けに回らせた。 やはり、この試合に勝てばW杯出場が決まるという精神状態が、深い芝が、選手たちから躍動感とパススピードを奪う。 いつもの小気味よいショートパスの交換は影を潜めた。
 思い返せばジョホール・バルもバンコクもいわゆる「アウェイ」ではなかった。 日本のW杯出場が懸かった試合で真のアウェイはこれが初めて。 泥臭い勝利には違いないが、この経験が日本のサッカーにもたらすものも大きい。 試合内容そのものについては言いたいこともたくさんある。 それは、仮にもW杯本大会で4強を目標とするチームの勝ち抜け方としてはいささか物足りないものだったが、W杯というものは予選やグループリーグを圧勝で勝ち上がったからといってその先の勝利が約束されているわけではない。 今夜はただ選手たちを讃えたい。
 W杯予選突破もこれで3回目。 出場は4回連続となる。 次第にそれは「通過点」と化し、テロ朝がどんなに煽っても、観ている側もかつてほどの昂りを覚えることはなくなった。 それは即ちアジアにおいて日本がそれだけ強くなっていることの証左なのだが、それと引き換えに失われたドーハやジョホール・バルの時のような熱病に侵されたような興奮は、もう二度と戻っては来ないのだろう。
 それにしても「大アウェイ」とか「ウズベキスタンの大サポーター」とか相変わらずワケのわからんこと言ってる角澤と、決勝ゴールを決めた岡崎がゴールに突進している時に「大久保!大久保!」と連呼し、ゴールが決まった直後に角澤から「最後は岡崎!」とトドメを刺された松木。 そもそも憲剛のパスを受けた岡崎の単独ゴールに最初も最後もねーだろ。 ゴール前に放り込まれるだけのたいして危なくもないシーンでもギャーギャーわめきやがって。
 犬HKに受信料払いたくないがためにBSで観れなかった管理人は完全に負け組。
[PR]
by theshophouse | 2009-06-07 03:15 | 蹴球狂の詩
赤い悪魔(笑)
b0045944_0221359.jpg
 やはり、欧州リーグのシーズン終了間もないこの時期、対戦相手の代表チームに主力級を求めるのは無理な相談なのだろうか。 4対0と、前のチリ戦同様一方的な試合になった今夜のベルギー戦を見てそう思わずにはいられなかった。
 とはいえ、日本がいいサッカーをしていたことは確かだ。 運動量で圧倒的に上回り、パスもよく繋がった。 それだけならこれまでとさして変わらないのだが、このキリンカップにおける日本代表は、フィニッシュに繋げ、点を取るという意識が強く、そこから逆算したパスを繋げていたように思える。 以前はしばしばパスをまわすことそのものが最終目的のようになり、フィニッシュに持ち込めないことが多く、消化不良のゲームが多々あったものだが、このキリンカップに限って言えば、こちらが「打て!」と思うような局面ではほとんどシュートを打っていた。 しかもそれらシュートの多くが枠に飛び、宇宙開発は地球周回軌道上の若田さんに丸投げしたのか、すっかり影を潜めた。
 チリ戦、ベルギー戦での8得点のうち、セットプレーでの得点は1点のみで、他はすべて流れのなかからの得点なのも特筆すべき点である。 崩し方にしても、両サイドバックのレギュラーが先発した今夜はサイドアタックが点に直結した。 ディフェンスも終始危なげなく、「壮行試合」としては申し分ないものだったが、こうしたサッカーがアウェイのガチ試合でできるかどうかはまた別の話である。 ただ、ホームでは難敵だったウズベキスタンも、むしろアウェイの方が戦いやすいのは明らかだ。
 ホームでのカタール戦まで引っ張る必要はない。 昨年10月、埼スタでのドローの借りを返し、中央アジアから南アフリカへの勝ち名乗りを上げてくれ。
[PR]
by theshophouse | 2009-06-01 00:23 | 蹴球狂の詩



思うところを書く。
by theshophouse
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
Critique
Asian Affair
蹴球狂の詩
Odyssey
Photographs
Iiko et Tama
Non Category
Food
Mystery
Design
アジア人物伝
Alternative
Books
Movie
Sounds Good
昭和
モブログ日報
F1
号外
Profile
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2001年 10月
フォロー中のブログ
国境の南
osakanaさんのうだ...
青いセキセイインコ推定4...
THE SELECTIO...
V o i c e  o...
わしらのなんや日記
90歳、まだまだこれから...
午前4時から正午まで
藪の中のつむじ曲がり
PISERO しゅうまい...
最新のトラックバック
エス東京オフィス
from はるの日常
才色兼備な「タイのセレブ..
from Boochanの宝探し
チベットでのジェノサイド
from わしらのなんや日記
経済別に選びたい放題!チ..
from Boochanの宝探し
IKEA for ママゴト
from わしらのなんや日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧