Top
<   2009年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ヤンキーマーケティング
 みなさんは“ヤンキー”と聞いてどういう人をイメージするだろうか?
 こんなことを言うのは、先日友人から聞いた「ヤンキーマーケティング」という概念がとても新鮮だったからである。 この「ヤンキー理論」は決して新しいものではなく、2004年当時リクルートに籍を置いていた荒井尚英氏が提唱したもので、同氏は「日本人の7割は本質的に“ヤンキー”である」と定義する。
 もっともここでいうところの“ヤンキー”というのは広義のヤンキーであって、中学に入ると同時にグレて、珍走団に入るかもしくはその周辺でひたすら群れ、10代でできちゃった結婚して所帯を構え、ガテン系の職に就き、家や子供以上につぎ込んだカスタムパーツでドレスアップした“ヤン車”で矢沢や長淵を響かせながら街を流す人々のことだけを指すのではない。 これはあくまで様式としての“ヤンキー”なのであって、ここでいう概念としての“ヤンキー”は、こうした人々をコアな層として位置づけながらも、あくまでイデオローグとしての“ヤンキー”なのである。
 つまり一見してこのような“ヤンキー”の様式とは無縁ながら、その本質に“ヤンキー”的なものが多分に介在している場合、その人はもう“ヤンキー”なのである。
 友人は“ヤンキー”について、「それは“マス”と言い換えることができるかもね」と言う。 つまり「マス=ヤンキー」なのである。 こうなってくると、ほとんどの人はヤンキーであることから逃れられない。
 ヤンキーマーケティングの提唱者である荒井氏の友人でもあるフリーライターの三田隆治氏はヤンキー的な価値観について以下のように考察している。

 俺には、六本木ヒルズってどうしても「ヤンキーすごろくのあがり目」にしか見えないんだよね。 なんか笑っちゃうんだよ。 昔は趣のあった麻布トンネル付近の森を全部ぶっつぶしてできた、あの再開発のさまを見てるとね。
 ヤンキー的価値観、その最大の特色をなしているものは、「数量に転換できる価値」なんだよね。 スカートが膝上膝下何センチとか、学ランが何センチ。 車高が地上何センチ、竹やりマフラーがどれだけ高くそびえ立って「気合入ってる」か? 厚底ブーツが何センチか。 すべて数値で相対評価される美意識、その頂点にあるものが、オレの自宅は○億円とか、オレのカノジョはバストが○カップとか、オレの職場六本木から○メートル、みたいな、そういうのに終結していくんだろう。
 しかし、資産の多寡で評価するなら、そいつはビルゲイツより絶対的に「劣る奴」ってことになるし、カノジョのバストサイズにこだわったら、根本はるみでもカノジョにするしかないやん。 一体、自分の価値観がそんな相対評価の中にあるもので満足なのかい?

http://mita-mita.com/tipslogs/tipslogs0304.htm

 どうやら物質的な価値を追い求めた結果満たされるのがヤンキー的な価値観のようである。 こうして具体例を示されると、「あっ、自分って実はヤンキー?」と思った方もいるのではないだろうか? かくいう僕にしても自らをパートタイム・ヤンキーと認めざるをえない。
 さて、このヤンキーマーケティングが目指すのは、日本人の7割を占めるこうしたヤンキー層をビジネスのうえでいかに取り込んでいくかということに尽きる。
 つまり三田氏が言う「すべて数値で相対評価される美意識」の前段の部分、どうしたらその竹やりマフラーや厚底ブーツを買っていただくことができるのか、つまりはマーチャンダイジングである。 いくら頭でヤンキー的な価値観を理解していても、これにはまた別のアプローチが必要になる。 数値化できる価値に加えて、その商品やサービスのデザインや性質を決定づける何か。 その何かを定義することが求められる。
 僕自身は友人との会話のなかでヤンキーマーチャンダイジングの極意を「売るものが何らかの商品であれサービスであれ、それがあまりに洗練されすぎて一分の隙もないようなものではダメで、商品やサービスにどこか垢抜けない要素を加味しておくこと」だと理解した。 このどこか「垢抜けない」というのは「不完全な」と置き換えてもいいかも知れない。
 一般論として我々がどんなモノに惹かれるか考えた場合、完璧な美よりも不完全な美に心を奪われることが多い。 そうした不完全なパズルが、欠けたピースを求めるように消費者(ユーザー、コンシューマー、カスタマー)の関与を求め、惹きつけるのではないだろうか?
 こうした仮説を検証するには、ヒット商品といわれるものにそうした要素が存在しているかを調べてみればいいのだが、おそらくこの「不完全さ」というものはあくまで多く方法論のひとつに過ぎず、まったく別のソリューションも複数存在するのだろう。
 僕はいま「ヤンキーマーケティング」という未開のジャングル、体系化することが困難な市場を前に当惑している。


続・ヤンキーマーケティング
[PR]
by theshophouse | 2009-02-28 13:17 | Critique | Comments(2)
日本を代表する?スポーツライター(笑)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
b0045944_125365.jpg
1 :依頼スレ19@ZOOφ ★:2009/02/20(金) 00:10:28 ID:???0

 スポーツライターの金子達仁が、玉木正之との対談集「ニッポンはどうすれば勝てるのか?」の中で、中村俊輔を信用しない理由について語っている。
 金子氏は、99年から00年ごろ、二子山部屋の初稽古に中西哲生、川口能活、中村俊輔の3人を連れて行ったという。当時は横綱・貴乃花の全盛期、稽古が終わって、これから、ちゃんこを食いながら横綱の話を聞けるという段階になって、中村俊輔は「彼女と約束があるから帰ります」と言って帰っていったという。
 それを受けて金子氏は、「その時点で中村俊輔というのはアウト。だから、僕はいまでもいっさい彼を信用していない。戦えません。うまいか、へたかは別の話ですけどね」と語っている。

ソース:http://supportista.jp/2009/02/news19200938.html

▼金子達仁コラム一覧
http://wsp.sponichi.co.jp/column/archives/cat_11.php

ソース : 【サッカー】金子達仁「僕は今でもいっさい中村俊輔を信用していない」【芸スポN+】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 世界を見渡せば、悲しきかな日本サッカーのレベルは決して高くない。 しかし、おそらく日本のスポーツジャーナリズムはそれ以下だ。
 「キムコがコラムを書く→サポティスタにトピが立つ→コメント欄が炎上」といういつもの流れだが、最近ではキムコの言説に或る種の様式美すら感じさせられる。 いつもながら居酒屋でのオヤジの愚痴レベル。
 2002年のW杯の時、チュニジア戦を前にした大阪長居スタジアムに向かう途中で、スタジアムから逆方向に歩いて行くキムコを見た。 それは、ピッチの上の本質に目を向けようとせず、彼なりにその一日を俯瞰し多角的な視点で捉えようという試みだったのだろうか? 彼の視線は続々とスタジアムに集結してくる青い群衆に向けられていた。 その刹那、彼の頭の中でどのような名文が紡がれていたか知る由もない。
 彼がピッチに向ける視線がゲームの様相をくっきり捉えていることはほとんどない。 だいたいにおいて抽象的だ。 彼のアプローチはいつもピッチの周辺、ゲームを取り巻く様々な現象から始まる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 先週行われたW杯のアジア最終予選。ホームでの引き分けは残念な結果だったが、実を言えば、わたしは試合が始まる前の段階でかなりの満足感を抱いてしまっていた。
 日本ではほとんど報道されていないが、いま、オーストラリアではかつてないほどの反日感情が高まっているという。理由は主に二つ。捕鯨を巡る問題と、最近公開された日本軍の戦争行為を描いた映画である。そこからたどりつく結論は“野蛮な日本人”だということらしい。
 オーストラリアには多くの日本人も在住している。自分たちに向けられる目が険しくなっていくことを実感している中で迎えた、オーストラリアと日本の決戦。どちらのゴール、勝利にも素直に感情を表しにくい状況があったことは想像に難くない。
(一部抜粋)
http://wsp.sponichi.co.jp/column/archives/2009/02/post_1295.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 かくの如しである。
 まず「いま、オーストラリアではかつてないほどの反日感情が高まっているという」という怪しい伝聞。 別にそうだとしても一向に構わないが、「かつてないほどの反日感情」がなぜほとんど報道されないのかがよくわからない。
 さらに、キムコによれば、「自分たちに向けられる目が険しくなっていくことを実感している中で迎えた」オーストラリア戦は、「どちらのゴール、勝利にも素直に感情を表しにくい状況があったことは想像に難くない」としているが、少なくとも僕個人にはそうした感情は0.1%もなかった。
 普通の日本人の感覚なら、日本の調査捕鯨を妨害しているシー・シェパードを全面支援しているオーストラリアに対し、逆に反オーストラリア感情が高まっていてもいいはずである。 事実今回の調査捕鯨では、シー・シェパードの妨害と直接の因果関係はないとされるものの一人の死者まで出している。 さらにその救援捜索活動をシー・シェパードに妨害されてもいる。
 ただ、日本人はそうした感情を自制する能力があるし、逆にオーストラリアの森林火災の原因が放火であることを知っていても、その痛みを共有することができる。 だからこそ試合前に黙祷し、緊急募金を行ったのである。
 オーストラリアの映画監督がオーストラリアの役者を使ってつくったオーストラリアのプロパガンダ映画が、アポリジニを大量に虐殺した自らの建国の黒歴史に目をつむり日本兵だけを悪者に仕立てようが、日本人はそんなことでわざわざ事を荒立てはしないだろう。 オーストラリアに最初に入植した人々の多くが流刑地に流された英国の犯罪人であり、国民の多くがその犯罪人の末裔であることなど気にもしないだろう。 そんな映画と格安航空会社のCMをセットにし、テレビで「オーストラリアに来い」というメッセージを流し続けていることに異議を申し立てることもないだろう。 ただ、彼らのそうしたやり口を冷徹に見ている人間もいるということだ。
 僕個人は普通にオーストラリアを粉砕して欲しかった。 それだけ。 対戦相手がどこであれ、W杯がかかった真剣勝負。 サッカーに、ゴール以外に何がある? 勝ち負け以外に何がある?
 いつまでたってもサッカーをピッチの真ん中から語れないキムコには今後一切サッカーについて語って欲しくない。 ましてや「ニッポンはどうすれば勝てるのか?」なんて語る資格はない。

ねらーの反応を見る
[PR]
by theshophouse | 2009-02-21 14:18 | 蹴球狂の詩 | Comments(0)
Giant Steps


           http://ja.wordpress.org/2008/12/11/coltrane/

 昨年の暮れ、自社サイトで使っているオープンソースのブログツール「WordPress」の2.7がリリースされた。 愛称は「コルトレーン」。 JAZZ好きのジジイとしては否応なくくすぐられる名前だ。 さっそくアップグレードし、2か月近く使ってみた。
 それまでの2.6.5のダッシュボード(管理画面)が前世紀の遺物(!)に見えるほどの進化。 このエキサイトブログの管理画面はさらにもう半世紀前といった感じ。
 ダッシュボード上の各ツールはドラッグ&ドロップで自由にレイアウトできるようになり、カスタマイズの自由度は一気に広がった。 まさにインプロヴァイゼーション! 直感的な操作が可能だ。
 また、分進時歩で開発が進むオープンソースならではの頻繁に行われるヴァージョンアップについていくのはけっこう大変で、これまでは弄ったファイルだけをそのたびごとに手作業で差し替えるやり方でアップグレードしていたのだが、2.7以降は「自動アップグレード機能」が実装されたので、これからはクリックひとつで最新のヴァージョンに移行できる。 2.6から2.7への移行は、WordPressにとって、まさに「Giant Steps」と言えるだろう。

 「Giant Steps(ジャイアント・ステップス)」は、コルトレーンがそれまでのビバップを過去のものにした記念碑的作品である。 そのイメージを美しい映像作品にしたイスラエルのアーティストの作品を見つけた。
 次第に組み上がっていく音のフレームがタワーを形成し、その内部に様々な建築要素が配置されていく。 下層部では階段や壁や窓といった建築要素だったそれらは、最上層に近づくにつれていつの間にかひとつの都市を形成する。 いよいよ完成したかに思われたタワーは、今度はそのフレームから消滅を始め、中空に浮遊した建築要素はやがてモザイク状の物質に分解されて最後は飛散し跡形もなくなる。
 ひとつのドットから始まったイメージは最後にまたひとつのドットに収斂する。 こんなにも豊穣なのに、質量や実体を伴わない音楽という存在はかくも不思議だ。

Michal Levy - Giant Steps
[PR]
by theshophouse | 2009-02-13 11:57 | Sounds Good | Comments(0)
Lost 2 points
 バラク・オバマが大統領就任後初の会見の場で日本を反面教師にすべく引き合いにした「失われた10年(Lost decade)」をパクったわけじゃないが、日本は2点を失った。 アメリカ経済がこの先さらに失速して「Lost 2 decades」にならぬよう願うばかりだ。
 2010W杯最終予選オーストラリア戦。 0対0のドロー。 ゲーム展開は両チームにとってほぼ戦前のイメージ通りのものだったかも知れないが、望んだ結果を手にしたのはオーストラリアだった。
 前半、ゲームは序盤こそ均衡していたものの、次第に日本のポゼッションが上回るようになり、田中らが裏のスペースに何度も飛び出してチャンスメイクするものの、決定力を欠きともに無得点のまま後半へ。
 後半開始直後からオーストラリアはトップに長いボールを当ててくる作戦に出たが、中澤と闘莉王がうまく対応、こぼれ球もケアし、フォアチェックも効いてボールの出どころを抑えた。 
 ボールをいい形で奪った時だけ人数をかけずに攻め上がること以外、これといって戦術らしきものが見えなかった今夜のオーストラリアだったが、この時間帯は明らかに狙いをもって攻めていた。 オーストラリアの「国技」とさえいえるキック&ラッシュ戦法である。 それは前線の中央にヴィドゥカがいた頃のオーストラリアと何ら変わらない。
 2007年のアジアカップの際、日本とドローの末PK戦で敗れた時にオーストラリアに感じた印象は、「脱ヴィドゥカの戦術をどう構築するか」というものだったが、少なくとも今日の試合に新しいオーストラリアのサッカーはまったく見えなかった。 もっとも今回召集されていないキューウェルやアロイージがいたら話は違っていたのかも知れないが。
 直前合流が祟ったか、後半の半ば過ぎから次第にオーストラリアの足が止まり始め、日本が攻勢に出るものの、最後はどん引きした相手ディフェンスを崩し切ることはできなかった。
 日本の出来は悪くはなかった。 ツキにも恵まれなかった。 しかし、相手を屈服させるほどのクオリティーもなかった。 唯一今日の試合で殺気を感じさせる攻撃を見せたのは後半41分、フィールドの中央で俊輔がボールを持って前を向いた瞬間に4、5人が反応してゴール前に殺到、右サイドに展開されたボールを内田が折り返して長谷部がボレーで合わせたが、逆に密集が仇となってゴールに届かず大久保に当たってしまったシーン。
 もし大久保に当たらなかったとしても相手DFがファーポスト付近をケアしていたのでゴールになっていたとは思わないが、あそこを勝負どころとみてゴール前に詰めるというその意志が重要なのだ。 ああいうシーンがあと一つでも二つでも出てくるようだとそれだけ得点の確率は高くなる。
 いずれにしてもオーストラリアとの決着は6月に持ち越された。 欧州リーグがシーズンオフになり、ともにベストメンバー全員が揃って直前合宿ができ、なおかつ日本から時差なく乗り込めるアウェイでの試合こそが両国にとって正当な評価の場となるだろう。 願わくばそれまでにW杯へのチケットを手に入れておきたいものである。
[PR]
by theshophouse | 2009-02-11 23:49 | 蹴球狂の詩 | Comments(0)
仮想オーストラリア(笑)
 正直ここ2試合、アジアカップ予選のイエメン戦とバーレーン戦はこうしてブログを書く気も起こらなかったのである。 一本調子な攻めに終始し、課題のディフェンスの脆さを露呈したイエメン戦。 その脆さを突かれて無様な負けを喫したバーレーン戦。
 この2試合、選手たちは攻めに関して性急過ぎた。 その姿はまるで「ボールを保持したら必ずすぐに攻めなければならない」というミッションを忠実に実行しているロボットのようだった。 こういうサッカーはやってる選手のみならず見ている側も疲れる。 ずっと同じリズムで投じられるバッティングセンターの剛速球に次第にタイミングが合ってくるように、バーレーンは日本の攻撃を跳ね返し続けた。 結果、イエメン戦同様セットプレーで集中を切らせたのが命取りになった。
 以前から言っているように、このチームの問題はむしろディフェンスである。 僕は幸いにもアルジャジーラの映像を無料のネット中継で観たのでまだ良かったが、あの酷い試合を315円も払ってまで観た人は本当に気の毒だったと思う。
 さて、「仮想オーストラリア」ことフィンランド戦である。 はっきり言って失望した。 早めに来日して日本で調整してきたようだが、練習試合でJ2の湘南ベルマーレに0対1で敗れるようなチーム。 予想はしていたが、これほどとは・・・。 もっとも国内リーグは厳冬期でシーズンオフ。 シーズン真っただ中の欧州でプレーしている選手で呼べたのは若手だけといった感じ。 37歳のリトマネンにもかつてアヤックスでプレーしていた頃の輝きはなし。 日本サッカー協会はとんでもないババを引かされたのかも知れない。 いや、むしろこの時期に北欧くんだりからわざわざ東京までやって来てくれたフィンランド代表に感謝すべきなのだろう。
 ただ、相手はともあれ日本代表はここ2試合のどん底から抜け出し、いい雰囲気でプレーしていたように見える。 一番の要因はやはりボランチに入った遠藤と、その遠藤とチームでもコンビを組む橋本がチームにもたらした「落ち着き」ではないだろうか。 しゃにむに縦へ急ごうとする岡崎や香川を尻目に、攻め急ぐことなくボールを散らした。 結果、攻めには緩急が生まれ、岡崎が裏のスペースに上手くボールを引き出して見事なゴールを2つ決め、試合の大勢は決した。
 内田の出来も出色だった。 サイドをたびたび深くえぐってはクロスを供給し、2つのゴールをアシストしたパスはいずれも素晴らしかった。 無論マッチアップした相手のレベルは決して高くはなく、オーストラリア戦ではかなり警戒されそうだが、果敢に攻めて欲しいものである。
 一方で課題であるセットプレー時のディフェンスに関しては不安が残ったままである。 オーストラリア戦まで時間がないが、約束事を徹底すれば修正できるはずだ。
 バーレーンまでチームに同行しながらコンディション不良で試合をスタンドから観戦した遠藤は、試合後に「勉強になった」とコメントを残した。 「バーレーンごときにまた負けて勉強もなにもないだろう」とも思うのだが、チームの心臓である遠藤がこの時点でチームを「高いところから」客観的に分析し、問題点を整理できた意味は小さくないのかも知れない。 であれば、またしてもバーレーンに勝利を献上したことなど「もらい事故」として忘れられるはずだ。
[PR]
by theshophouse | 2009-02-04 23:24 | 蹴球狂の詩 | Comments(0)
マッシュルームのお手軽タパス
b0045944_0234373.jpg
 バルで食べてからというもの、その美味しさに病みつきになったのが「マッシュルームの陶板焼き」。 定番中の定番のタパスだ。
 とにかくワインやビールによく合うし、そのうえ作るのも簡単とくれば、自分で作らない手はない。 拍子抜けするぐらい簡単なそのレシピをご紹介したい。
b0045944_0222730.jpg
 マッシュルームの軸をくり抜く。
 ちなみにマッシュルーム、スーパーなんかではだいたい小ぶりのホワイトマッシュルームが5個入りぐらいのパックで300円ぐらいで売られているのだが、意外に穴場なのが玉川高島屋の明治屋。 大ぶりで香りも良いブラウンマッシュルームが12個入り400円ぐらいで売られていてかなりお得。 近隣にお住いの方にはオススメである。
b0045944_0224887.jpg
 みじん切りにしたにんにく、生ハム、パセリの順で詰める。
 やはり生ハムはハモン・イベリコといきたいところだが高いのでハモン・セラーノでもOK。 ただ火を通すので生ハムであれば何でも良い(笑)。
b0045944_0231283.jpg
 本来なら陶製のキャセロールに入れて直接火にかけるのが気分だが、あいにく持ってないので、小さめのフライパンにオリーブオイルをひき、マッシュルームを並べて火にかける。 マッシュルームの上からもオリーブオイルをまわしかけ、フライパンの底に溜まったオイルをすくって上からかけ、蓋をして蒸し焼きにする。
 これだけでも十分美味しいのだが、最後にオーブントースターや魚焼きグリルにアルミホイルを敷いて載せ、焦げ目をつけるとさらに美味しいのだ(今回は省略)。
[PR]
by theshophouse | 2009-02-03 00:35 | Food | Comments(5)



思うところを書く。
by theshophouse
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
カテゴリ
Critique
Asian Affair
蹴球狂の詩
Odyssey
Photographs
Iiko et Tama
Non Category
Food
Mystery
Design
アジア人物伝
Alternative
Books
Movie
Sounds Good
昭和
モブログ日報
F1
号外
Profile
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2001年 10月
フォロー中のブログ
国境の南
osakanaさんのうだ...
青いセキセイインコ推定4...
THE SELECTIO...
V o i c e  o...
わしらのなんや日記
89歳、まだまだこれから...
午前4時から正午まで
藪の中のつむじ曲がり
PISERO しゅうまい...
最新のトラックバック
エス東京オフィス
from はるの日常
才色兼備な「タイのセレブ..
from Boochanの宝探し
チベットでのジェノサイド
from わしらのなんや日記
経済別に選びたい放題!チ..
from Boochanの宝探し
IKEA for ママゴト
from わしらのなんや日記
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧