Top
<   2008年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
オシムに代表監督復帰を求む!
b0045944_23164781.jpg
 トライアングル、ゾーンプレス、オートマティズム、自由、ボールも人も動く・・・。
 これらはオフト以降の歴代日本代表監督が自らのテーマとして掲げたキーワードである。 もっともファルカンの場合、そのテーマも見えないうちに解任されてしまったのだが。
 そもそもこれら全てはモダン・フットボールにおいて欠くことのできない要素ばかりであり、そこには目新しい言葉など何一つない。 前任者のオシム監督が使った「ボールも人も動く」、「ポリバレント(多様性=複数のポジションをこなす)」にしても、特にこれといって新しい概念とは言えない。
 ところが、なぜか不思議なことに日本のスポーツメディアはこうしたレトリックの前に思考停止に陥る傾向がある。 トルシエの時でさえ、スポーツ新聞は、まるでそれ以外の事はどうでもいいと言わんばかりにフラット3とオートマティズムについて論じた。
 そういう意味で、新たに監督に就任した人物が、間抜けで子供じみた日本のスポーツジャーナリズムの機先を制し、自らのコンセプトをチームにいち早く浸透させるためにはキャッチーなキーワードを提示してやることが必須となる。
 またしても代役として10年振りに代表監督に復帰した岡ちゃんが口にしたキーワードは「接近、展開、連続」というものだった。
 無論これにしても目新しいテーマとは言えない。 むしろこれまでの代表監督が掲げてきた数々のテーマを取り込んだ包括的な概念であると言える。 いずれにしろ、お粗末な日本のスポーツジャーナリズムを体よくあしらうには効果的な「三行詩」になりそうだ。
 無論この「接近、連続、展開」はマスコミ向けに発せられたものではなく、個々の選手の意識付けに必要不可欠なものである。 岡ちゃんも前任者同様、言葉の魔力や重要性というものを認識している証左である。 何を始めるにしても「はじめに言葉ありき。 言葉は神と共にあり。 言葉は神なりき。」なのだ。

 しかし、である。 僕は未だに岡ちゃんが代表監督になったことが受け容れられない。 確かにオシムが倒れてから岡ちゃんが就任するまでのプロセスは、ただでさえ危機管理能力が低いと言われる日本人が関与したにしては至極まっとうでスムーズな政権移譲だった。 W杯予選まで時間がないこともあり、代役の岡ちゃんも基本的にはオシムの路線を継承していくという。 これまた危機管理マニュアル通りだ。
 だが、オシムは死ななかった。 実際にベンチで指揮をとれるかどうかは別として、試合を観戦できる状態にまで回復したという。 ちょうどオシムが倒れていた時期に代表戦はなく、結果的には合宿が2回召集されたに過ぎなかった。 オシムの前任者のジーコなどはこの時期リオ・デ・ジャネイロで休暇を過ごしていたはずである。 極端な言い方をすれば、オシムの場合それが病院のベッドになったということだ。
 あくまで僕の妄想だが、オシムは脳梗塞で倒れる際にも「ちょっと無理が続いてたから2カ月ぐらい休むか・・・」ぐらいの気持ちでいたのではなかろうか。 そもそも意識不明になったのも治療をスムーズに行うために処方された投薬によるものだし。 それを川淵会長が空気読めずに号泣会見やっちゃってすべてを台無しにしてしまったと。
 今僕が思うのは、オシムの回復を待ち、例えば大熊コーチあたりに監督代行をさせて三次予選は乗り切るという手はなかったかということである。 監督がいなくなったぐらいで動揺し、三次予選で敗退してしまうようなら所詮それまでのチームと割り切ることもできるし、重要なのはオシムの路線を100%継続していくことの方ではなかったか、と思うのである。
 それというのも、オシムのそれと比べるのは酷なのかも知れないが、少なくともこれまでの岡ちゃんのサッカーには何ら魅力を感じないのである。 札幌や横浜の監督時代もとにかく基本は守備的であり、攻撃はエメルソンや久保ら突出した個人の能力任せの感があった。 手駒が揃えばアベレージ以上の結果は必ず出すことのできる監督であると同時に、上値は重そうだとも思える。
 そうなのである。 僕はもう一度オシム監督が見たいのである。

 で、今夜のチリ戦。 岡田ジャパンの船出がどうこうより、ビエルサが造り上げつつあるポスト・サモラノ、サラスのチリ・サッカーが興味深かった。 それは彼の母国アルゼンチンとメキシコのスタイルの中間とでも言おうか。 大きな展開はさほどないものの、狭いスペースでショートパスを交換してサイドに展開しクロスを入れる。 日本も同じような狙いだったが、チリの方が個人としてもチームとしても日本より一枚上だった。
 意外だったのは岡ちゃんが右サイドに加地ではなく内田を抜擢したこと。 岡ちゃんは10年前にも市川を抜擢したが、フランスW杯では結局名良橋を起用した。 ただ、岡ちゃんが日本の右サイドに不満を持っていることは間違いないようで、この点についてのみ僕と意見の一致をみたのは喜ばしいことである。 ただ、内田はおろか加地もいまだ名良橋の域にすら達してはいないのだ。
 左の駒野も頑張ってはいたが、それでもやっぱり「小物感」は否めない。 一体いつまで両サイドは日本代表のアキレス腱であり続けるのだろうか。
[PR]
by theshophouse | 2008-01-26 23:25 | 蹴球狂の詩 | Comments(0)
BLUE, BLUE, BLUEMAN !!!
b0045944_1323918.jpg
b0045944_133247.jpg
 一昨日、ブルーマン東京公演を観に行った。 16年来の夢がついに叶った夜だった。
 芋洗坂を下りきると、いつの間にかそこにはブルーマン専用劇場であるインボイス劇場へと続くエントランスがあった。 非常階段のような外階段を4階まで上ると、天空に架かる橋へと辿り着く。 その先に忽然と劇場がその姿を現した。 思わずここが六本木のど真ん中であることを忘れてしまう。 幻想的な導入部。 さすがブルーマン、つかみは完璧だ。
b0045944_1333010.jpg
 中に入ると、ブルーマンカフェとブルーマンのグッズショップがあったので、すかさずDVDなど数点を購入。 座席は前から4列目のポンチョシート。 ブルーマンがそのパフォーマンスの中で使用する水性塗料などが前の方の客席に飛び散るので、それを防護するためにあらかじめ前から4列目のシートまでに備え付けられている。
 いよいよ開演。 ネタバレなしなので詳細は書かないが、そのステージはパフォーマンスだけあって、舞台と客席に境界はまったく感じられない。 観客はいつ自分がブルーマンの手によってステージの上に連れて行かれるかドキドキワクワクしながらショーに「参加」している感覚だ。 実際僕の隣の隣の女性はブルーマンに拉致されてしまった。 あとほんの少しだけ席が通路側だったら・・・ホッと胸を撫で下ろすと同時に悔やまれる瞬間だった。
 大仕掛けなステージセット、何の変哲もない工業製品を使ったオリジナルの打楽器によるライブサウンド、仕上がりだけはジャクソン・ポロックばりのアクションペインティング、最新鋭の映像機器を駆使した視覚効果、観客を巻き込んだ即興性、そのすべてはまったく他に類を見ないものだが、強いて日本のものに例えるなら、電撃ネットワークと明和電機とマルセ太郎をごちゃ混ぜにして青く塗りつぶした、といったところか。 少なくとも概略としては当たらずも遠からじという気がする。
 とにかくここでバラしてしまうのは気が引けるので、実際に自分で「参加」してそのすべてを堪能し尽くして欲しい。 もしあなたが地方に住んでおられる方であったとしても、ブルーマンを観るためだけに東京に来る価値がある。 それだけは僕が保証する。
b0045944_1343783.jpg
 終演後、出入り口付近のカフェとショップのスペースはさながらブルーマンとオーディエンスのミックスゾーンと化していた。 そう、観客の「出待ち」をしていたのはブルーマンの3人とバンドメンバーの方だった。 カーテンコールを終えた後、観客を「お見送り」するためすかさず駆けつけたようである。 たちまちブルーマンに群がる無数の携帯カメラの液晶ディスプレイ。 気軽に撮影に応じるブルーマンは、やはりただの一言も発してはいなかった。
b0045944_135687.jpg

ブルーマン入国審査中!
Blue Man Group (ブルーマン公式サイト)
[PR]
by theshophouse | 2008-01-18 01:35 | Non Category | Comments(0)
Tribute to Ettore Sottsass
b0045944_1502455.jpg 2007年12月31日にエットーレ・ソットサスが90歳で亡くなっていたことをつい最近知った。 昨年4月のミラノ・デザインウィークでは、スフォルツェスコ城会場のエントランスをデザインするなど、死ぬ間際まで現役だった。
 ソットサスは僕にとってアイドルだった。 NTTがソットサスの手による伊エノルメ社の電話機を発売した時は真っ先に手に入れた。 インテリアデザインの仕事をしていた頃、ソットサスがデザインした伊アベット社のメラミン化粧板は何度使ったか覚えてないぐらいである。
 今から22年前、ミラノを訪れた時手に入れた「メンフィス」のカタログは宝物である。 メンフィスと出会うことがなかったら僕も今の仕事には就いていなかっただろうと思う。 そのメンフィスの首謀者がソットサスだった。
 当時、福岡でデザインを学ぶ学生に過ぎなかった僕にとって、その自由奔放な色と形の横溢は衝撃だった。 学校で教えられるデザインとはまったく異質のデザインがそこにはあった。
 大学でのその後の2年間、僕はイタリアでの興奮にひきずられるように当時その終末期を迎えていたポストモダン・ムーヴメントに傾倒していった。 卒論のタイトルも「ポスト・モダニズムについて」となった。
 そして現在。 メンフィスのデザインは確かに子供じみていると思う。 しかし、世の中のすべてのデザイナーが均質化し、誰もが突出したものを生み出せす、高い品質と洗練だけが要求され、デザインがアートではなくソリューションでしかなくなっている現在、それは確かに「ブーム」に過ぎなかったかも知れないが、かつてのルネッサンスや表現主義のようにアートやデザインという行為が繰り返すサイクルのなかで、時代が求めたひとつのプロセスだった。 そしてまた、人生のなかで一番感受性の強い時期にその興奮を享受することができた僕は幸せだったと思う。
 僕が上京して数年後、福岡にソットサスがデザインしたバーができた。 隣は倉俣史朗がデザインしたバーだった。 僕にとって世界で一番好きなデザイナー二人の揃い踏みに、速攻で福岡に飛んで帰ってバーをはしごしたものだが、二人の存在同様、二つのバーも今はもうない。 残らなくてもいいものばかりが残り、残すべきものばかりが失われるのはデザインの世界も同じだ。
 エットーレ・ソットサス氏のご冥福をお祈りします。
b0045944_151075.jpg
                 Carlton (1981) Ettore Sottsass
[PR]
by theshophouse | 2008-01-12 01:48 | Design | Comments(0)
丸の内でマンモスを見て考えたこと
b0045944_0214459.jpg
 正月の都心の道はことのほか空いていて、自宅から丸の内まで30分とかからず着いた。 天気がいいのも手伝って、内堀通りを走っているクルマの数よりもむしろ皇居のお濠端を走っている市民ランナーの方が多いぐらいである。
 丸ビルの地下駐車場にクルマを突っ込む。 丸ビルに来たのは納品のついでにマンモスを見るためだ。
 2007年5月、シベリアの永久凍土から約3万7千年前に絶命したとみられる生後間もない雌の凍結マンモスが、ほぼ無傷の状態で見つかった。 一昨年の名古屋万博で公開されたマンモスより1万9千年も古く、しかも全身がほぼ完全な状態で残されているという。
 はるかな時を超えてこの東京にやって来た赤ちゃんマンモスに謁見し、その時間と空間の長旅の労をねぎらうとともに、その亡骸に敬意を表すことは、時と種は違えどこの地球に生きる者の一員として至極当然のように思われた。
 発見者の家族の名をとって「Lyuba(リューバ)」と名付けられたその赤ちゃんマンモスの前に立つ。 3万7千年前に絶命したとされるマンモスの赤ちゃんと僕の間にあるのはガラス一枚のみ。 言いようのない不思議な感覚に襲われる。 そのあまりに完全な姿に3万7千年の経年変化は微塵も感じられない。 まだ生後間もない頃に逝ったその姿にいわゆるマンモスの面影はなく、普通の小象という印象だ。
 本来なら「永久」凍土に閉じ込められたまま、人の目に触れることなどなかったであろう赤ちゃんマンモスは、地球の温暖化によってそのタイムカプセルの封印を解かれた。 それはやはり地球環境を破壊することでしか生存していくことができない人類への警告なのだろうか。
b0045944_022910.jpg
 深い目尻の皺とともに閉じられた赤ちゃんマンモスの目。 その網膜に最後に像を結んだであろう太古の地球の姿はどんなものだったのだろうか。 もしかしたら今リューバはガラスの向こう側で、次々と自分の姿を覗き込んでは通り過ぎていく人類を、自分たち同様やがては滅びゆく者として記憶にとどめようとしているのかも知れない。


奇跡のマンモス「リューバ」~3万7000年の時を超えて~
[PR]
by theshophouse | 2008-01-09 00:47 | Critique | Comments(2)
東海七福神
b0045944_13235595.jpg
 ここ数年、厄年を跨いだこともあって、毎年七福神参りに行っている。 七福神も様々だが、僕が行っているのは由緒ある「東海七福神」である。 これまでは二月の立春の日に行っていたのだが、今年は訳あって1月3日に行ってきた。
 さすがに正月だけあって二月の頃より人出も多く賑やかであり、各所で甘酒などが振舞われ、おまけに箱根駅伝の復路の最終ランナーがすぐそばの第一京浜を走り抜けるとあって、なんだか得した気分である。 道を歩いていると「読売新聞」と「スポーツ報知」の小旗を渡された。 「朝日新聞」の小旗だったらその場で捨てるところだ(笑)。
 肝心の七福神参りは品川神社(大黒天)→養願寺(布袋)→一心寺(寿老人)→荏原神社(恵比須)と順調にコースを消化。 ここまでは比較的近いエリアに密集しているのでものの10分で回れる。 次に行く品川寺で午後1時からお祓いをしてもらう予定なので、それまでの間、第一京浜に出て先頭のランナーが来るのを待つことにする。 たまたますぐそばにあったHonda Cars品川店の皆さんが甘酒を振舞っていたのでご相伴にあずかることにする。 これでも一応ホンダユーザーのはしくれなので、まんざらタダ酒というわけでもない。 既に本日二杯目だ。
 家を出る時には、往路優勝した早稲田が2位の駒沢を3分ほどリードしていたが、Honda Carsの店頭に設置してあったワンセグ対応ナビのデモ画面に映し出されたトップのランナーは駒沢だった。 やはり本命が復路に入ってその実力を発揮してきたということなのだろう。 今大会の出場校のなかで駒沢大学は自宅からだと日体大の次に近く、夜のジョギングコースが駒沢公園の周回コースということもあって何かと近しい存在だ。 野球にラグビーと、このところの大学スポーツ界は早稲田の独壇場なので、ここはひとつ駒沢に頑張ってもらいたい。
 少し歩いて青物横町のあたりでランナーを待つ。 上空の中継ヘリの騒音が次第に大きくなってくる。 やがて中継車と白バイに先導された駒沢のアンカーが走り抜けていった。 このまま大手町のゴールまでトップのままいきそうな勢いだ。 ふと時計を見ると既に12時59分。 僕は慌てて品川寺に向かった。
b0045944_13243567.jpg
 寺に着くと既に僧侶たちの読経が始まっていた。 今年は後厄なので厄払いは省略し、護摩を焚いてもらうことにした。 護摩木に名前を書き、最後に自ら燃え盛る護摩壇にそれを投じ、無病息災を祈願する。 薄暗い仏殿が炎によって照らされ、居並ぶ僧侶たちの顔にオレンジ色の光彩を投げかける時、日本人としては無条件に敬虔な心持ちになるものだ。
 最後に住職が参列者を前に法話を説き、またも甘酒が振舞われる。 本日三杯目。 それにしても正月の甘酒というのは何杯でもいけるから不思議だ。 慣れない正座を解き、立ち上がる際に痺れた足に往生するのも日本人の特権のように思えてくるからまた不思議だ。
 後半戦、品川寺(毘沙門天)→天祖諏訪神社(福禄寿)→磐井神社(弁財天)と巡って七福神参りは終了。 約4kmほどの行程だ。 東海道の最初の宿場町であった品川を起点とする東海七福神は、時代の最先端である汐留の再開発地区を横目に、いにしえの旧東海道の様々な史跡を訪ねるちょっとした時間旅行でもある。
b0045944_1325128.jpg

[PR]
by theshophouse | 2008-01-04 13:12 | Odyssey | Comments(0)



思うところを書く。
by theshophouse
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
Critique
Asian Affair
蹴球狂の詩
Odyssey
Photographs
Iiko et Tama
Non Category
Food
Mystery
Design
アジア人物伝
Alternative
Books
Movie
Sounds Good
昭和
モブログ日報
F1
号外
Profile
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2001年 10月
フォロー中のブログ
国境の南
osakanaさんのうだ...
青いセキセイインコ推定4...
THE SELECTIO...
V o i c e  o...
わしらのなんや日記
89歳、まだまだこれから...
午前4時から正午まで
藪の中のつむじ曲がり
PISERO しゅうまい...
最新のトラックバック
エス東京オフィス
from はるの日常
才色兼備な「タイのセレブ..
from Boochanの宝探し
チベットでのジェノサイド
from わしらのなんや日記
経済別に選びたい放題!チ..
from Boochanの宝探し
IKEA for ママゴト
from わしらのなんや日記
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧