Top
<   2006年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
帰ってきたジム・トンプソン
 妻が現地で取引先の方をアテンドするためにバンコクに行ってきた。 取引先の方々はセブ島経由でバンコク入りするということで、妻は単身バンコクへ旅立った。 本来なら二人で行きたいところであったが、年末の繁忙期に加えて拙店ではセール期間中ということもあり、店を閉めるわけにもいかず、不覚にも僕がその間店番をすることになった。
 数日後、帰国した妻が僕に買って来てくれたお土産はジム・トンプソンのTシャツとポストカードだった。 最初、「タイ初心者じゃあるまいし、何で今さら」と思ったが、袋から出してみると、見慣れたジム・トンプソンのテイストとは明らかに違うTシャツとポストカードだった。
 実はジム・トンプソン、最近それまでの旧態然とした路線からややファッショナブルな路線にシフトしている。 ジム・トンプソンは1967年にマレーシアのキャメロン・ハイランドで休暇中に失踪し、会社は当時の片腕だったタイ人が引き継ぎ、数年前にその息子が代表に就任している。 つまり三代目だ。
 ジム・トンプソンの失踪は今も謎に包まれている。 そのミステリアスな失踪事件は彼を知る多くの人にさまざまな推理や憶測をもたらした。 彼がCIAの情報部員だったという説もある。 僕もかつてマレー鉄道で何度か旅をしたことがあるが、キャメロン・ハイランドそばのイポーという駅に着いた時には、思わず途中下車して彼が最後に宿泊していた山荘を訪ねてみたいという衝動に駆られたほどである。 この事件についてはウィリアム・ウォレン著「失踪」に詳しいので、興味のある方はぜひ読んでみていただきたい。 また、松本清張の「熱い絹」はこの事件を下書きに創作されたミステリー。 キャメロン・ハイランドで栽培されているお茶をキーワードに展開していく重厚なストーリーは読む者を惹きつける。 僕もマレーシアのナショナル・ブランドでもあるボウ社のお茶は大好きだ。 なかでもやはり定番は「キャメロニアン」。 マレーシアのお茶を飲みながら、ジム・トンプソン失踪のミステリーに思いを馳せるのも悪くない。
 ずいぶん話がそれてしまったが、先日妻が日本を訪れていたジム・トンプソンの三代目と会う機会があった。 数日後に取引先とバンコクを訪れることになっている旨を伝えると、「それじゃあ会社でクルーザーを出しますから、夜のチャオプラヤ・クルーズでもいかがですか?」と三代目から招待されたのである。 まったく、僕の行かない時に限ってこういうサプライズがある! 結局妻たち一行は豪華クルーザーでカナッペとアペリティフを堪能しつつ、夜のチャオプラヤ川でバンコクの夜景を満喫したのであった。
 
b0045944_1461471.jpg バンコクの中心部、サイアムのそばにジム・トンプソンの家がある。 アユタヤにあった古い家屋を解体し、船で運んで移築したものだ。 そこには彼が収集した家具調度品や仏像の数々が飾られている。 バンコクの観光名所のひとつなので、当地を訪れた方なら誰もが一度は行く場所である。
 そんなジム・トンプソンの家で、今「LOST IN THE CITY」という企画展が行われている。 サブタイトルは「Jim Thompson Returns!」である。 21世紀のバンコクに、失踪していたジム・トンプソンがひょこり戻ってきたら・・・というのがテーマ。 今のバンコクの象徴のひとつでもあるスカイトレインの車内に座る浦島太郎状態のジム・トンプソン・・・そんな楽しいコラージュの写真もあったりしてなかなか面白い。
 僕もカオサン時代からたびたび訪れているジム・トンプソンの家だが、今では昔のように勝手に中を見て回ることはできなくなり、ガイドの説明を必ず聞かなければならなくなった。 昔は屋内でまったりすることもできたのだが、今はガイドと一緒なので一気に見て回らなければならない。 魅惑的な微笑みを湛える見事なカンボジアの仏像の前で小一時間鑑賞してみるなんてことは不可能になってしまった。 そんな観光客のフラストレーションの捌け口として用意したのか、数年前には同じ敷地内にカフェとショップもできたりして、少しばかり長居ができるようになった。 Tシャツとポストカードのお土産はその企画展のものだったのである。
 会期は3月末まで。 年末年始、バンコクを訪れる方は覗いてみてはいかがだろうか。


JIM THOMPSON
Jim Thompson Thai House Museum
LOST IN THE CITY

※12月27日発売の雑誌「STORY」2月号の221ページに拙店が紹介されています。 ご興味がおありの方はご覧下さい。
[PR]
by theshophouse | 2006-12-28 01:52 | アジア人物伝
火車
 人生は、自分が読みたいすべての本を読むにはあまりに短い。 一日中本を読んで過ごせたらどんなにいいかと思うけれど、実際なかなかそうはいかない。 こうしてパソコンに向かう時間も必要だし、テレビも観たい。 日課となった駒沢公園へのジョギングにも行きたい。 インコのたま吉と遊んでやる時間も欠かせないし、庭の水やりや草取りだってある。 何より生きていくためには働かなければならない。 結果、本を読む時間は24時間のなかでの「ニッチな」時間に当てられることになる。 トイレの中や風呂の中、移動のクルマの中、寝る前のひととき。 それでも活字を追う時間が大切なものであることには変わりない。
 そうした貴重な時間を当てるが故に、駄作と出会った時の憤りは筆舌に尽くし難い。 それが長編だったりしたらなおさらだ。 以前、宮部の「理由」を酷評したのもそうした理由による。 しかし、ただ一つの作品を取り上げて作者を全否定するようなことを書くのもフェアじゃないと思うので、別の作品も読んでみることにした。 珍しいことに、いつもあまり古本屋には出回らない宮部の作品を見つけたからだった。

b0045944_0412117.jpg 「火車」は怪我で休職中の刑事が、ひょんなことから或る女の素性を探り、その実像に迫っていく話。 「理由」同様、現代に影を落とす社会問題を下敷きに描かれている長編だが、今回はカード社会の負の側面、クレジットやサラ金による多重債務のすえの自己破産に光を当てている。
 僕個人の話をすると、借金というものが大嫌いである。 今の事業にしても、始めてもう10年になるが一度の借金もした事がない。 普通であれば、仕事が軌道に乗ったあたりで金融機関からいくらかでも借り入れて、それなりに設備投資もし、人も雇って事業拡大していくものだろう。 だが、僕にはそういう発想があまりない。 現状に満足しているわけではないが、「身の丈に合わない事をやってどうする?」という自戒が常にあるからだ。 おかげでいまだに鳴かず飛ばずだ。
 「火車」は休職中の刑事が語り部となっているが、実質的な主人公は、多重債務によって取り立てに負われる毎日を送っていた女である。 女は、自分の存在を抹消するために見ず知らずの他人の戸籍を乗っ取る事を画策し、まんまと成功する。
 消費者信用の新規供与額は平成元年の時点で57兆円余り。 国民総生産の14%に当たるという。 平成17年度の時点では73兆円に及ぶ。 一昔前なら「お金がないから」とあきらめていた服や旅行やクルマや家や事業資金を、国民の多くがローンによって手に入れている。 一方で多重債務に陥ったり、法定金利以上のグレイゾーン金利に苦しんでいる人もいる。 ヤミ金の恐喝まがいの取り立てに苦しむ人もいる。 主人公の女は、そんな境遇から逃れるために自分ではない「誰か」になろうとする。
 姿の見えない女の足取りを追っていく刑事の心情を、宮部は精細な筆致で描き出していく。 刑事のみならず、登場人物それぞれの造形も手抜きがない。 一本の樹木を例にとる。 幹だけでストーリーが成立するとしたら、宮部のそれは枝葉のみならず、その一葉の雨の雫や虫食いの穴まで、神は細部にこそ宿ると言わんばかりに惜しみなく描写していく。 壮大なリアリズムだ。
 ゆっくりと、しかし確実に女の実像に迫っていくなかで、男の女に対する気持ちは次第に変容する。 ラストシーンで初めて実体としての女と対面した時、男が女に抱いたのは恋愛にも似た感情だったのではないか。
 山本周五郎賞ではなく、直木賞こそふさわしい快作。 やはり直木賞の選考基準はよくわからない。
[PR]
by theshophouse | 2006-12-16 00:46 | Books
最近のニュース番組について
 春と秋の番組改編で、NHKと日テレとTBSの夜のニュース番組がリニューアルして出揃った。 個人的にはこの時間帯のニュースはフジのほうさいさん&クリステルコンビの一人勝ちなので、僕にとって他の局のニュースは、真打ち登場までの前フリといったところである。
 なぜ他の局のニュースがニュースJAPANにまったく太刀打ちできないのか? それはひとえに女性キャスターの力量不足にある。 報ステの河野アナについては以前にも言及したので、今回はリニューアルまもない各局のニュース番組それぞれについて見ていこうと思う。
 まずNHK。 春から始まった新しいニュース番組のタイトルは「ニュース・ウォッチ9」。 柳澤秀夫、伊東敏恵の両局アナをメインキャスターに据えている。 柳澤氏はNHKの特派員として数々の戦場や紛争地帯を取材。 そのキャリアがそうさせるのか、どことなく暗い。 少なくとも人前で自然な笑顔をつくることには慣れてなさそうだ。 その柳澤氏の暗さを補って余りあるのが隣の伊東氏。 持ち前の明るいキャラクターは視聴者の好感度も良さそうだ。
 ただその伊東敏恵キャスターについて、毎夜毎夜気になることがある。 彼女自身決して派手な顔立ちではないし、メイクもナチュラルだ。 無論ニュースキャスターなのだからそれが当たり前である。 問題は服だ。 ベースはビジネス・ウーマン風のルックスなのだが、ある時はスカートだけ、またある時はVゾーンだけ、首まわりだけ「一点お水主義」とでも言うべきアクセントが散りばめられているのだ。 具体的に言うと、そこだけ妙にベロア調の素材のアイテムが極めて唐突にあしらわれるのである。 そしてそれは、僕がテレビを通して受け取る彼女のイメージには決してそぐわないものである。
 続いて日テレの「NEWS ZERO」。 視聴率までゼロにならなければいいのにと思いながら、「バラエティ番組」として観ている。 メインキャスターは元官僚で現大学教授の村尾信尚氏。 ここでは小林麻央と大石恵の両キャスターに局アナの鈴江奈々、知花くらら、七尾藍佳、ラルフ鈴木に北澤豪。 さらにこのメンバーに加えて曜日キャスターとして嵐の桜井、竹内薫、長嶋一茂、川原亜矢子が加わる。 はっきり言って人大杉なんである。 そして、これだけ人を集めたわりに、ニュースをプロらしく伝えることができる人材は一人もいない。
 いきおい興味はニュースの内容よりも、まだまだ番組の進行そのものが稚拙な出演陣(これだけ人が多ければまとめるのは大変だ)に向く。 なかでも大石恵の過剰な美白と度を越したマスカラ。 現在では、番組スタート当初よりいくぶん抑え目にはなっているものの、やりすぎには変わりない。 いっそここは起死回生を狙って、「わたくしは~なさいました」と、喋り方だけは昔から櫻井良子調の川原亜矢子を単独キャスターに据え、「今日の出来事」を復活させるのも妙案だろう(笑)。
 最後はニュース23。 民主党議員との不倫騒動で番組を降板した山本モナは、所属事務所がオフィス北野ということもあって既にバラエティ路線にシフトしたようだ。 一方、NHKから移籍し草野満代の後釜に座った膳場貴子だが、短いニュースを伝える時でも手元の原稿に何度も視線を落とす。 これまでNHKで彼女が出ていた番組をいくつか観たが、プロジェクトXのような撮りの番組ならいざ知らず、生放送への順応力には疑問符がつく。 まだまだ自分の考えを自分の言葉で視聴者に、隣の筑紫哲也に語れる度量はない。 番組の志向性もここにきて完全に団塊世代向けに特化された感が強い。 ちょっと特殊なニュース番組である。
 かくしてクリステルは、プライムタイムの女性ニュースキャスター戦争においてまったく敵なしの状況である。 そういうクリステルの余裕が、番組後半の頭上からのクレーンショット、僕のような間抜けな男どもを悩殺するあの上目遣いに表れているのではないだろうか。 「斜め45度の女王」の座は当分揺るぎそうにない。

 テレビのニュースは玉石混交、真実もあれば大嘘もある。 そういう意味では2ちゃんねると大して変わらない。 要は視聴者である我々がタレ流される情報をどう取捨選択し、その真贋を見極めるかにかかっている。
 最近特に目につくのは報ステの古館伊知郎だろうか。 さすがにだいぶ余裕もでてきたのか、やたらと自説を披瀝する。 とにかく独演会の時間が多いのだ。 たいした解説もせず、古館の言うことにただ相槌打ってるだけの加藤工作員と河野アナには目もくれず、やや暴走気味の時すらある。
 こないだの竜巻のような自然災害が起こった際に古館は必ず、「天災だが、その根っこの原因は人間の自然破壊、よって人災」というお粗末な結論に誘導していく。 彼の自説がこちらを唸らせるようなものだったら異論はないが、やはり報道畑を歩んできたわけではないだけに底の浅さは如何ともし難い。 安っぽいヒューマニズムと倫理観、ポピュリズム、視聴率至上主義(つい先日公判中のホリエモンを出演させたのはどの局のニュース番組だったか?)、いずれもニュース番組には無用。
 僕が観たいのは、もっと硬派なニュース番組だ。
b0045944_2565792.gif

滝川クリステルの角度についての一考察
[PR]
by theshophouse | 2006-12-10 02:37 | Critique
SALEやってます
b0045944_129514.jpg
b0045944_1292355.jpg
 ザ・ショップハウスでは今月いっぱい一部商品のSALEをやっています。 サンプル品なども格安で販売しております。 お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。

 以上、業務連絡でした。m(_ _)m
[PR]
by theshophouse | 2006-12-05 01:29 | 号外
ようつべマンセー
b0045944_2505136.jpg
 インターネットの世界のヒット商品。 2004年がブログで、2005年がミクシィだとしたら(異論はおありでしょうが)2006年は間違いなくようつべだろうと思う。
 ようつべの登場でいろいろな動画を容易に検索して閲覧することが可能になった。 このブログでも春先にWBC(ワールド・ベースボール・クラッシック)で盛り上がった頃からたびたび紹介させていただいたが、動画を観るツールとしては非常に使い勝手が良く、最近では似たようなスクリプトを使って各ブログサービスでも動画を記事中に表示できるようになってきた。
 このエキブロでも動画が扱えるようになったのだが、大本営の検閲が厳しく、著作権がからむ動画はまず表示されないので、ネタ重視のブログにおいてはあまり利用価値がない。 おまけに軽いのが取り柄だったエキブロはそれによって「やや重」になってしまい、現状では百害あって一利なしである。
 そんなこんなで、やはり動画を観るのはようつべになってしまうのだが、最近ハマっているのが懐かしの特撮ヒーローものの動画を観ることである。 昔やってた「テレビ探偵団」じゃないけれど、こういうのを好きな時に観れるというのはなかなか貴重だと思う。
 で、このさい僕がほぼリアルタイム(一部再放送あり)で観たそれらの特撮ヒーローものの動画をご紹介しようと思う。 よくテレビでやる「懐かしのアニメ+特撮」系の番組などではあまり紹介されないようなものを中心に集めてみた。
 僕は1966年生まれだが、同世代の方にはしばし童心に帰っていただければ幸いである。 お若い方には「ジジイがノスタルジーに浸ってるよ」と嘲笑していただければ本望です。

※以下、タイトルをクリックするとYouTubeの動画が再生され、音が出ます。

【マグマ大使(1966)】
原作 : 手塚治虫 のちにマグマ大使には長男「ガム」が生まれたのですが、これは番組スポンサーがロッテだったから。

【仮面の忍者赤影(1967)】
青影の「だいじょ~ぶ」ポーズ、ガキの頃よくやったものです。

【キャプテンウルトラ(1967)】
音楽 : 富田勲、監修 : 都筑道夫、出演 : 小林稔侍(キケロ星人ジョー役)という、今にして思えば豪華過ぎる陣容。

【ジャイアントロボ(1967)】
原作 : 横山光輝 まあ、どうみてもスフィンクスのパクリなわけですが・・・。 ちなみにこのジャイアントロボの動力は原子力。 当時のブサヨからクレームはつかなかったのでしょうか?

【スペクトルマン(1971)】
宇宙猿人ゴリが怖かったのと、スペクトルマンの当時のヒーローとしてはかなり地味めでアーシーなカラーリングがなんとも言えなかった。

【シルバー仮面(1971)】
ロボコップを初めて観た時、以前どこかで見たような・・・と感じた疑問が、この動画を観て氷解しました。

【ミラーマン(1971)】
鏡がない時、水面でも変身できるミラーマンに子供心に「ずるい」と思った僕、インベーダーという言葉を知ったのがこの特撮ドラマでした。

【愛の戦士レインボーマン(1972)】
『インドの山奥でんでんかたつむリンゴは真っ赤かあちゃん怒りん僕は泣いちゃったんたん狸の金(以下自主規制)』
このレインボーマンの替え歌、日本全国津々浦々さまざまなパターンがあるみたいです。 でも絶対僕のバージョンが元祖ではないかと、さしたる根拠もなく確信しています。 ちなみにうちのヨメは『インドの山奥でんでん伝六豆うまいまめだかの学校は川のなからすなぜ鳴くのカラスは山に~』だそうです。
参考 : レインボーマン御当地替え歌集

【死ね死ね団のテーマ(1972)】
レインボーマンの敵役。 この死ね死ね団の設定はあまりにリアリティがありすぎて怖い。 それにしても当時よくこの曲が放送禁止にならなかったものだと思う。 レインボーマンはいずれ再評価されて然るべきだろう。 近い将来、レインボーマンの大ブーム到来の予感。 作詞は後に故竹下首相のブレーンとなる民族派活動家の川内康範。

【ジャンボーグA(1973)】
セスナがロボットに変身するという異色の特撮ヒーローもの。 のちにホンダZが変身するジャンボーグ9も登場したが、当時あの水中メガネのようなリアウインドウのデザインが本当に格好よかった。

【クレクレタコラ(1973)】
当時瞬間的ではありましたが爆発的に流行った記憶があります。 フィギュア持ってました。

【ザ・カゲスター(1976)】
このカゲスター、とにかく格好悪かった。 日本の特撮モノには希少なダーティー・ヒーロー。

番外編

【キーハンター(1966)】
【キーハンター(後期)】
原作 : 都筑道夫ほか 後の「Gメン’75」につながるオトナ向けハードボイルド志向のドラマだったが、なぜだかこれはいつも観ていた。 圧倒的に格好いいテーマソングは当時いつも口ずさんでいた記憶がある。

【009ノ1】
観たことないんですが、キャスティングがなかなかいい。 タイトルは「くノ一」をもじったものということいで女スパイの話。 納得。 現在、T豚S系で深夜アニメとして放送中とのこと。

【太陽にほえろ! 歴代刑事大集合】
これは見ごたえあります。
[PR]
by theshophouse | 2006-12-01 02:10 | Non Category



思うところを書く。
by theshophouse
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
Critique
Asian Affair
蹴球狂の詩
Odyssey
Photographs
Iiko et Tama
Non Category
Food
Mystery
Design
アジア人物伝
Alternative
Books
Movie
Sounds Good
昭和
モブログ日報
F1
号外
Profile
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2001年 10月
フォロー中のブログ
国境の南
osakanaさんのうだ...
青いセキセイインコ推定4...
THE SELECTIO...
V o i c e  o...
わしらのなんや日記
90歳、まだまだこれから...
午前4時から正午まで
藪の中のつむじ曲がり
PISERO しゅうまい...
最新のトラックバック
エス東京オフィス
from はるの日常
才色兼備な「タイのセレブ..
from Boochanの宝探し
チベットでのジェノサイド
from わしらのなんや日記
経済別に選びたい放題!チ..
from Boochanの宝探し
IKEA for ママゴト
from わしらのなんや日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧