Top
<   2006年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧
世田谷一家殺人事件 侵入者たちの告白
b0045944_15554726.jpg 以前のエントリーでも書いたように、この事件が起こった上祖師谷4丁目は以前僕が住んでいた場所にけっこう近い。 警察官が聞き込みに来るぐらいの距離である。 だから、その当時この事件には相当震撼させられたものだし、事件から5年以上が経過した今でも、心のどこかに沈殿している恐怖が顔をのぞかすこともある。
 それはやはり僕が、偶然とはいえあの事件現場の宮澤みきおさんの家の前を通りかかったからだと思う。 なぜそこが宮澤さんの家だとわかったかというと、今でも家の前にはパトカーが停まっていたからであり、おそらくは車内では、今もここを訪れる者たちの姿をビデオカメラで撮影しているものと思われる。 またそれにも増して、隣家とはかけ離れ、陸の孤島になっているこの宮澤さんの家の周囲だけが奇妙な静寂に包まれ、ふと足を止めてしまうからでもあった。
 本作はこの事件を発生以来追い続けてきた一人のジャーナリストによって書かれている。 この人物については元週刊新潮の記者だという話もあり、胡散臭い噂があることも事実である。 齊藤 寅という名前は偽名だろう。 先日テレビ出演した際にも「実行犯グループに狙われている」ことを理由に顔を隠していた。
 本の帯には「ついに犯人を突きとめた!」と衝撃的な言葉がある。 僕が好奇心でこの本を手にしたように、事実この本は売れている。 この一介のジャーナリストが、莫大な印税を手にすることは疑いようもない。 それだけこの事件が未だに多くの人々の心の一隅に闇を形成しているということなのだろう。
 その内容だが、まず第一に難しい言葉が多い。 それは、現在ではあまり慣用されなくなってしまった言葉であったり、ジャーナリストと捜査関係者の間で交わされる専門的な業界用語であったりする。 前者はこの本の内容に重みを与えるために無理やり重用している感すらある。 それはあたかも最近テレビのワイドショーに頻繁に出演し、コメンテーターを務めている北芝 健氏の言葉遣いを思い起こさせる。 ただ彼の場合は発言の中での言葉の選択が稚拙だったり不適当だったりするので僕はついつい笑ってしまうのだが。
 後者については、自分が捜査の最前線にジャーナリストの立場で如何に介入しているかということと、通常は取材者と被取材者との平板な言葉のやり取りに臨場感を与えることを狙ったものだと思われる。 ただ、いずれの手法も、この重厚なノンフィクションとなるべきタイトルには相応しくない。
 内容的には、世田谷の事件と前後して起こる複数の殺人事件と、それに関与したと思われる外国人の犯罪組織、その組織を構成する人物が描かれているなかで、やや時系列が混乱して相互の事件と人物の関連がわかりづらいと感じた。 これは作者の筆力の無さに起因するものだろう。 もっとも作者は「ついに犯人を突きとめた!」興奮のうちに本書を記しているので、そのあたりがまだ整理不足なのかも知れない。 また、行き過ぎた感情表現が多く、なおかつそれが読者に伝わってこないので辟易してしまう。 総合的に判断すると、この作者はあまり長編の文章をまとめた経験がなく、残念ながらノンフィクション・ライターとしての職能には恵まれていないと感じた。
 作者は本作のなかで最終的にこの世田谷一家殺人事件の犯人を「クリミナル・グループ」と呼ばれる外国人の犯罪集団であるとする。 そしてその主犯の男の写真を入手したとも書いている。 先日とある写真週刊誌がこれとは別に世田谷一家殺人事件の首謀者と目される人物の顔写真を掲載した。 一方で週刊朝日に自著を「疑惑のベストセラー」と断じられた作者・齊藤 寅氏がこれに反論する検証記事も掲載した。 写真週刊誌側は齊藤氏に犯人の写真の公開を求めたが、同氏はこれには応じなかった。
 果たしてこの作者がトンデモ系で本書もトンデモ本なのか? それとも丹念な取材の末に真実を掴んだジャーナリストが自らの危険も顧みず記した乾坤一擲(けんこんいってき)の著作なのか? それは犯人が逮捕されない限りわからない。


FLASHの掲載記事(PDF)
[PR]
by theshophouse | 2006-07-26 16:11 | Books | Comments(0)
オシムの言葉
b0045944_21533060.jpg タイトルからして「オシム監督語録」的な薄っぺらい内容の本かなあと思っていたのだが、そうした予想を見事に裏切ってくれる実に重い内容の一冊だった。 もちろん随所にオシムの発言が取り上げられ、その発言の背景などが紹介されている、いわゆる語録的な部分も多いのだが、それでもこの本は語録ではなくオシムの半生記である。
 第二次世界大戦さなかの1941年、旧ユーゴスラビア(現ボスニア・ヘルツェゴビナ)のサラエボに生まれたイビツァ・オシムの半生は常に戦争と紛争の只中にあった。 現役時代はストライカーとして活躍し、ユーゴ代表にも名を連ね、1978年、フランスのストラスブールでのキャリアを最後にユニフォームを脱いだ。 1986年 ユーゴ代表監督に就任。 ストイコビッチ、サビチェビッチ、プロシネツキと、後にマルセイユ、ユベントス、レアル・マドリーでそれぞれ10番を背負う類まれなタレントをピッチで共存させ、1990年イタリアW杯ではユーゴをベスト8に導く。 準々決勝でアルゼンチンにPK戦の末敗れはしたものの鮮烈な印象を残した。
 ユーゴスラビア連邦は1991年からの内戦によって崩壊。 生まれ故郷を追われたオシムはギリシャ、オーストリアでクラブの監督を歴任し、2003年からジェフユナイテッドの指揮を執っている。 親日家のオシムだが、その端緒は1964年、東京オリンピックに出場するユーゴスラビア代表の一員として来日し、この時生まれて初めてカラーテレビを鑑賞して感激したことと、農村をサイクリング中に、見ず知らずの外国人にいきなり梨を振舞ってもてなす日本人のホスピタリティに触れて感激したことにあったと言われる。 当時の日本がまさに物心両面でオシムを魅了したことは、後の日本サッカーにとって大いなる僥倖であった。
 そのオシムがジーコの後を受けて日本代表監督に就任した。 本書を読んでオシムの事を好きにならない人間はまずいないだろう。 その言葉の端々に見え隠れするのは、サッカー、そして人間への深い洞察と愛情である。 現段階で僕はこの監督をジーコの時のように批判できる自信がまったくない。 ひとつにはオシム・ジャパンがまだ船出前で無傷の状態にあるということと、もうひとつはオシムが監督やってだめだったら、それはもう完全に選手が悪いと確信をもって言えるからである。 ジーコの場合、その選手としてのキャリアに異論を差し挟む余地はまったくなかったものの、監督経験がないという点において、僕のようなものでも批判する余地が残されていたと思う。 ところがオシムにはそれすら存在しない。 オシムは日本代表が迎える初めての完璧な監督と言っていい。
 日本サッカーはドイツW杯惨敗直後、川淵会長の自爆会見と中田の電撃引退によって、その総括もなされぬままオシム体制へぬるっと移行した。 それによって敗戦のショックは多少癒されはしたが、ドイツでの惨敗の責任の所在も明確にされぬまま次の4年間を迎えることには同意しかねる。 川淵会長はオシム招聘と引き換えに腹を切るべきだ。
 オシムは代表選手選考について「古い井戸に水が残っているのに、すぐに次の井戸を掘るのはどうか」と語った。 これから我々は、彼一流のメタファとレトリックの意味を読み解く才能を鍛えられることだろう。 それはこれまでの代表監督にはなかったもうひとつの知的な「ゲーム」である。
[PR]
by theshophouse | 2006-07-21 21:55 | Books | Comments(2)
とりあえずIKEAに行ってみた
b0045944_1145321.jpg
40フィートのコンテナトレーラー用のプラットホームが壮観なIKEA船橋店のバックヤード
家具屋というよりは空港の建物に近い


 5月の末、千葉は船橋にできたIKEA日本1号店に行ってきた。 クルマで地図を頼りに行ってみると、そこはららぽーと前、あの「スキードーム・ザウス」の跡地なのであった。
 パーキングにクルマを停める。 パーキングからしてデカい。 比較の対象になるのは成田空港のパーキングぐらいだろうか。 すぐ隣ではバカでかい台車に商品を積んだ夫婦が、ミニバンに商品の入ったダンボールケースを積み込んでいる。
 まずは2階のショールームへ。 リビング、ダイニング、キッチン、ベッドルームと、さまざまな部屋のコーディネート例が続く。 順路に沿って見ていくと、所々にソファー、椅子、テーブル、ストレージ、ホームオフィス、ワードローブなど、家具を種類別にカテゴライズした展示スペースがあり、イケアのすべての家具を見ることができるようになっている。 ここまで見るだけでもそこそこ時間がかかる。 お腹が空いたので、やはり2階にあるイケアのレストランに行く。 メニューは少ないので、きっと誰もがミートボールを食べる破目になるだろう。
 で、1階のマーケットエリアへ。 食器、キッチン用品、カーテン、カーペット、照明器具、アート、植物まで一通りのものが揃っている。 家具同様値段はかなり安めだ。 他の客の様子をウォッチしてみると、どの客も大きなカートに商品を満載して戦闘意欲満々である。 一方、自分はというと未だに何も買っていないどころかショッピングバッグすら持っていない。 もともと様子見で来たこともあるが、何故だかあまり購買意欲が湧いてこないのである。
 正直、家具に関してはやはり値段なりの品物という感じしかしなかった。 ソファーなど、見かけはそこそこだが、使ってると2~3年でガタがきそうな作りだ。 箱物はコストを抑えるためすべてパーティクルボードを下地に作られているので、背面を見ると安っぽい。 壁にぴったりつけて置かないのであればちょっとキビしい後ろからの眺めである。 そんななかでも、セミオーダーできるシステムキッチンはなかなか良いと思った。 デザインも素材も豊富だし、クオリティも合格点。 ただしサイズの面ではけっこう制約があるので、あらかじめ決められたスペースに入れるというよりはこれから家を建てる人、つまりキッチンスペース自体の大きさをこれから決められる人向けである。
 あともうひとつ気に入ったのは照明器具である。 といってもフロアランプやペンダントのようなものではなく、棚下に取り付ける照明や収納家具の内部に取り付けて、ドアの開閉によって点消灯させられる照明など、いわゆる機能照明の豊富なラインナップである。 こういう器具は国内メーカーで探しても、いわゆるプロ用のものしかなく、配線ひとつにも専門的な知識が必要になる。 イケアのこうした機能照明のシリーズは誰でも簡単に取り付けることができるようになっているので、既に持っている収納家具にちょっとした照明を取り付けてグレードアップさせる小道具としての利用価値は高いと感じた。
 小物関係ではやはりキッチンまわりのものはそこそこデザインもいいし、値段も安い。 イケアの商品全体に通じているのは、ある程度良いデザインで、ある程度良いクオリティのものが低価格で手に入ることであり、インテリアに目の肥えた人が物足りなさを感じることは仕方ないことであろう。
 この船橋店に続き、横浜市都築区に日本進出2店舗目が9月にオープンする予定。 第三京浜の港北インターを降りてすぐの場所で、建物はもうずいぶん前に完成している。 実は僕の仕事場である店の倉庫はこのすぐ近くなのだが、ここのイケアがオープンしてしばらくは週末の港北インターは渋滞で使いにくくなるのではないかと思われるので戦々恐々としている。 ともあれ僕のように東京西部に住む人間にとっては船橋よりずいぶん気軽に行ける場所でもあるので、「船橋まではちょっと・・・」という方は9月まで待った方がいいかも。


IKEA
IKEA ONLINE CATALOGUE
組み立て式会計:イケア (IKEA) の不思議な企業構造
[PR]
by theshophouse | 2006-07-17 01:32 | Critique | Comments(0)
至福の日々の終わりに
b0045944_2353267.jpg
 2006ドイツワールドカップはイタリアの優勝で幕を閉じた。 思えば至福の一ヶ月だった。 毎日仕事から帰ってきてテレビをつけるとサッカーの試合がやっている。 パリで、ローマで、リオデジャネイロで、カフェで、路上で、自宅のソファーで、世界中の数十億の瞳がひとつのプレーに目を凝らす。 僕も連日テレビの前でその群集に加わった。
 決勝トーナメント以降の試合の数々を見るなかで、僕はそこで戦っている日本代表をイメージすることができなかった。 残念ながら今回の日本代表はそもそも決勝トーナメントに進出できる代物ではなかったということである。 もちろん決勝もそんな試合だった。 試合は、主審のエリソンド氏の不安定な笛もあって、序盤から波乱含みだった。 前半7分、マテラッツィのファウルで得たPK。 ジダンが「スプーン」を決めてフランス先制。 スプーンは決められたGKにダメージが残るもの。 もちろん蹴る側のリスクも大きい。 それをこの決勝の舞台でできるのがジダンなのだ。
 イタリアも反撃。 同19分、ピルロのコーナーキックをマテラッツィが合わせて1対1の同点。 ジダンとマテラッツィ。 間違いなくこの試合の主役であった二人のゴールの後は一進一退となるも、次第にフランスがボールを支配する。 イタリアゴールのかんぬきに手をかけながらも、それを取り払うまでには至らず。 ジダンもガチガチにマークされていたわけではなく、フリーでボールを受けはするものの、次のアクションを起こす頃には狂犬ガットゥーゾら数人に囲まれてボールを奪われるシーンも目立った。
 決勝のイタリアはそれまでの戦いと違い、いつものカテナチオに戻った。 フランスに押し込まれながらも、最後の最後で体を張ってゴールを許さなかった。 今大会の失点はオウンゴールと誤審気味のPKによる2点だけなのだから、その守備は完璧だったと言っていい。
 ジダンの退場については残念としか言いようがない。 マテラッツィがどれほどジダンを口汚く罵ったかはわからないが、世界中が見ている中で、ジダンのプレーを見守っていた多くの子供たちの前でやるべきだったとは思わない。 ただ、ジダンにはああした「やんちゃな」一面が顔を出すことがある。 事実今回のW杯でも韓国戦で無用なイエローを貰い、累積で次戦を出場停止になっている。 ただ、そうした不完全さも含めて彼の魅力なのである。 ジョージ・ベストしかり、ポール・ガスコインしかり、エリック・カントナしかり、である。 試合終了後、某巨大掲示板には「マテラッツィがジダンに何と言ったのか考えるスレ」が乱立しているだろうな、と思ったら案の定である。
 大会終了後に発表されたMVPはジダン。 各国の記者投票によるものだが、その多くの票が決勝戦の前に投じられていたそうである。 僕のなかでのMVPはやっぱりカンナである。 あの気配り目配り体配り?はタイヘンなものである。 前回のカーンもそうだが、MVPは基本的に優勝国から選ぶべきだと思う。 でなければ優勝の価値も薄れてしまう。

 さて、我らが日本代表はオシム監督の就任が間近である。 降格争いの常連だったジェフを、常に優勝を争うチームにまで変貌させた手腕は素晴らしいの一語に尽きる。 ただでさえ若手を重用するオシム氏のこと、中田引退で日本代表の世代交代にも拍車がかかるのは必至。 ただ、彼の代表監督就任は遅きに失した感がある。 かくいう僕も、昨年5月の時点で「オシムを監督に」という内容のエントリーをしている。
 そんなおり、サントスFCで10番を背負う日系ブラジル人のロドリゴ・バルボーサ・タバタが日本への帰化を希望しているという。 サントスの10番といえばかつてペレがつけていた番号である。 彼曰く「W杯に出たいがセレソンに選ばれるのは難しいので、日本への帰化を考えている」とのこと。 日本代表も軽く見られたものである。

 でもタバタ選手、さっさと来日して帰化申請して下さい。 日本の10番を茸から没収して差し上げます。 袋小路に入った日本サッカーを救って下さい。 それからエメ。 今からでも遅くない。 「獲眼流尊」という当て字を用意して待ってるから、さっさと赤菱に戻って来て下さい。 本当におながいします。
b0045944_23524738.jpg


【ジダン】マテラッティの言ったこと【退場】【海外サッカー板】
ジダン頭突きゲーム(イタリアの職人さん仕事速杉ですw)
[PR]
by theshophouse | 2006-07-13 00:10 | 蹴球狂の詩 | Comments(0)
中田英寿へのオマージュ
 中田英寿が引退した。 世間は中田らしい引き際だの、彼なりの美学だのと惜別の言葉を並べてはいるが、実際のところは、所属していたフィオレンティーナにブランデッリという自分に最も肌が合わない監督がやってくることによって、1年間の期限付きでボルトンへの移籍という道を選択したにも関わらず、そこでもベンチを温める日々が続き、当初思い描いたであろうプレミアでの活躍もままならず、それによってボルトンへの完全移籍の道は絶たれ、一方ブランデッリの手腕によって今季セリエAで4位という大躍進を遂げたフィオレンティーナに戻っても放出されることは確実で、欧州での行き場を失ってしまったというのが実情だろう。 もちろんW杯で何らかのインパクトを残すことができれば、新たな活躍の場を得る可能性もあったが、日本代表のみならず、中田個人も満足いく成果を得ることができぬままW杯を去ることになってしまった。
 高原が出場機会を求めてハンブルガーから下位のフランクフルトに移籍したように、中田も下位クラブで再起を図るという選択肢もあったはずだが、NAKATAという存在がそれを容認できなかった。 横綱がまだまだ相撲をとれるにも関わらず引退してしまうように、中田も或る境地に昇りつめてしまったが故に「天下落ち」という事態が現実のものとなる前に引き際を決めたのだと思う。 その節目にたまたまドイツW杯があったということだろう。 そうした意味で、中田の引き際は相撲道にも通じる極めて封建的で日本的な判断だったと言える。
 一方で「武士道とは死ぬことと見つけたり」とする「日本的」もある。 まだまだプレーできる中田が道半ばで引退してしまうことに賛成できぬ人も多いことだろうが、僕の見る限り、中田はあのブラジル戦で討ち死にしてピッチに倒れたのであって、やはりあそこでサッカー選手中田英寿は確かに死んだのだと思う。 芝生の上で涙を流し、漆黒の空を見つめ続けたあの10分間は、中田にとって神聖な転生の儀式だったのだ。

 僕が中田英寿のプレーを実際に観たのはたったの2回である。 加茂ジャパン時代の横浜でのダイナスティ・カップの中国戦と2002年W杯の長居でのチュニジア戦である。 いずれもゴール裏からであった。 中田のプレーを観るのに最も適した場所は間違いなくゴール裏である。 テレビ画面と同様にピッチを横から観ている限り、中田の本当の凄さを体感することはできない。 ドリブルしながらピッチを駆け上がる背番号7の背中を、後方から感情移入しつつ、自分がボールを持っているような気分で主観的に見た時、次の瞬間中田の足元から放たれるパスの方向性とスピード、その回転に息を呑むことになる。

 「そっちかよ」 「そんなとこが見えてんのかよ」

 例えばピッチのやや左サイドで中田がドリブルを開始する。 タイミング良く左サイドの選手がライン際をオーバーラップする。 中田に応対していた相手DFは一人、二人目がライン際をケアするために慌てて開いてきたが、左サイドは手薄だ。 普通ならそのまま左サイドのスペースにパスを出す局面である。 ところが中田は周囲を見渡した直後、右サイドに大きなサイドチェンジのパスを出した。 ボールはフリーで右サイドを上がってきた選手の足元にピタリと収まり、その瞬間、スタンドの僕の周囲では大きなどよめきが起こった。
 常にピッチを俯瞰で見ることのできる視野の広さは、そのまま人生での視野の広さでもある。 一度きりの人生である。 元来、人は一生を送るなかで、地球上に存在するこの世界と社会のほんのちっぽけな一部分にしか関われないものだ。 ただ、交通機関と情報通信の発達した現代社会においては、必要な資金があり、本人がそれを望む限り、あらゆる類のボーダーを飛び越えて自由に行き来することができる。 サッカーを媒介として見聞と交遊を広めた彼は、当然ながらそのことを知った。 地球は丸い。 サッカーボールと同じように。

 中田英寿様、こちらこそありがとう。 君は知らないだろうけど、君のおかげでこの10年余りずいぶん楽しませてもらいました。 またいつかどこかで。


“人生とは旅であり、旅とは人生である”【nakata.net】
[PR]
by theshophouse | 2006-07-05 01:08 | 蹴球狂の詩 | Comments(0)



思うところを書く。
by theshophouse
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
Critique
Asian Affair
蹴球狂の詩
Odyssey
Photographs
Iiko et Tama
Non Category
Food
Mystery
Design
アジア人物伝
Alternative
Books
Movie
Sounds Good
昭和
モブログ日報
F1
号外
Profile
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2001年 10月
フォロー中のブログ
国境の南
osakanaさんのうだ...
青いセキセイインコ推定4...
THE SELECTIO...
V o i c e  o...
わしらのなんや日記
89歳、まだまだこれから...
午前4時から正午まで
藪の中のつむじ曲がり
PISERO しゅうまい...
最新のトラックバック
エス東京オフィス
from はるの日常
才色兼備な「タイのセレブ..
from Boochanの宝探し
チベットでのジェノサイド
from わしらのなんや日記
経済別に選びたい放題!チ..
from Boochanの宝探し
IKEA for ママゴト
from わしらのなんや日記
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧