Top
<   2006年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
「自由」の先にあったもの
 ドイツW杯2006グループリーグ第三戦、対ブラジル。 日本1対4の敗戦。 日本の決勝トーナメント進出はならなかった。 ジーコが監督に就任してからの4年間、執拗に追い求めた「自由」。 それはチームを一つの型にはめようとした前任者のチームづくりのアンチテーゼとして、さらには監督であるジーコのサッカーに対する信念から導き出されたものだった。 しかし、追い求めた「自由」の先にあったのは絶望だった。

 試合内容についてはここで多くを語る必要はあるまい。 王国ブラジルは、やはり日本代表の面々が男子の本懐を遂げるにふさわしい相手だった。 日本のサムライたちは、カナリア色の装束に身を包み、巧みな足技を披露する男たちにバッタバッタと斬り捨てられた。 常にボールをポゼッションされてパスを回されることで、日本の選手たちは受動的な動きを強いられ、次第に疲労を蓄積させていった。 前半こそ、玉田のゴールによる先制点もあって、スコア上は1対1だったが、ブラジルにしてみれば後半に日本を料理する下ごしらえがすっかり整った状態であった。
 後半はゲームというより、ショーに近いものだった。 ブラジルはその45分間のショーの中で、日本がジーコとともに4年間追い求めてきた「自由」の究極を見せてくれた。 やはりこの「自由」という分野で世界一になるのは無理だ。 なぜならそこには常にブラジルがいるからだ。 試合が終わった時、疲労困憊だった日本の選手とは対照的にブラジルの選手はたいして汗もかいていなかった。 彼らは楽しんでいた。 そして楽しんでいる時の彼らは手がつけられない。 日本のみならず、世界中のどの国も敵わない。
 クロアチアやオーストラリアがそうだったように、ブラジルよりも力量が劣る国は、彼らが楽しまないようにプレイする。 激しいボディコンタクトを厭わず、ボールをチェイスし続けることでセレソンにストレスを与え続けようとする。 そして、そこから生まれた僅かなほころびに活路を見い出そうとする。 それでもブラジルに勝ち切ることは困難だ。 日本は後半彼らを楽しませてしまった。

 すべてが終わった今思うのは、せめてこの試合が1年前だったら、ということである。 トルシエジャパンがホーム・アドバンテージがあったとはいえ決勝トーナメントまで進出できたのは、あの雨のスタッド・ドゥ・フランスでの0対5の大敗があったからだと思う。 あの時のフランスは今のブラジルに匹敵するインパクトがあった。 一方ジーコジャパンは、2003年のコンフェデでのフランスとのドロー、2004年4月の東欧遠征でチェコ撃破、6月マンチェスターでのイングランドとのドロー、昨年のコンフェデでのブラジルとのドロー、そして先日のドイツとのドロー。 2004年12月、0対3で敗れた横浜でのドイツ戦を除けば、ジーコジャパンは一度も大敗や惨敗を経験することなくW杯本大会まで来てしまった。 列強相手の善戦や勝利が、ジーコジャパンが内包していた危機を見えなくしてしまった。

 選手はすべてを出し切ったと思う。 ブラジル相手に「2点差以上での勝利」などという不可能に近い条件さえなければ、もっと違ったゲームになったし、もっと違った結果になったと思う。 しかし、それでもブラジルとの差は歴然だった。 ただ、その中で玉田のゴールで先取点を奪ったことは素晴らしかった。 ほんの一瞬だったが、いい夢を見させてもらった。 この大敗に落ち込む必要なんてまったくない。 ブラジルに3点差で負けてがっかりするほど今の日本のサッカーが強いとは思わない。 何せつい最近プロリーグが生まれた国である。 現在最高といわれる相手に力の差を見せつけられただけのこと。 これを糧に前に進めばいい。
 23人の選手たち全員にありがとうと言いたい。 ジーコに関しては、最後の最後まで訳のわからない選手交代を連発してくれて本当にありがとうございました。 監督として一流でないことだけは良くわかりました。

 ジーコジャパンへの総括は別の機会にすることにして今日はこのへんで。 日本は敗れたが、W杯のお楽しみはこれからだ!
[PR]
by theshophouse | 2006-06-23 23:19 | 蹴球狂の詩
平和ボケの国のサッカー
 ドイツW杯2006グループリーグ第二戦、対クロアチア。 0対0のドロー。 試合終了と同時に画面に大写しになった日本人女性サポーターは手を叩いて喜んでいた。 もちろんサッカーにはいろんな楽しみ方がある。 明らかに日本より強くしたたかだったクロアチアに負けなかったという、その事実に喜ぶのもいいだろう。 ただ、日本は引き分けではなく勝ちが欲しい試合だったし、勝つこともできた試合だった。 日本代表が置かれたシリアスな状況すらよく把握していない人がドイツまで応援に行っている。 悲しきかなそれが日本のサッカーを取り巻く状況なのである。
 「サッカーは戦争だ」という人がいる。 一方で、クロアチアの英雄でフランスW杯でキャプテンを務めたボバンは「サッカーは戦争だなんて言う奴は本当の戦争を知らないのだ」という。 ボバンにとってサッカーは平和の象徴なのかも知れない。 戦争を知らない平和ボケの日本人がボバンの心境を理解することはできないだろう。 だが、それはそれでいい。 サッカーはゲームだ。 楽しめばいい。 平和ボケの国には平和ボケなりのサッカーがあるはずだ。

 事ここに至っていまさらこんなことを言うのも気が引けるのだが、日本のFWのクオリティには唖然とさせられる。 ドイツ戦が人生最良の日になってしまった高原と、こともあろうにクロスをもう一度折り返した柳沢。 柳沢にとっては「へナギ・サイクロン」以来の大技披露となった。 つまるところFWっていうのは、サッカーボールなしのストリートファイトでやり合った時に相手を叩きのめすことができるかどうかで決まるような気がする。 そういう視点で見た場合、プルソとクラスニッチに対して高原と柳沢では完敗である。 それどころか出場32カ国の中で最弱コンビとなってしまうかも知れない。
 ストリートファイトにルールはない。 懐にナイフを隠し持とうが、どんなイカサマを仕掛けようが、相手をのしてしまえば勝ちだ。 体格で劣り、正攻法では敵いっこない日本のFWには、それを補うために隠し持つべき凶器も、相手の上を行く狡猾さもなかった。 勝負することを恐れ、失敗を恐れ、ただただ献身的にディフェンスに汗をかき、千載一遇ののシュートチャンスが巡ってきた時にはボールをまともにミートすることすらできない。 最終盤、まったくついて来れなくなったクロアチアDFを尻目に左サイドを突破した三都主が入れたグランダーのクロス。 次の瞬間にはゴール前に走り込む玉田や大黒の姿があるものと思ったが、影すらもなかった。 1点は果てしなく遠かった。
 FWのみならず、中盤も最終ラインもミスが多く、簡単にボールをカットされては何度も速攻を許した。 クロアチアの攻撃の精度の低さに助けられたが、2~3点取られていても不思議ではなかった。 ただ、オーストラリア戦の反省からか、ある程度ラインを上げてコンパクトに保とうとした点は評価したい。 ラインコントロールという点でも4バックの方がスムーズにいったと思う。

 次はブラジルだ。 恐れることはない。 失うものもない。 オーストラリア戦の悪夢は払拭できた。 後はサムライの名に恥じない末期を遂げるのみ。
[PR]
by theshophouse | 2006-06-19 11:08 | 蹴球狂の詩
ジョーカーの不在
 ドイツW杯グループリーグ初戦、対オーストラリア。 日本1対3の敗戦。 あと10分持ちこたえていたら、「日本もこんなオトナな勝ち方ができるようになったのか」と感心してしまうような戦いぶりだったが、前回大会同様終盤次々とカードを切ってくるヒディンクの前に、日本は勝利を目前にして瓦解した。
 30℃近い暑さの中、先にガソリンが切れたのはオーストラリアではなく日本だった。 ロングボールの出所を押さえられず、最終ラインはズルズルと下がり、それでも何とかこぼれ球を拾って持ちこたえていたのだが、いくつかあったカウンターのチャンスをモノにすることができない。 そうなると、フットボールという競技の収支決算はおおむねこのようになるものだ。
 坪井の負傷で茂庭を使ったのは止むを得ない。 ただその後、柳沢に代えて小野を投入したのには疑問が残る。 うまく行っている時は人をイジらないのが鉄則である。 ボールをキープできるということで入れたのだとは思うが、柳沢に代えて入れるのであれば玉田や巻で、終始キレがなかった俊輔のポジションに小野か小笠原だったと思う。 ロスタイムになって茂庭を下げて大黒を投入したが、逆に手薄なディフェンスを切り裂かれてアロイジにとどめを刺される結果となった。
 ジーコの采配が後手後手にまわった感は否めない。 ただそれでもプレイするのは選手である。 やはり決めるべき時に決められないとこうなってしまうものだ。 負ける時はこんなものである。 選手には今日の試合のことをすべて忘れてもらいたい。
 オーストラリアのサッカーには何ら見るべきものはなかった。 国技であるラグビーに例えるなら、パントキックを蹴って、こぼれ球をモールでキープして強引にトライを狙うようなサッカーである。 我々日本人の美意識からすれば、あまりに古典的で、お世辞にも魅力的とはいえないようなサッカー。 ただ日本にとって一番嫌なのがこうしたサッカーであった。 このような規格外のチームがAFCに入り、次のW杯予選で戦わなければいけないことを考えると、今から暗澹とした気分になる。 ただ、何ら見るべきものがなかったのは日本も同じだった。
 それにしても、繰り返しになるがこのチームにはやはり流れを変えられるジョーカーがいない。 メキシコ代表でいうアレジャノ(今回も奇跡の代表入り)、パラグアイでいうクエバスがいない。 それはやはり松井大輔だったと思うのである。 また言ってしまった。
 いきなり崖っぷちに立たされたジーコ・ジャパン。 もはや多くは望まない。 せめてクロアチアには一矢報いてフランスの借りだけはきっちりと返してくれ。 もしそれができたら、あとはきっとジーコがセレソンに話を通してくれるだろう。
[PR]
by theshophouse | 2006-06-13 01:12 | 蹴球狂の詩
ただ可能の限界を汲み尽くせ
b0045944_111848.jpg
 今から25年以上前のこと。 佐々木信也が司会をしていた頃のプロ野球ニュース。 その日の野球の試合結果が一通り終わった最後のほうで、たまに「日本サッカーリーグ」の試合結果をやっていた。 ほとんどスコアが表示されるだけだったが、時にはハイライトシーンの映像も流れた。 冬枯れの芝、観客もまばらなグラウンド、ラモスと戸塚が即興的なパス交換で相手DFを翻弄し、ゴールを決めた。 サッカーは文句なしにマイナースポーツだった。 それでも不思議と天皇杯決勝の読売対日産や日本代表の試合になるとテレビにかじりついて観た。 日本代表は弱かった。
 そのうちに奥寺康彦や尾崎加寿夫がドイツでプレイするようになり、水島武蔵がブラジルに渡った。 木村和司が国内初のプロ契約選手となった。 やがてブラジルに渡っていた三浦和良が帰国して日本代表に加わった。 ハンス・オフトに率いられた日本代表はアメリカW杯出場を「ドーハの悲劇」によって逃したが、その事が彼らをより逞しくした。 気がつけば日本はフランス大会、日韓大会に続く3度目のW杯である。
 初出場のフランス大会では一見(いちげん)さんに過ぎず、グループリーグで1勝することもできなかった。 日韓大会ではホーム・アドバンテージのおかげでベスト16に進んだが、それまでだった。 日本代表はいずれのW杯においても未だに実力を発揮したとは言い難いし、正当な評価をされているとも言い難い。 今回のドイツでのW杯が、初めて日本代表に正当な評価が与えられる機会となるはずだ。

 2002年6月18日、日本対トルコのスターティングリストに記された日本の2トップはそれまでの「柳沢・鈴木」ではなく「三都主・西澤」だった。 トルシエが試合前日に選手を批判するようなコメントを出したことは覚えていたが、沢木耕太郎の「杯」によれば、トルシエは試合前日の会見で「中田や小野はフリーキックの際、ゆっくりボールを置いて髪形を整えながら話し合っている。 セネガルの選手なら、髪型など整えたりしないでさっさとリスタートしているだろう」というコメントを残したとされる。
 短髪の中田やスキンヘッドの小野に整えるほどの毛髪があったかどうかは別として、トルシエは「決勝トーナメント進出」という目標を果たした選手たちの気の緩みを感じ取り、彼一流の逆療法を施したつもりだったのだろうが、結果的にはこの「ご乱心」が日本の勢いを削ぐことになり、日本代表は仙台の冷たい雨の中で不完全燃焼のうちに2度目のW杯を終えた。
 初戦のオーストラリア戦は、W杯本大会の試合としては、2002年の雨の仙台でのトルコ戦の次の試合となる。 日本代表は、あのトルコ戦で準々決勝進出という結果のみならず、とても大切なものを失ったと思う。 オーストラリア戦は結果はもちろん、トルコ戦で失ったものを取り戻す戦いでもある。 そして、それを取り戻すことができたなら、日本代表は2002年よりも少しだけ上に行けるような気がする。
 6月12日、初戦に臨む日本代表に野沢 尚の「龍時03-04」から古代ギリシャの詩人、ピンダロスの言葉を贈りたい。

 「わが魂よ、不死を求むることなかれ、ただ可能の限界を汲み尽くせ」


龍時02-03
日本の右サイドはこれでいいのか?第2回/龍時/松木不要論 第2回
[PR]
by theshophouse | 2006-06-11 01:14 | 蹴球狂の詩
マルタに突きつけられたもの
 マルタ戦。 日本1対0の勝利。 それでもやはり当初予想したように、日本代表の課題を浮き彫りにしたのは直前に戦ったドイツではなく、今日のマルタだった。 テーマとしては、マルタという欧州の咬ませ犬を相手に攻守の再確認をし、いくつかのゴールを決め、スッキリと勝って気分良く本番に臨むための試合だったわけだが、いずれも消化不良に終わった感は否めない。
 立ち上がりは選手たちにも集中力があった。 ほとんどの時間帯を相手陣内でプレイし、両サイドから崩そうとする意図も見られた。 ラインも押し上げ、相手ボールには素早くプレスをかけて高い位置で奪い、速い攻撃に結びつけていた。 前半の前半、ほぼ無抵抗だったマルタに対し、日本の選手たちのなかに次第に油断が生まれた。 長めの芝が災いしてか、味方への遅いパスはカットされ、トラップはルーズになり、カウンター狙いのマルタの策略にハマりかけるシーンが増えてきた。 前半終了間際にマルタに反抗を許したのは偶然ではない。
 後半はジーコが次々と選手を入れ替えたため、全体として評価しづらいゲームになってしまったが、小野や小笠原を投入し、4バックにしても問題は解決されなかった。 小野はミスが多かったし、こういう硬直した状況を打開できるのはやはりドリブルで変化をつけられる松井大輔という気がしてならないのだが、ないものねだりをしてもしょうがない。 後半の終盤、ようやくサイドからクロスが入ったり、中央でダイレクトパスの交換からチャンスを作ったものの、決め手を欠いているうちにホイッスルが鳴った。

 やはり予想した通り難しい試合になったという印象だ。 格下のチームが格上のチームの胸を借りる場合、格下のチームは失うものがないので思い切りいける。 集中力も持続する。 逆に格上のチームにとっては勝つこと以外明確な目標を定めにくい試合になってしまう。 先日の日本対ドイツがそうだ。 今回は日本がドイツの立場になってしまった。
 もちろん選手たちには長期に渡る合宿の疲労とドイツ戦の疲労の両方があり、決してフレッシュな状態ではなかったかも知れないが、そうした疲労と緊張感の欠如から陣形をコンパクトに保つことができず、特に後半は選手が大勢入れ替わったのも災いしてか中盤でプレスがかからず、全体が間延びしてしまった。
 直近の課題だったセットプレイでの守備だが、川口に飛び出せるスペースを与えるように最終ラインを形成したり、高さで競り負けても体をぶつけたりして好きにやらせなかった点は一定の評価をしていい。 ただ、それでもシュートまでもっていかれるシーンが目についた。 相手のレベルが上がった時に、セットプレイでやられる公算は依然として高い。 中澤の高さをもっと有効に使う手段はないものか。
 初戦のオーストラリア戦は昼間の試合。 日本の勝機は、日頃欧州でプレイしている相手チームの選手たちが、慣れない夏の炎天下の中で消耗していくであろう後半にある。 そこで日本の選手たちがどれだけ惜しみなく動けるかにかかっている。
[PR]
by theshophouse | 2006-06-05 23:42 | 蹴球狂の詩



思うところを書く。
by theshophouse
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
Critique
Asian Affair
蹴球狂の詩
Odyssey
Photographs
Iiko et Tama
Non Category
Food
Mystery
Design
アジア人物伝
Alternative
Books
Movie
Sounds Good
昭和
モブログ日報
F1
号外
Profile
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2001年 10月
フォロー中のブログ
国境の南
osakanaさんのうだ...
青いセキセイインコ推定4...
THE SELECTIO...
V o i c e  o...
わしらのなんや日記
90歳、まだまだこれから...
午前4時から正午まで
藪の中のつむじ曲がり
PISERO しゅうまい...
最新のトラックバック
エス東京オフィス
from はるの日常
才色兼備な「タイのセレブ..
from Boochanの宝探し
チベットでのジェノサイド
from わしらのなんや日記
経済別に選びたい放題!チ..
from Boochanの宝探し
IKEA for ママゴト
from わしらのなんや日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧