Top
カテゴリ:Food( 36 )
エンリケ
b0045944_2155771.jpg
 むかし東北沢にあって、最近中目黒に引越してきたバル・エンリケに行った。
 美味かった。 ハモンセラーノ・アウマード。 プリオスという白ワイン。 パンも。
b0045944_2161281.jpg
 2階にエンリケがいた。
[PR]
by theshophouse | 2010-06-24 02:13 | Food
駒沢通り沿いのしゅうまいバー
b0045944_23581011.jpg
b0045944_111399.jpg
 「しゅうまいバー」と聞いてまず最初に思ったのは、しゅうまいは酒の肴になり得るのかということだったのだが、見事になるのである。 それどころかお酒としゅうまいの関係は優れて良好なのであった。
 お店は小さなカウンターとテーブル席がひとつ。 おまかせコースを頼むと、客の食べるペースに合わせて蒸し上がったばかりのしゅうまいがカウンター越しに次々と供される。 感覚的には寿司屋や天ぷら屋さんに近い。 
 しゅうまいというのも実に奥の深い食べ物である。 中に入れる具材によって中華はもちろん和風も欧風も無国籍風もなんでもござれ。 その小さな包みの中に無限の宇宙が広がる。
 メインのお酒はイタリアワイン。 ラインナップは比較的手頃なキャンティやモンテプルチアーノなど、ラツィオやトスカーナ、アブルッツォ州、つまりイタリア中部のワインが中心。 このあたりがオーナーの好みなのだろう。
 特筆すべきは沖縄産のラム「COR COR」。 試しに飲んでみたがこれはヤバかった。 口に含んだ瞬間に濃厚な舌触りとともにすっと鼻に抜ける爽やかなホワイトラム。 むしろウォッカとラムの中間? うーん、沖縄恐るべし。


PISERO しゅうまい BAR

[PR]
by theshophouse | 2010-04-17 01:09 | Food
ドミノ・ピザのピザ・トラッキングショーが面白かった件


 ピザは自分でつくる方である。 強力粉と薄力粉をブレンドし、ぬるま湯とイースト菌と塩とオリーブオイルを加え、よくこねて作った生地を発酵させて薄く伸ばし、トマトソースを塗って刻んだモッツァレラチーズ(ドイツのは不可)を散らして予熱したオーブンで焼いて、最後にバジルを載せれば「ピッツァ」・マルゲリータのできあがりである。
 そんなわけで、宅配ピザを頼んだりする機会はなかなかなかったのだが、今夜は外食するにも出かけるのが億劫で、当然スーパーに材料を買いに行って作る気力も出ず、たまたまメニューが郵便受けに入っていたドミノ・ピザで済ませることにしたのだった。
 いまどき当たり前ではあるが、メニューを見るとネットでも注文できるようになっていて、なおかつネット注文だと割引も受けられるというので、一旦受話器を取り上げようとした手をマウスに持ちかえドミノ・ピザのサイトを開いてみた。
 ネット注文でありながら手元にある紙のメニューに付いていたクーポンも使える、なかなかツボを押さえた注文システムがそこにはあった。 しばらく縁がなかった宅配ピザの世界でも確実にeコマース化が進んでいた。
 しかし驚いたのはここからだった。 注文を確定すると、自分の注文したピザの状況をトラッキング(追跡)できるようになっていて、それだけならDHLみたいなクーリエやヤマト運輸のような宅配便でもやっているサービスなのだが、ドミノ・ピザの場合、それをショートムービー仕立てで見せてくれるのだ。 しかも、劇中やエンドロールにまでピザを注文した客の名前が表示されるなどなかなか凝ったつくりになっていて思わず見入ってしまった。 ビューティー・アドバイザーの小芝居が長すぎてワロタけどw
 ドミノ・ピザをネットで注文したことがない人で、もしこのさき注文する機会があるようでしたら是非ネットで注文することを激しくオススメします。

宅配ピザのドミノ・ピザ
[PR]
by theshophouse | 2010-03-03 22:33 | Food
冷凍 日清のどん兵衛 鴨南蛮そば
b0045944_016523.jpg
 昨年の秋ぐらいから連れ合いに「どん兵衛の鴨南蛮そばがとにかく凄い」としつこく言われ続けていたので観念して実食。
 ヤバいです。 これ。 「冷凍食品半額の日」なんかに買おうもんならコストパフォーマンス的にも満足度大。
 うちの場合、いつも行く近所のスーパーにはないので、少し離れたサミットまで買いに行くことになるのだが、とにかく店頭にあったらとりあえず買っとけ状態。 念のため製造元見てみたら・・・なんということでしょう! 既に生産終了! しかもカモとネギの原産地と最終加工地が中国orz 生産打ち切りの原因はこのあたりか?
 中国産と聞いてもなおあのカモネギの味と炭火焼きの香りは捨てがたい・・・。 「中国産」はきっと中国地方、岡山県あたりのことなのだろう。 在庫あったら即買いあるのみ。
[PR]
by theshophouse | 2010-02-08 00:20 | Food
IKEA恐るべし
b0045944_22194284.jpg
 「自称インテリアのプロ」でも面白いのがIKEA。
 以前は仕事場のすぐそばに港北店があったので何かにつけてよく出かけたのだが、行くと買い物する前に必ず食べるのがホットドッグセット。 ただでさえ安いのに最近さらにお安くなって150円。
 カウンターでパンにソーセージを挟んで渡されたものに自分でクリスピーオニオンとピクルスをトッピング。 このトッピング2種がかなりヤバい。 で、最後にケチャップとマスタードで一丁上がり。 コーヒー他ドリンクはお代わり自由。
 僕の場合、買い物を終えた後には同じビュッフェコーナーで50円のソフトクリームを食べて帰るというルーティーンが確立されているのだが、今日パーキングへ向かうエレベーターに乗ったら壁に新しいメニューが貼ってあるのに気づいた。 「モーニングプレート 99円」だそうである。 ソーセージ、オムレツ、ミックスベジタブルがワンディッシュになっている。 これに70円のドリンクバーで立派な朝食である。 9:30~11:00までの限定メニューだそうだが、近くに住んでたらけっこう使えるかも。
 こういうの見ると、世の中やっぱりデフレなのかと思ってしまうのだが、マルキストの金融相と老害の財務相を筆頭にマクロ経済を理解している人間がいない今の政権にはこの「世界中でほぼ日本だけ通貨高株安」という異常事態を打開する知恵はない。
 事業仕分けという猿芝居でたかだか1兆円を削減して「達成感に包まれている」うちに新政権発足以降TOPIXの時価総額は35兆円以上失われた。 そのうえこの後の復活折衝で事業仕分けの「削減額が削減」されるのは必至。
 自分も含め、こういう無能な連中に国の舵取りを任せた国民が一番悪い。

 実はIKEAにはクリスマスツリーを見に行ったのだが、検疫所で輸入されてきたツリーから虫が出たそうで、十分な在庫を確保できず、既に今年の分は完売したそうである。


IKEA 港北 レストラン
[PR]
by theshophouse | 2009-12-02 22:54 | Food
Thailand×Spain×Yurakucho
b0045944_0481849.jpg
 アートフェアの帰り、久しぶりに有楽町で食事をすることに。 ガード下に沿って歩いていると一軒のタイ料理店を発見。 「全品均一630円」という価格設定につられて潜入。 「あろいなたべた有楽町店」
b0045944_0484218.jpg
 内部はこれぞガード下といった感じで極狭なのだが、猥雑は雰囲気は望むところ。 注文からほどなく料理がテーブルに並ぶ。 早っ! この時点で「安い、早い」まで達成。 あとは味だが、特別美味しいわけではないものの、まあ合格点。 日本人好みにしてあるせいか、あまり辛さは感じられない。
b0045944_0485587.jpg
 スタッフは全員タイ人。 それにしても食器類がオールステンレスで昔の洋食屋風味なのはいかがなものか。 個人的にはタイの屋台の定番であるプラスチックの安っぽいやつにして欲しかった。 しかしながら、有楽町のガード下でタイ料理が食べられるというそれだけでもこの店は価値がある。
b0045944_0491389.jpg
 店を出て時計に目をやるとまだ早い。 ちょうどタイ料理屋と背中合わせでガードの反対側に「TRAVEL CAFE」というスペインバルがあったので軽く1杯。 タパスが美味しくて1杯のつもりがついつい2杯。 こちらは同じガード下なのにも関わらず天井が高い。 やっぱりガード下にはこういう飲み屋が似合う。
 手近なところで僕の大好きなタイ料理とスペイン料理が味わえる、有楽町にまたとない場所である。
[PR]
by theshophouse | 2009-04-15 00:50 | Food
マッシュルームのお手軽タパス
b0045944_0234373.jpg
 バルで食べてからというもの、その美味しさに病みつきになったのが「マッシュルームの陶板焼き」。 定番中の定番のタパスだ。
 とにかくワインやビールによく合うし、そのうえ作るのも簡単とくれば、自分で作らない手はない。 拍子抜けするぐらい簡単なそのレシピをご紹介したい。
b0045944_0222730.jpg
 マッシュルームの軸をくり抜く。
 ちなみにマッシュルーム、スーパーなんかではだいたい小ぶりのホワイトマッシュルームが5個入りぐらいのパックで300円ぐらいで売られているのだが、意外に穴場なのが玉川高島屋の明治屋。 大ぶりで香りも良いブラウンマッシュルームが12個入り400円ぐらいで売られていてかなりお得。 近隣にお住いの方にはオススメである。
b0045944_0224887.jpg
 みじん切りにしたにんにく、生ハム、パセリの順で詰める。
 やはり生ハムはハモン・イベリコといきたいところだが高いのでハモン・セラーノでもOK。 ただ火を通すので生ハムであれば何でも良い(笑)。
b0045944_0231283.jpg
 本来なら陶製のキャセロールに入れて直接火にかけるのが気分だが、あいにく持ってないので、小さめのフライパンにオリーブオイルをひき、マッシュルームを並べて火にかける。 マッシュルームの上からもオリーブオイルをまわしかけ、フライパンの底に溜まったオイルをすくって上からかけ、蓋をして蒸し焼きにする。
 これだけでも十分美味しいのだが、最後にオーブントースターや魚焼きグリルにアルミホイルを敷いて載せ、焦げ目をつけるとさらに美味しいのだ(今回は省略)。
[PR]
by theshophouse | 2009-02-03 00:35 | Food
根津の串揚げ処 はん亭
b0045944_314136.jpg
 このところ食べ物についてのエントリーが続いているなあと思いつつまだ続く。
 「はん亭」は串揚げのお店。 明治に建てられ関東大震災にも耐えた木造の3階建ての日本家屋はもともと運送屋の季節労働者用の寮だったそうである。
 つい最近になって道路の拡張により不忍通りに面した部分を削り取られ、蔵の切妻の屋根の稜線はその途中で見るも無残にぶった切られたものの、そのままなら目を背けたくなるような切り口を鉄のフレームで補強し、なおかつそれ自体が巨大な縦格子となって視覚的な緩衝地帯をつくり出し、例えが適切かどうかは別として、かつての格子女郎を覗き見るようなミステリアスな雰囲気の中に建物を浮かび上がらせている。 歴史的な建造物の保存と継続利用のための大胆かつユニークなソリューションである。
 1階はテーブル席で、2階と3階がお座敷席になっている。 串揚げは基本的におまかせで「串揚げ6本、お通し2品、生野菜」2,835円の一の膳以降は自分のおなかと相談して追加し、以降はストップするまで次々と串が供されるシステムである。 山海の旬の素材をふんだんに使ったその美味しさは言うに及ばない。 串揚げというのは相性のいい酒を選ばない八方美人な食べ物で、ビールも日本酒も焼酎もワインも何でも合う。 大阪の新世界で食べる串カツも大好きだけど、ちょっとお上品な東京の下町の串揚げも大好きだ。
 お店のホームページにも掲載されている「串揚げの召し上がり方」という小冊子には英語表記もあり、外国からのゲストなどをもてなす場所としても利用価値は高い。 はん亭のある根津・谷中界隈には有名な外国人旅行者向けの「澤の屋旅館」なんかもあったりするので外国人の客も多いようである。
 実を言うと、はん亭のすぐそばに取引先の額装屋さんがあってたまに行く。 今度は昼間に行ってみよう。


お店DATA
………………………………………………………………………………………………………
●店名 : はん亭
●場所 : 東京都文京区根津2-12-15
●TEL : 03-3828-1400
●営業時間 : 11:30~15:00(LO14:00)、 17:00~22:00(LO21:30)
●定休日 : 月曜日
●Website : http://www.hantei.co.jp/
[PR]
by theshophouse | 2008-12-30 12:00 | Food
PiSeRoの肉まん
b0045944_053318.jpgb0045944_0541322.jpg
b0045944_0563157.jpgb0045944_0561977.jpg
 PiSeRo(ピセロ)は東急東横線の学芸大学の駅から歩いて3分のところにある肉まんと花巻、饅頭(まんとう)のお店。 本場台湾の肉まんです。
 新しいお店でもないし、味については「食べログ」等で既に言い尽くされているので、僕があらためて書くようなことは何もないけれど、何を食べてもとても美味しいの一言。 文章よりも写真をお見せした方が美味しさが伝わると思うので、上の写真をご覧ください(クリックで拡大)。 いつも持ち歩いてるオリンパスの安いデジカメで撮った写真なのでアレですが、雰囲気ぐらいはおわかりいただけるはず。
 もちろん「百見は一食にしかず」である。 駒沢通り沿いで駐車場はないものの、不景気のせいか(笑)最近になってすぐそばににコインパーキングが続々と出来ているのでクルマで行ってもちょっと寄って買えるようになったのは嬉しい限り。
 僕のオススメは「キャベツ肉まん」です。


お店DATA
………………………………………………………………………………………………………
●店名 : PiSeRo(ピセロ)
●場所 : 東京都目黒区鷹番3-19-19
●TEL : 03-3760-8860
●営業時間 : 10:30~19:00(火曜~土曜)、 10:30~18:00(日曜)
●定休日 : 月曜日
●Website(blog) : http://pisero.exblog.jp/

b0045944_112683.jpg

[PR]
by theshophouse | 2008-12-26 01:11 | Food
シャーロックホームズのハンバーグ
b0045944_222258.jpg
 「シャーロックホームズ」に行った。 2度目である。
 思えばこれまでの人生でさまざまなハンバーグを食べてきたものだが、シャーロックホームズのそれは間違いなくベスト3に入るものだ。 2度の機会でそれは確信に変わった。
 ハンバーグほど各々の店で出されるその内容に個体差が生じるメニューというのもない。 地元の食堂「きさらぎ亭」のハンバーグ定食のハンバーグは「おばあちゃんのハンバーグ」といった趣き。 一方、新宿のしょんべん横町の定食屋で頼んだハンバーグ定食。 ほどなくしてお皿に乗っかってきたのは紛れもない「石井のハンバーグ」だった。
 ただ、個人的に石井のハンバーグ(ミートボールも)は好きだったし(笑)、場所も場所だし、値段も500円だったし・・・ということで「まあいいか」と納得して食べた。
 しょんべん横町で思い出すのは「つるかめ食堂」の「ソイ丼」である。 東京に出てきて間もない頃、ぶらりと入ったつるかめ食堂のカウンターで「さて何を注文したものか・・・」と迷っていると、後から店に入ってきた当時阪急で活躍していたアニマルそっくりの外国人が、慣れた口調で「Soidon!」と注文したのであった。 そんな怪しい外国人につられて思わず注文したソイ丼。 それが新宿を代表するソウルフードであることは後で知るのだが、大豆と挽き肉をカレー味で炒めて煮たものをご飯にぶっかけたところに唐突にスモークハムを乗っけた、これぞB級グルメの王道というスタイルのどんぶりである。
 と、書いてたら無性にソイ丼が食べたくなった。 話も本筋からそれたので、これについては今度何年ぶりかであらためて食べに行ってから書くことにする。 今日のお題はシャーロックホームズのハンバーグ。
 シャーロックホームズは東京都下に3店舗を構えるハンバーグレストランである。 町田に2店舗、立川に1店舗。 こうした立地条件ながら「食べログ」の「東京ハンバーグレストランランキング」でも常に上位に顔を出している。
 和牛100%の俵型よりも更に長い棒状のハンバーグ。 レアで食べるのがデフォルトだが、レアだと口の中で溶けてしまうようなおぼろげな食感なので、食べ応えという点では逆に物足りなさを感じてしまうほどである。 あらかじめ厨房内の備長炭でグリルされ、最後に客席テーブル上にて焼き加減を調整して仕上げてくれる。 6種類のソースを選べるのも嬉しい。 一例を挙げると、標準的な1,980円(税別)のハンバーグセットでハンバーグの他にチキンとソーセージ、付け合わせの野菜もかなりのボリュームである。 これにライスかパン、スープ、サラダ、デザートの盛り合わせ、ドリンクがつく。
 ある人は食べログにこの店のことを「ハンバーグは美味いが、デザートは不味くて食べられない」などと書いているが、いったい何様のつもりなのだろうか。 まるで何処かのフレンチ・レストランで10,000円のコースでも食べたかのような口ぶりである。 僕も食べたがデザートは十分美味しかった。 もちろん値段とか店の雰囲気とか様々な要素を考慮したうえでそう思う。 はっきり言ってこの値段でデザートの4点盛り(ケーキ、アイスクリーム、シャーベット、フルーツ)がつくことじたい破格なのであり、あくまでハンバーグがメインのレストランでこれ以上のデザートが食べたいのなら自分で他所のケーキ屋にでも行って食えばいいのであって、わざわざネットに「デザートは不味くて食えない」などと美食家よろしく書き込んで悦に入ってるというのはとても滑稽なものだ。 まあこの程度の書き込みなら笑って済ますこともできるだろうが、モンスター・ペアレントに続き、こういう勘違いも甚だしい自己中の「モンスター・コンシューマー」も増殖しているのだろう。
 ご親切にも政府は「消費者庁」なるものを創設してクレーム対応を一元化しようとしている。 本来なら各々の企業のお客様相談室あたりがやるべき仕事にわざわざ役人のポストを用意しても新たな利権構造を生むだけであり、まともなクレームだけならいざ知らず、こうしたモンスター・コンシューマーのカタルシスの壮大なツールにされるのがオチだ。 これこそ税金の無駄使い以外の何物でもない。
 そうかと思えば、検索して人様のブログを見にきたら、そこで自分が心酔するデザイン家電が批判されていることに逆上し、珍妙なHNとDQNワードでコメント欄を汚し、その書き込みに管理人から罵倒レスつけられて逆ギレし、今度は他のエントリーのコメント欄に別のHNで殺害予告して警察に通報されるような「モンスター・コメンター」もいる。 今年の夏、このブログでの出来事である。
 事実、今回僕からの通報を受理していただいた警察庁のサイバー犯罪係の方にはご面倒をかけることになってしまったわけだが、こちらとしても「殺害予告」という一線を超えた脅迫を受けた以上看過するわけにもいかず、しかるべき対応をとる以外にない。 世の中に跳梁跋扈するバカどものせいで本来不要な部署や機関の需要もまた増える。 本来ならもっと生産的な仕事をしていたであろう多くの人々がバカどもの対応に貴重な時間を浪費し、人生を忙殺される。 バカは存在そのものが罪悪だが、無論バカどもはその事について無自覚だ。 また話が本筋からそれた。
 シャーロックホームズ。 そんな殺伐とした世の中に、ひとときの幸福を運んでくれるハンバーグである。


お店DATA
………………………………………………………………………………………………………
●店名 : シャーロックホームズ 町田街道店
●場所 : 東京都町田市根岸町144-1
●TEL : 042-792-2901
●営業時間 : 11:30~15:00(LO14:00)、 17:30~22:30(LO21:30)
●定休日 : 火曜日
●Website : http://homepage2.nifty.com/shiroganetei/sl-index.htm
[PR]
by theshophouse | 2008-12-25 23:31 | Food



思うところを書く。
by theshophouse
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
Critique
Asian Affair
蹴球狂の詩
Odyssey
Photographs
Iiko et Tama
Non Category
Food
Mystery
Design
アジア人物伝
Alternative
Books
Movie
Sounds Good
昭和
モブログ日報
F1
号外
Profile
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2001年 10月
フォロー中のブログ
国境の南
osakanaさんのうだ...
青いセキセイインコ推定4...
THE SELECTIO...
V o i c e  o...
わしらのなんや日記
90歳、まだまだこれから...
午前4時から正午まで
藪の中のつむじ曲がり
PISERO しゅうまい...
最新のトラックバック
エス東京オフィス
from はるの日常
才色兼備な「タイのセレブ..
from Boochanの宝探し
チベットでのジェノサイド
from わしらのなんや日記
経済別に選びたい放題!チ..
from Boochanの宝探し
IKEA for ママゴト
from わしらのなんや日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧