Top
カテゴリ:Iiko et Tama( 36 )
たまちゃん二度目の退院
                     ▲
                  「たまちゃん」

 5日間の入院治療を終えたたまちゃんが無事退院、帰宅した。
 とはいえまだ自宅で安静にし、投薬治療を続けなければならない。 鳴き声もまだ心なしか元気がない。 それでも病院に連れて行った時に比べれば全然元気な様子で一安心。
 たまちゃんの入院費を払ったため、今月の僕の小遣いはほとんどなくなった。
[PR]
by theshophouse | 2010-02-06 22:40 | Iiko et Tama | Comments(2)
たまちゃん二度目の緊急入院
b0045944_22274254.jpg
 たま吉の具合が急に悪くなったのでかかりつけの豪徳寺のリトル・バードに診せに行った。
 おりしも東京は昨夜からの雪で辺りは一面真っ白。 思えば4年前、やはり2週間の入院治療を余儀なくされ、ようやく退院することになったたま吉を迎えに行ったのも雪の日だった。 一年のなかで最も気温が低いこの時期はたま吉にとって鬼門なのかも知れない。
 前回の轍を踏まぬため、大事にならないうちに早めに診察に連れて行ったつもりだったが、先生の診断はまたしても「要即入院」だった。 どうやら何らかの感染症の疑いがあるらしい。 これからまたレントゲン、点滴、投薬、強制給餌という一連の治療が入院中に行われることになる。 たま吉が無事で帰って来てくれることを祈るばかりだ。
 また部屋に望まぬ静寂が訪れた。
[PR]
by theshophouse | 2010-02-02 23:05 | Iiko et Tama | Comments(0)
最近のたまちゃん
b0045944_20482421.jpg
 歳をとったせいか、最近は朝がやたらと早くて、夜就寝するのが妙に早くなった。
 早朝、それも明け方から、禅宗の僧侶が朝の読経に臨むかの如く黙々と喋り続けている。 寝苦しさを伴う夏の朝の暑気とたまちゃんの圧倒的な声量の読経があいまって、ただでさえ浅い眠りは早朝から破られる。
 だが、それがいい。
[PR]
by theshophouse | 2009-07-18 21:16 | Iiko et Tama | Comments(0)
たまちゃんのようつべほろ苦デビュー

 たまちゃんのが季節外れの水浴びを始めたというのでカメラ片手に行ってみた。 が、蛇口から出ている水と戯れてはいるものの、正直水浴びというところまではいっていない。
 あまりの思い切りの悪さに痺れを切らし、やや強引に水を浴びさせている状況。 最後はそんな仕打ちに「何すんだ!?」と飼い主をガン見したところで終了。
 たまちゃんのYouTubeデビューはほろ苦いものとなった。
 ちなみにこの子のような状態になって初めて「真のミズアビスト」といえる。


 世の中にはぬこと心を通わすオウムというのもいるらしい。


[PR]
by theshophouse | 2009-01-30 22:28 | Iiko et Tama | Comments(2)
Tama strikes back !
b0045944_254441.jpg
 久しぶりのたま吉である。
 あまりに長期間登場しなかったので、なかには「たま吉もついに逝ったか・・・」と思っておられた方もいるかも知れない。 しかし、御覧のように健在である。 まだよちよち歩きのうちに我が家に来たのが2002年の秋なので、まるまる6年になる。
 いつもはリビングの鳥かごにいるのだが、僕がリビングから自分の部屋のデスクの前に移動したりすると、リビング→廊下→僕の部屋と飛行して、PCのキーボードの上にランディングしてメッセージをしたためる。

 、。・;お;l

 言わんとしていることはだいたいわかる・・・はずもない。 口の減らないのも相変わらずで、最近は「トリクサイ(鳥臭い)」を11回連呼したりする。 もちろんこのCMの影響だ。


 ともあれ、元気だ。
[PR]
by theshophouse | 2008-12-09 03:05 | Iiko et Tama | Comments(0)
剛毛披露
b0045944_23543994.jpg
 久しぶりにたま吉でエントリーしたら、いつもは皆無のコメントが3つも入ってやや有頂天になっている僕です。 これに味を占めてたま吉ネタ連投。
 前のエントリーで、たま吉がいま換毛期に入っていることを書いたけれど、この時期はとにかく自分で体中の毛という毛を抜いてしまうのである。 この時期のたま吉の抜け毛たるや、一箇所にまとめて布袋に入れて小さなクッションにしてしまおうかというぐらいである。 当然それだけ抜くと、色はまだらになるし、羽根の付け根(人間でいうと脇の下にあたるところ)や目の周囲などかすかに地肌が見えるところもあるし、見てくれはかなりダウン、男っぷりもイマイチで冴えない状況となってしまう。
 だが、しばらくすると毛が抜けたところにニョキニョキと直径1ミリぐらいの剛毛が生えてくる。 なぜこんなに太いのかというと、この剛毛、実はたくさんの毛が束ねられた状態になっていて、伸びきってしまうと一気にパラけていつものフワフワ毛にメタモルフォーゼするのである。 この時期、たま吉のトサカには剛毛がツンツンしていて、なんかやんちゃ坊主のようなルックスになってしまう。 でもこれはこれで愛らしかったりする。
 以上、またしてもインコバカの戯れ言ですた。OTL
[PR]
by theshophouse | 2006-03-09 23:58 | Iiko et Tama | Comments(0)
たま吉@自宅療養中
b0045944_20123634.jpg
 このところたま吉の話題はごぶさたしていた。 2週間に及ぶ入院から生還し、自宅療養を続けてきたのだが、三寒四温、春の足音が聞こえてくるとともに、ここにきてようやく完全復活の兆しが見えてきた。 退院後、一時増減を繰り返していた体重も40グラムで安定し、元気を取り戻してきた。 入院中に一緒だった他の鳥から伝授されたのか、独特の新しいおしゃべりも披露したりしている。
 現在は換毛期の真っ只中で、その直前に撮影した写真のような自慢のふさふさ毛は見る影もないが、元気溌剌である。 花粉症の僕が、鼻をかむためティッシュ・ペーパーを箱から取り出すたび、どこで覚えたのか「じゃっ!」と、意味不明な雄たけびをあげて僕の肩に飛んできてはティッシュを奪い取ろうとする。 正直、この時期はうざったくも感じるのだが、病気で毛をふくらませてじーっとしていたあの夜のことを思うと、そのたびに追い払うわけにもいかず、時には僕が鼻をかんでいるティッシュの端をたま吉が必死に噛んでいるといった状況になる。
 たま吉よ、もう入院だけは勘弁な。
[PR]
by theshophouse | 2006-03-08 20:17 | Iiko et Tama | Comments(8)
たまちゃん退院!
たまちゃん退院

 たま吉が生還した。
 1月21日、たま吉を引き取るため、都内では8年ぶりの大雪にクルマのタイヤを派手に空転させながら病院へ向かった。 入院は二週間に及んだ。 最初の3日間はICUに入れられた。 造影剤を入れられてレントゲンを2回撮られた。 それでもどうにか死地を脱し、まだ流動食ながら食欲も戻り、一時30gにまで落ち込んだ体重も40gにまで戻った。
 天寿を全うするような歳なら仕方ないとも思うが、たま吉はまだ子供、なにせうちに来て3年とちょっとなのだ。 まだまだ面倒を見てやらなければ、と思う。 ただしその代償は高くついた。 退院時、会計で示された診療明細を見て腰を抜かしそうになった。 プーケットあたりの4泊5日のパック旅行ぐらいは軽く行けそうな金額だ。 それでもたま吉の命には代えられない。 お金なんて単なる道具、紙切れに過ぎない。 そんな代物に一喜一憂し、時に破滅する人間たち。 お金を道具として使っていたはずが、いつの間にか立場が逆になってしまい、気がついたら金に使われていた、なんて人生だけはまっぴらだ。
 金は天下の回り物。 自分で回しちゃいけません。


 このところ世知辛い話ばっかりですね。 そんな話題に食傷気味のアナタに! ヘッドホンで聴くとさらに臨場感がアップして(・∀・)イイ!! 笑い過ぎにご注意を。 鑑賞中、口にお茶やコーヒー等を含むのは危険です。

中村屋
[PR]
by theshophouse | 2006-01-23 23:37 | Iiko et Tama | Comments(6)
たまちゃん緊急入院
 昨日仕事から帰ったらどうもたま吉の様子がおかしい。 ゲージを開けるといつもすぐに僕の肩に飛んでくる元気なたま吉。 それが昨日に限っては寒そうに羽根を膨らませてじっとしている。 朝まではいつもと何ら変わらぬ様子だったのに、餌もほとんど食べていない様子でかなり具合が悪そうだ。
 「こりゃいかん。」 焦ってはみたものの、かかりつけの動物病院は既に診療時間外。 幸いたま吉もなんとか自分で餌をたべようとする元気だけはどうにかあるようなので、食べられない餌の代わりに砂糖水を作って与えてみた。 冬場いつも寝る時にはつけてあるゲージ内の保温器に加えて、一晩中エアコンをつけっ放しにして部屋中を暖め、ゲージには新聞紙で目張りをし、更にその上から毛布をかけた。 午前4時までゲージのそばで様子を見守っていたが、たま吉の様子が安定していたので寝ることにした。 4時間後には妻が起きて様子を見てくれるだろう。
 翌朝、朝イチで病院に連れて行くと、先生はたま吉の様子を一瞥するなり僕にキツイお叱りの言葉を下さった。 この先生はいつだってけっこうキツイことばかり言うのだが、先生曰く「鳥は具合が悪くなる直前まで平気なように振舞うので、微妙な体重の増減や便の状態などを日々チェックするのが飼い主の責任です。」
 ごもっともである。 もちろん僕らなりに気は使っていたつもりだったが、容態が急変したのも事実。 未熟な飼い主である僕らにはその微妙な変化がわからず、そのせいでたま吉につらい思いをさせた。
 先生はA4の無地の紙を取り出し、そこにたま吉の症状と、そこから類推される疾病、対症療法についてメモをしながら説明していった。 そしてひととおり説明を終えてその紙を裏返すと、それは「入院案内」という、入院についての様々なディテールが箇条書きされた紙だった。 「たまちゃんには入院が必要です。 ここに記されている各項目についてご了解いただけるのであれば、一番下にあなたのサインをお願いします。」
b0045944_223762.jpg
 久しぶりの二人だけの食卓は、静かだった。 しばらくの間、たま吉とその存在がもたらす愛すべき喧騒は僕らの前から忽然と消えてしまった。
 たま吉よ、元気になって一日も早く僕らの元に戻ってきておくれ。
[PR]
by theshophouse | 2006-01-09 01:50 | Iiko et Tama | Comments(6)
動物バトン
b0045944_2471547.jpg
ちょっとピンボケ・・・

 とってもかわいいセキセイインコのエド君の飼い主、edo195さん から「動物バトン」が回ってきました。 バトンは遠慮させていただいているのですが、edo195さんには以前僕からMusical Batonを回した経緯もあり、ここはきっちり返礼させていただきます。

Q1. あなたの一番好きな動物はなんですか?
    ヒト科の♀
Q2. あたなは現在、動物を飼っていますか?
    セキセイインコ1羽
Q3. その子のお名前&性別&お歳は?
    たま吉 ♂ 3歳半
Q4. その子はどんな性格ですか?
    荒法師
Q5. その子の癖や特技は何ですか?
    電線音頭、不思議な踊り、接客、宇宙語披露
Q6. その子の好きなモノは何ですか?
    皮付きエサ、カルボーン、リンゴ、産経新聞の「主張」のあたり
Q7. その子のチャームポイントは?
    いいこなこと。
Q8. その子を人間に例えると誰ですか?
    杉 兵助
Q9. もし次に飼うならどんな動物を飼いたいですか?
    猫(捨て猫)
Q10. 最後にその子にメッセージをどーぞ♪
     長生きしてね。

バトンを渡す(渡したい)方々ということで・・・。

畑 正憲 様
松島トモ子 様
チロタン 様
    ・
    ・
あとは思いつかないんですが、もしこのエントリーを見た方でバトンをリレーして下さる方がおられましたらコメント下さい。
[PR]
by theshophouse | 2005-10-01 22:08 | Iiko et Tama | Comments(0)



思うところを書く。
by theshophouse
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
Critique
Asian Affair
蹴球狂の詩
Odyssey
Photographs
Iiko et Tama
Non Category
Food
Mystery
Design
アジア人物伝
Alternative
Books
Movie
Sounds Good
昭和
モブログ日報
F1
号外
Profile
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2001年 10月
フォロー中のブログ
国境の南
osakanaさんのうだ...
青いセキセイインコ推定4...
THE SELECTIO...
V o i c e  o...
わしらのなんや日記
90歳、まだまだこれから...
午前4時から正午まで
藪の中のつむじ曲がり
PISERO しゅうまい...
最新のトラックバック
エス東京オフィス
from はるの日常
才色兼備な「タイのセレブ..
from Boochanの宝探し
チベットでのジェノサイド
from わしらのなんや日記
経済別に選びたい放題!チ..
from Boochanの宝探し
IKEA for ママゴト
from わしらのなんや日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧