Top
gdgd、されど貴重な勝ち点3
b0045944_16474658.jpg
 見ての通り、バーレーンは大した戦術もなく、ラフプレーばかりのへっぽこチームだった。 3次予選の際こんなチームに負けた我らが代表も相当お粗末だったとあらためて思う。 
 W杯最終予選バーレーン戦。 日本は3対2で「辛勝」した。 後半40分までの楽勝ムードはどこへやら。 最後は一人少ない相手に押し込まれっ放しのなかで終了の笛を聴いた。
 立ち上がりの15分はいいサッカーをしていたと思う。 4-2-3-1も機能した。 人もボールも動いていた時間帯もあった。 だがそれも長続きはしない。 もっとも気温30度を超す過酷なコンディションのなかでの試合である。 むしろ行く時と行かない時のメリハリがあったと見るべきだろう。 前半18分に中村の見事なFK、同44分にはPK職人・遠藤のコロコロPKが決まってリードし、試合の主導権を握った。
 後半はバーレーンが攻勢に出る。 中盤での日本のプレスの網を避け、後方からロングボールを蹴ってきたが、中澤と釣男が跳ね返す。 耐える時間帯が続いたが徐々にペースを取り戻し、逆にバーレーンは退場者を出して自滅モードに。 後半32分には長谷部と田中達也がともに決定的なチャンスをバーに当てる大失態を犯して嫌な空気を醸し出したが、松井に代わって起用された中村憲剛が40分にミドルシュートを決めて3対0とし、試合を決定づけたはずだった。
 ところがやはりああいうところで決めておかないとあとで借りを返す破目になる。 後半42分、右サイドからのミスキックとしか思えない低いクロスを、その直前に長谷部に代わって入っていた今野がエリア内で豪快にスルーし、そのまさかのスルーに釣られるように内田の対応も遅れ、相手14番にフリーでボールを渡してしまい1点を献上。 この1点によってやや雲行きが怪しくなりはしたものの、この時点ではまだバーレーンの闘争心に火が点いたわけではなかった。
 バーレーンは続けざまにダメ元のロングボールを放り込むぐらいしか手がなかったが、これまでそれを跳ね返し続けてきた釣男が頭でまさかのバックパス。 飛び出してきていた楢崎との連係が合わずにオウンゴールとなって3対2。 2分前までの楽勝ムードは完全に吹っ飛び、一人少なくなって自滅モードに入っていたバーレーンの選手たちも突如ガソリンを注入されたかのように前がかりになってきた。 一方、後半40分まで自信に溢れたプレーをしていた日本代表は、今や流通経済大の2軍に敗れた時の「代表史上最弱」チームに変わり果てていた。
 
 最後のドタバタの原因は中澤と釣男のラインコントロールに起因すると思う。 たしかにアウェーでの大事な初戦である。 極力リスクを廃したやり方に徹することも必要だったとは思うが、後半はロングボールを蹴られ続けることで最終ラインがズルズルと下がり、ペナルティエリア内に入ってしまうことも多く、最終ラインとボランチの間に生まれたスペースをA・フバイルに使われてシュートを許す場面も見られた。 後半40分の今野の投入はそのスペースを埋めて繋ぎ役に徹する、まさに守備固めのためだったはずだが、今野はその仕事を全うすることができなかった。
 そもそも後半の20分過ぎから相手は一人少ない状況だったのである。 もう少しコンパクトな布陣を保つことも十分可能だったはずだ。 それができないのは、今の日本代表に明確なコンセプトが存在しないことを表しているのかも知れない。 結局最後の最後で日本はまたもバーレーンのやり方に合わせるという前回と同じ轍を踏むことになってしまった。
 とはいえ、大事なアウェーでの初戦で勝ち点3をもぎ取ったことは評価すべきである。 もはや岡田政権下の日本代表にオシム時代の華麗?なサッカーなど誰も期待してはいまい。 泥臭くても、愚直でも、お粗末な内容でも、ただ結果を出してくれさえすればそれでいい。

b0045944_239405.jpg

追記(9/8)

 あの中東産油国御用審判として名高いマレーシアのサレー主審がまたやってくれました!
 2010年W杯アジア最終予選、日本と同じA組のカタール対ウズベキスタン戦。 カウンターを仕掛けたウズベキスタン。 左からのスルーパスに反応してエリア内に侵入したゲインリヒがタックルで倒される。 全地球的にPKが宣告されるはずのこのシーンでも、サレー主審は倒されたゲインリヒに毅然とシミュレーションのイエローカードを出した。(2:00~3:01あたり)
 実況の慌てっぷりも凄まじいw
 「またやってるな」と思いつつ、動画を見直してみたが、カタールの1点目のFKが決まるきっかけになったファウルの判定も、その判定自体に異論はないが、イエローまで必要なほど悪質なものだったとは思えない。 まあ掴んでるっちゃあ掴んでるけどw(0:15~1:47あたり)
 このサレーの野郎、日本と中東勢の試合でも笛を吹く可能性がある。 その時には対戦相手以上の警戒が必要になるだろう。



FAIR JUDGEMENT, FAIR BROADCASTING PLEASE !!

[PR]
by theshophouse | 2008-09-07 16:52 | 蹴球狂の詩 | Comments(8)
Commented by そよかぜさとちゃん at 2008-09-07 18:58 x
長々と素人ごときが、ごたくを並べやがって。勝ったんだから素直に喜べよ。たかが外野のくせして、とりあえず体を張って頑張った選手にありがとうの言葉ぐらいないのかよ!
Commented by iop at 2008-09-07 19:01 x
初めまして。
サッカーは何が起こるか判らないと良く言いますが、これほどその言葉を痛感させられた事は無かったように思います。
実力差のある相手に、予定通り3点差を付けて試合終了を待つだけみたいな状況だったはずが、一転して本気で引き分けを心配させられる事になるとは、、、、
何でかなぁと思いますが、やはり、暑さのせいとしか思えません。

コンセプトの存在という視点で論ずるのであれば、夏に中東で試合するという事がどういう事か代表を応援する者全体が同じコンセプトに沿って評価、批評した方が良いのだろうと思います。
「夏の中東での試合で代表のパフォーマンスを評価すべきではない」というコンセプトを。
Commented by 通りすがり at 2008-09-07 20:59 x
そよかぜさとちゃん<
ブログなんて日本中で素人が文句たれてるみたいなものだし、嫌なら見なければいいんじゃないですか?
そもそも、完封してたらみんな絶賛してたはず。暑いのは相手も一緒。バーレーンも走れてなかった。
世界の強豪は、良いプレーをしないと決して褒めない。
「暑いのによく頑張ったね」って言って誰のためになるのですか?
Commented by GP at 2008-09-07 21:48 x
評価うんぬんについては人それぞれだし、好きに書いてもらって構わないのだけど、「釣男」って何?失礼すぎません?
普通ワタシこういうのにコメント入れた試しないんですけど、黙ってROMってるにはちょっと腹が立ちましたよ。
彼らは曲がりなりにも日本を代表して戦っている選手たちなのですから、最低限の敬意は払って欲しいですね。台無しです。
Commented by theshophouse at 2008-09-08 11:27
>そよかぜさとちゃんさん

感  動  を  あ  り  が  と  う  (棒

こんなんでいいでしょうか?
Commented by theshophouse at 2008-09-08 11:32
>iopさん はじめまして。 コメントありがとうございます。
おっしゃるように暑さのせいで集中が緩んだとしたら本当にお粗末ですね。

「代表を応援する者全体が同じコンセプトに沿って評価、批評した方が良い」というのは僕には全体主義的に思えます。
サッカーには一握りのスタンドで観る人がいれば、その他大勢のテレビで観る人がいます。 テレビで観ている人のなかにも、かじりついて真剣に観る人もいれば、酒飲んで仲間と騒ぎながら観る人もいるでしょう。
不特定多数の人によって様々な視点と視座から複合的に語られるのが今日的なサッカー言論ではないでしょうか。

僕はコンセプトというものについては少し違う考え方を持っていて、「それが確立していれば、環境や対戦相手が変わろうとも、チームの方向性のブレの振幅を少なくすることができるもの」というふうに考えています。 共通認識という言葉に置き換えられるかも知れません。
後からピッチに送り出された控えの選手のパフォーマンスを見る限り、今の岡田ジャパンにそれが存在しているとは思えませんでした。 後半40分に投入されておいて暑さは理由にならないでしょうし。
Commented by theshophouse at 2008-09-08 11:35
>通りすがりさん ついこないだ時差ボケのウルグアイにボコられたばかりだというのに、早くも日本中に蔓延するヌルい空気。
どうしたもんでしょうか・・・。
Commented by theshophouse at 2008-09-08 11:37
>GPさん すいません、何かのコピペかと思わずググってしまいましたw
あのナイスヘッドがなければ「闘莉王」に昇格してたかも知れません。 たぶん。
<< 是我在遊泳 Spaghetti al Ne... >>



思うところを書く。
by theshophouse
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
Critique
Asian Affair
蹴球狂の詩
Odyssey
Photographs
Iiko et Tama
Non Category
Food
Mystery
Design
アジア人物伝
Alternative
Books
Movie
Sounds Good
昭和
モブログ日報
F1
号外
Profile
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2001年 10月
フォロー中のブログ
国境の南
osakanaさんのうだ...
青いセキセイインコ推定4...
THE SELECTIO...
V o i c e  o...
わしらのなんや日記
90歳、まだまだこれから...
午前4時から正午まで
藪の中のつむじ曲がり
PISERO しゅうまい...
最新のトラックバック
エス東京オフィス
from はるの日常
才色兼備な「タイのセレブ..
from Boochanの宝探し
チベットでのジェノサイド
from わしらのなんや日記
経済別に選びたい放題!チ..
from Boochanの宝探し
IKEA for ママゴト
from わしらのなんや日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧