Top
どうしようもない藤井アナの亡国実況と日本の両サイド
 試合が行われたラジャマンガラ・スタジアムは、僕が観戦するつもりだった昨年のアジアカップ、タイ対オーストラリア戦が行われた場所。 ちなみにこの試合、タイは終始アグレッシヴなサッカーを展開したが詰めを欠き、ヴィドゥカとキューウェルにチンチンにやられて0対4の大敗を喫した。 タイはホームでしばしば驚くべきパフォーマンスを見せるが、脆さも同居する。 今夜のタイはどっちのタイだろうか。

b0045944_128513.jpg 試合開始前から日テレの藤井アナの亡国実況が耳につく。 口を開けば中村の右足のケガのことばかり。 おまけに「この審判は昨年のアジアカップで日本が韓国にPK戦で敗れた試合を裁いたレフェリーです」と、わざわざご丁寧に不吉なエピソードまで紹介。 さすが「ドンチャンゴールイムニダ!」の藤井アナ、今夜も正常運転である。
 藤井アナの中村の右足のケガへの言及は試合が始まってもいっこうにおさまる気配がないどころか、むしろ言い続けることで中村の右足に呪いでもかけようとしているかの如く執拗に繰り返される。 一方で中村は、その右足のケガもなんのその、軽快に動き回り、ディフェンスでも体を張る。 もちろん痛みはあるのだろうが、ピッチに立っている以上ベストを尽くす。 少なくとも画面を通して見る限り、その動きにケガの影響はまったく感じられなかった。 それでも藤井アナはなおも続ける。 「中村の右足は最後までもつのか?」 もうね、アホかと、バカかと。

 前半、日本はこないだの横浜でのオマーン戦のように前線からプレスをかけた。 攻守の切り替えは早く、早い時間帯に点を取って試合を決めてやろうという意図が見てとれた。 果たして日本の目論見はあたり、セットプレーから釣男とボンバヘのゴールが決まって2対0で折り返した。
 ところが後半に入ると、前半の飛ばしすぎがたたってか、徐々に日本の足が止まり始めた。 最終ラインは終始下がり気味になり、前線との距離は間延びし、コンパクトな状態を保てなくなってきた。 必然的に選手間の距離は離れ、プレスもかからなくなり、中盤に大きなスペースを空けてしまったところをタイに使われ始めた。 特に後半3分から入ってきたタナー・チャナブットのスピードに手を焼き、日本は受けに回る時間帯が続いた。 しかし、タイが脆さを露呈するのは、決まって自分たちが攻勢に転じている時である。 後半43分、途中から入っていた中村憲剛にゴールを許す。 やはり詰めが甘かった。
 それでも、後半に限ればタイの方が日本よりいいサッカーをしていたと思う。 後半36分、釣男がエリア内に侵入したティーラシンを際どいショルダーチャージで防いだシーン。 日本はタイにショートパスをダイレクトで何本も繋がれ、完全に崩されていた。
 日本のブレーキとなったのは、やはり両サイドだった。 左の駒野。 中村憲剛への浮き球のスルーパスは賞賛に値するものの、それだけだった。 むしろ印象に残ったのは前半に左サイドを駆け上がり、その挙げ句相手DFに見舞った崩れ横四方固め。 やはり芝生より畳の上でこそ輝ける選手だ。
 内田についてはもはやコメントする気もおきない。 A代表はおろか、U-23にも不要な選手であることだけは間違いない。 あろうことか、あの加地さんのワンパターンの突破が、ゆるやかな放物線を描いた末にサイドチェンジと化すクロスが、危険なところを嗅ぎつける能力が高いがゆえにしばしば戦犯扱いされるディフェンスが、それらすべてがいとおしい。
 本来両サイドは危険に満ちた「追い越し車線」であるべきなのに、日本のそれは登坂車線とか路側帯とか側溝の類いだ。 ここをどうにかしないと日本代表に明日はない。


タ、タ、タイランド~
日本の右サイドはこれでいいのだ!/藤井アナの亡国実況
[PR]
by theshophouse | 2008-06-15 01:30 | 蹴球狂の詩 | Comments(5)
Commented by Foot ball fan at 2008-06-15 05:29 x
日本のサッカー中継の実況アナウンサーって本当にレベルが低いです。
まるでどこかの宗教のように、洗脳しようとしているみたいで、気分悪くなります。
もっと冷静に戦術とかを解説して欲しい。
Commented by iop at 2008-06-15 10:32 x
>日本のサッカー中継の実況アナウンサーって本当にレベルが低いです。
うんっ、確かにそうなんですけれども、昨日の実況はそんな中でも最底辺に属する珍実況でしたので、他の上手くはないけれど真面目にやっている方と一緒にするとかわいそうかなろ思います。
日本テレビはサッカー中継しか見ないのですが、見るたびにあんなアナウンサーが出てくるので疲れます。
Commented by dab at 2008-06-15 12:30 x
個人的には、サイドバックの攻撃参加がだめだめに見える原因のひとつは前線にあるんじゃないかという気がするんですけどね。
昨日も松井と俊輔が引っ込んだ途端に両サイドバック以外の9人が中心線上に集結してしまってるような気がしました。
Commented by theshophouse at 2008-06-16 01:41
>Foot ball fanさん はじめまして。 基本的に実況はボールに触ったプレイヤーの名前をその都度呼ぶこと。 これができないとアカンと思います。 なかでも藤井アナと角澤アナの実況は最低最悪ですが、確信犯という意味で藤井アナは別格。 目線が日本人のものじゃありません。
Commented by theshophouse at 2008-06-16 01:52
>dabさん はじめまして。 僕としてはあくまで両SBの質的な問題だと考えています。 攻撃参加のタイミング、クロスの精度、ディフェンス、すべてがダメとしか言いようがありません…。
<< 美容室の猫 FAIR JUDGEMENT,... >>



思うところを書く。
by theshophouse
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
Critique
Asian Affair
蹴球狂の詩
Odyssey
Photographs
Iiko et Tama
Non Category
Food
Mystery
Design
アジア人物伝
Alternative
Books
Movie
Sounds Good
昭和
モブログ日報
F1
号外
Profile
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2001年 10月
フォロー中のブログ
国境の南
osakanaさんのうだ...
青いセキセイインコ推定4...
THE SELECTIO...
V o i c e  o...
わしらのなんや日記
90歳、まだまだこれから...
午前4時から正午まで
藪の中のつむじ曲がり
PISERO しゅうまい...
最新のトラックバック
エス東京オフィス
from はるの日常
才色兼備な「タイのセレブ..
from Boochanの宝探し
チベットでのジェノサイド
from わしらのなんや日記
経済別に選びたい放題!チ..
from Boochanの宝探し
IKEA for ママゴト
from わしらのなんや日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧