Top
FAIR JUDGEMENT, FAIR BROADCASTING PLEASE !!
b0045944_239405.jpg 試合前、笛を吹くのがマレーシアのサレー主審と知り、愕然とした。 この試合は荒れる。 確実に荒れる。
 日本がアジア予選などで中東勢と試合をする場合、中立的な地域ということで東南アジアの国の審判が笛を吹くことになる。 ところが、東南アジアにおいて一定水準以上の笛が吹けるのはタイの審判のみである。 しかし今回はタイが同じグループにいるため、必然的にタイ以外の審判になるのだが、シンガポールやマレーシアの審判は非常にレベルが低く、ゲームをコントロールする能力は概して低い。 
 特にマレーシアのサレーシンガポールのマイディンはオイルマネーによって買収済みで、必ずと言っていいほど中東寄りの笛を吹くことで知られる。 日本は過去何度もこの二人の異常な笛に苦しめられてきたものだ。 そしてこの試合でも日本はサレーの笛に悩まされることになった。
 オマーンは、前のエントリーで予想したように日本の中盤のプレスを嫌い、立ち上がりからロングボールを蹴ってきた。 それも日本の左サイド・駒野の裏を一点集中で衝いてきた。 前半12分、それが功を奏して日本の左サイドの深い位置で得たFKからオマーンが先制する。 オマーンも駒野のポテンシャルの低さには気づいていたのだろう。
 1点を先制したオマーンはドン引きに引いて、カウンター狙いへと作戦変更する。 それとともに中盤をフリーにしてくれたため、日本もパスを繋ぎながら徐々にリズムをつかんできた。 前半30分には遠藤のCKに中澤が合わせ、33分には中村のクロスに大久保が合わせるが、いずれもGKアルハブシの好セーブに阻まれる。
 後半、日本はサイドからの攻めが目立ち始める。 両サイドからのクロスが弾き返されても執拗にこぼれ球を拾い、連続攻撃に繋げる。 後半8分、長谷部のスルーパスに反応した玉ちゃんが倒されてPKゲット! GKアルハブシにとって、ペナルティスポットに歩み寄ってきた選手が中村でなかったことは想定外のことだったはず。 夜な夜な中村のVTRを観てはそのPKの球筋を頭に叩き込み、万全の対策を立ててきていたであろうボルトン所属のGKは、日本の誇るPK職人のコロコロPK弾の前に微動だにできなかった。 その姿は受験当日に自分が予習した問題がまったく出題されず絶望した受験生のそれであった。 アホである。
 一気に日本のペースになりかけたが、後半12分、自陣深くからの駒野のクリアミスが相手に渡り、ペナルティエリア内に侵入したサレハを釣男が倒してしまいPKを献上。 いよいよサレーお得意の不可解な笛が本領を発揮し始める。 ところが楢崎がこのPKを止めて事なきを得る。 ビビっていたのはPKを蹴ったドゥールビーンの方だった。
 まさに日本に勝って下さいと言わんばかりの展開となり、日本がジワジワ攻め立てる。 後半23分、松井が相手DF二人の間を抜きにかかってエリア内で倒され、そのこぼれ球を拾った玉ちゃんも倒されるがサレー主審は華麗にスルー。 古今東西老若男女問わない明らかなファウルだった。
 そんなサレーにおあつらえ向きだったのが後半29分の大久保の病気発症。 松井の見事すぎる「助演」で相手の4番が道連れにならなかったら日本は数的不利で残り15分以上を戦う破目になっていた。 この後、終始プレーにキレを欠いた松井は山瀬と交代させられたが、まさに1点ものの名演技だった。 松井は隠れたMVPである。
b0045944_23464748.jpg
 後半34分にも山瀬と玉ちゃんが倒されたが、またもやサレー主審は豪快にスルー。 ここに至ってサレーは自ら退場処分を課した4番の代わりに自らがオマーンの11番目の選手となった。 昨今の原油価格の上昇によりウハウハ状態のオマーン王族、サレーへの持参金が破格のものだったことは想像に難くない。 いったい今回はいくら積まれたのだろうか?
 後半40分に投入されたオマーンの13番が、電池切れで戻れなくなっていた内田を尻目に何度も日本の右サイドを脅かす。 この時間帯の内田のポジショニングは中途半端で、内田のみならずチーム全体としても決勝点を狙うのか引き分けで良しとするのかがはっきりしておらず、非常に危険な状況だった。 結果的に岡田監督の交代も後手に回った感は否めない。 ロスタイムになってから内田に代わって今野、玉ちゃんに代わって矢野が投入されたが、ほとんど無意味な交代だった。
 酷暑のなかの消耗戦だったが、フィニッシュに課題を残しはしたものの、日本はタフな戦いをしたと思う。 選手が疲弊していくなか、山瀬投入のタイミングは悪くなかったが、残り二つの交代枠をロスタイムまで引っ張る必然性は感じられなかった。
 岡田監督はおそらく最後まで勝ちにいっていたはずであり、そうであるならもっと早い時間帯に後ろはともかく前線にフレッシュな選手を投入すべきだった。
 それにしてもこの灼熱地獄のなかでの試合は理解に苦しむ。 アウェイの日本はおろか、ホームのオマーンでさえ足が止まるようなコンディションでは質の高いサッカーなど望むべくもない。 聞けば当初現地時刻午後6時15分キックオフだった試合が、日本での放送のために午後5時15分に繰り上げられたという。 中継したT豚Sではこの夜EUROの開幕戦の中継が組まれており、その為にダブルブッキングを回避したのがミエミエである。 結果として日本は暑さに苦しめられることになってしまった。 ドイツW杯の徹をまた踏んだわけである。 同じ組のバーレーンとタイの試合が午後7時半キックオフだったことからも、この薄暮のキックオフの異常さは明らかだ。
 自らの都合でキックオフの時間を変えさせるようなテレビ局には金輪際代表の試合を中継してもらいたくないものである。


FAIR JUDGEMENT PLEASE !!
FAIR JUDGEMENT PLEASE !! その2
[PR]
by theshophouse | 2008-06-08 23:46 | 蹴球狂の詩 | Comments(2)
Commented by ジャッキー at 2008-06-10 22:52 x
内田のポジショニングは、カメラのフリ的にも目立っちゃう位置でしたよね。基本的に大久保のやんちゃさはキライではないのですが、あれは解説者もフォローのしようがないですよね…もうちょっと大人になって欲しいものです。
Commented by theshophouse at 2008-06-11 14:41
>ジャッキーさん 大久保はGKと接触した際にモロに股間に「電気あんま」状態で蹴りが入ってたので、まあキレるのはわかるんですが、もう少し上手くキレろよと言いたい。 松井の狡猾さが際立っていただけに、余計にそのへたくそさが目立ちました。
<< どうしようもない藤井アナの亡国... ゾーンプレス? >>



思うところを書く。
by theshophouse
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
Critique
Asian Affair
蹴球狂の詩
Odyssey
Photographs
Iiko et Tama
Non Category
Food
Mystery
Design
アジア人物伝
Alternative
Books
Movie
Sounds Good
昭和
モブログ日報
F1
号外
Profile
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2001年 10月
フォロー中のブログ
国境の南
osakanaさんのうだ...
青いセキセイインコ推定4...
THE SELECTIO...
V o i c e  o...
わしらのなんや日記
90歳、まだまだこれから...
午前4時から正午まで
藪の中のつむじ曲がり
PISERO しゅうまい...
最新のトラックバック
エス東京オフィス
from はるの日常
才色兼備な「タイのセレブ..
from Boochanの宝探し
チベットでのジェノサイド
from わしらのなんや日記
経済別に選びたい放題!チ..
from Boochanの宝探し
IKEA for ママゴト
from わしらのなんや日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧