Top
弱気な指揮官を更迭してオシム再登板を!
b0045944_1223322.jpg
 日本はバーレーンに無様な敗戦を喫した。 0対1は正当な結果だ。
 日本はバーレーンに勝つ気があったのだろうか。 30℃を超す気温のなか、意識的にペース配分をしていたのかも知れないが、日本は試合開始からのバーレーンの攻勢の前に終始受けに回り、何本ものシュートを許した。 あれだけシュートを打たれていれば事故やヒューマンエラーも起こりうる。 ゲームを人間が裁く以上、そこに多少なりとも不確実性が介在するのは仕方のないことだ。
 あのハンドを見逃した審判団の能力が低かったとは思わない。 特定オセアニアの審判にしてはいい笛だったと思う。 もっとも、直前の特定アジア選手権であれだけ酷い笛ばかり吹かれたのだから、普通の審判が良い審判に見えてしまうということはある。 所詮あの審判でも年間最優秀審判に選ばれるのがアジアのレベルであり、それはプレイヤーにも同じことが言える。
 だからこそ、失点シーンをいつまでも「あれはハンドだ!」と恨めしそうに連呼する松木安太郎の解説(あんなものは解説でも何でもない)こそ腹立たしかった。 日本が負けたのはハンドを見逃した主審のせいではなく、上げられたクロスを川口がパンチングし切れずにフバイルに渡してしまったことであり、体勢不十分のまま当てられただけのボールがゴールラインを越す前に掻き出すことができなかったからである。
 審判について言うなら、後半バタバタとピッチで「就寝」し、伝統の中東戦法を繰り出していたバーレーンの選手をピッチの外に出すでもなくただ放置し、「起床」するまで待ち続けたことこそ不可解だ。 ロスタイムが3分と異常に短かったことから、その間も時計を止めていたかどうかは非常に疑わしい。 まともな解説者なら起きてしまった誤審にいつまでも恨み節を言うよりもこっちにツッコミいれるべきだろう。

 バーレーンは立ち上がりからガツガツ来た。 日本はその勢いに気圧されてなかなかパスが繋がらない。 日本は後半20分頃までほぼサンドバッグにように打たれているだけだった。 ただ、飛ばしてきたバーレーンの足が後半止まることは十分予想できたし、実際その通りになった。
 密集する真ん中で埋没していた山瀬に変えて遠藤を投入したあたりから徐々にバーレーンの足が止まってきた。 遠藤はサイドで攻撃の起点をつくり、精度はともかく両サイドからクロスが供給されるようになった。 一方的に攻め込まれてはいたものの、ここでようやく日本のパスが回るようになり、連動性も出てきた。 急造3バックで耐え忍んできた日本に逆襲の機会が訪れるはずだった。
 誰もが玉田の投入を期待したその時間帯、何故か岡ちゃんはようやく攻撃参加し始めていた安田に代えて山岸を投入。 僕は山岸がまだ代表にいたとは知らず、正直驚いた。 結果的にまったく無意味で不可解な選手起用だったと言わざるをえない。
 好事魔多し。 日本は一瞬の隙をつかれて失点する。
 ようやく玉田がピッチに送り込まれたのは、日本が1点のビハインドを負い、バーレーンが思いっきり引いて、玉田が切り込むスペースが失われてからだった。 投入後、短い時間ではあったが、玉田は動きにキレがあり、個人的には先発か後半アタマから見たかったと思わせた。 「バーレーン・キラー」のマナマでの主な仕事は、そのほとんどの時間をピッチの外で戦況を見守ることでしかなかった。

 岡田監督就任以降、「ボールも人も動く」サッカーは影を潜め、劣化の一途を辿っている日本代表。 ただでさえ飛車角落ちの陣容なのに、そのうえ選手ばかりか監督まで受身になって後手を踏んでいるようでは勝てるはずもない。 日本は負けるべくして負けた。
 その「受身」を象徴するのが今回採用した3バックである。 相手を警戒するあまり、中盤の核である遠藤の不在がもたらしたマイナスは大きく、人を使うよりもむしろ使われるタイプの山瀬を走らせるようなパスはほとんどなかった。 また、ディフェンス陣も最後のところではなんとか体を張ってはいたものの、局面によっては5バック気味で人余り状態になりながらもシュートを許し、弾き返したボールまでいいように拾われる時間帯もあった。 岡田監督の戦術が守備的と言われる所以だ。
 そもそもアジアにおいて日本と戦う相手はみな日本にビビっているのである。 それを必要以上に相手を警戒し、マスゴミも視聴率のために「相手の○番には要注意!」みたいなネタフリばかりして危機意識を煽る。
 そうではない。 日本はオシムのもと、少なくともアジアの域内ではどんな相手でもポゼッションとパス回しで圧倒することができることを先のアジアカップで証明したはずではなかったか。 相手云々ではなく、なぜ最初から自分たちの良さを出そうとしないのか。 なぜ相手を必要以上に警戒し、自分たちが相手を警戒させようと考えないのか。 岡田監督が3バックを採用した時点で日本は既に後手に回っていたのだ。
 試合後のバーレーンの選手たちの喜びようを見れば、彼らにとって日本がいかに格上の相手だったかがよくわかる。 試合中、いわゆる中東戦法でわざとピッチに横たわっていた選手もいたが、彼らの多くが足を痙攣させてピッチに倒れた。
 その一方で日本の選手たちは試合後もまだ走れそうなほどに余力を残していたように見えたのは僕だけではないはずだ。 全力を出し切れなかった日本代表が支払った代償は勝ち点3以上に大きい。
 脳梗塞から驚異的な回復をみせ、先日退院してこの試合を見守っていたであろうオシムは、かつて自分が育て上げたチームが劣化の一途を辿っているさまをどういう心境で見ただろうか。
 ただベンチに座っているだけでもいい。 守備的で弱気な指揮官を今すぐ更迭し、オシムの再登板を求める。


「日本の進歩は常に関心事」 オシム前監督メッセージ【MSN産経ニュース】
無能な代役は間もなくその使命を終えますので再登板お願いします。
山瀬も川口も?岡田監督大リストラ【スポニチ Sponichi Annex ニュース】
いや、俺はアンタ自身をリストラして欲しいんだが。
[PR]
by theshophouse | 2008-03-27 12:25 | 蹴球狂の詩 | Comments(4)
Commented by osakana306 at 2008-03-27 19:46
しかし、昨日は全然ピリっと来ない試合だったね。W杯予選って感じじゃないね。松木はうるさい!ぬるい事ばっか言ってるし..

そう言えば良いサイドの選手見つけましたよ、マリポサユースの児玉と言う選手何だけど突破力、深くエグってからの折り返し&シュート(角度が無い程決定率が高い)今度視察に来て下さい。
Commented by theshophouse at 2008-03-27 23:30
>osakana306さん 松木はそのまま中東に骨埋めて欲しいです。 マジで。
加地さんにしても駒野にしても、一緒に草でやったらたぶん我々チンチンにやられるんでしょうね。
サイドについてはここまで人材難なので、いっそ全国のサイドアタッカーを集めて一大トライアウトするしかないでしょう。 これだけサッカー人口がいるのだから原石のひとつやふたつ見つかるかも。 今から磨けば南アフリカには間に合うと思いますが、それ以前に本戦出場が・・・。
FWはもう寿新如待ちですね。
Commented by kamokamo at 2008-03-28 21:21 x
マリポサユースの児玉には、センターバックのカモーゴがついてきます。
やはり、アンダー23と総入れ替えをお願いしたいです。
松木は、代表監督にも立候補するほど、勘違いしているらしいので、セルジオさんか、金田に締めてもらいたいです。
松井呼ばないのかね?
Commented by theshophouse at 2008-03-29 02:21
>kamokamoさん osakana306さんもですが、僕はもっとこう大所高所から代表を語りたいのですが、なんかすっかり内輪ネタになってませんでしょうか(笑)。
松木が代表監督? 少なくとも岡田よりマシかも知れません。
セル塩にはいい加減帰化してくれと言いたい。
とりあえず僕の希望するスタメン(4-4-2)書いときます。

      楢崎
   釣男 ボンバヘ
水野         相馬
   ヤット 中村憲
  茸       松井
寿新如or師匠 復帰or福田

(寿新如と復帰は帰化後、師匠は茸とセットで不可欠な唯一神)
<< 破綻しつつある中国のチベット支配 二人のパンチェン・ラマ >>



思うところを書く。
by theshophouse
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
Critique
Asian Affair
蹴球狂の詩
Odyssey
Photographs
Iiko et Tama
Non Category
Food
Mystery
Design
アジア人物伝
Alternative
Books
Movie
Sounds Good
昭和
モブログ日報
F1
号外
Profile
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2001年 10月
フォロー中のブログ
国境の南
osakanaさんのうだ...
青いセキセイインコ推定4...
THE SELECTIO...
V o i c e  o...
わしらのなんや日記
90歳、まだまだこれから...
午前4時から正午まで
藪の中のつむじ曲がり
PISERO しゅうまい...
最新のトラックバック
エス東京オフィス
from はるの日常
才色兼備な「タイのセレブ..
from Boochanの宝探し
チベットでのジェノサイド
from わしらのなんや日記
経済別に選びたい放題!チ..
from Boochanの宝探し
IKEA for ママゴト
from わしらのなんや日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧