Top
バカ親へのレクイエム
b0045944_2361426.jpg
 基本的に子供の名前は親マターだと思うので、どんな名前をつけようがその親の勝手だと思う。 ただ、普通に読みにくい、或いは読めない名前をつけられた子供の側からすると、単なる迷惑でしかないと思う。 そんなのは頭の中がお花畑の親の自己満足、身勝手以外の何物でもない。 だいたい世の中大成している人はみな鈴木一朗のような普通の名前である。 これは、変わった名前の人は大成しないという意味ではなく、名前なんてさほど重要じゃないという意味である。 かつて岡本太郎という普通の名前の芸術家は言ったものだ。 「名前なんてどうでもいいんだ!」と。 そもそも名前など、個体識別ができればそれで良い。 バリ島など行くとカーストの影響もあって長男はみな「ワヤン」、次男は「マデ」、三男は「ニョマン」である。
 最近、モンスターペアレントなるバカ親が跋扈しているという。 この記事のように自分の子供に「普通に読めない名前」をつける親と、「かけっこで優劣がつくのは不平等だからみんなで一緒に手をつないでゴールさせろ」とか「クラスの集合写真の中央に自分の子供が写っていないから撮り直せ」とか「子供がひとつのおもちゃを取り合って、ケンカになる。 そんなおもちゃを幼稚園に置くな」とか「自分の子供が不登校になり、不要になった教科書を買い取れ」などと学校に難癖つけてる親は同類だろう。 ついでに言うと、そういう親は「義務教育なのだから給食費は学校が負担しろ」と、給食費も払わないはずだ。
 ただ、こうして親が必要以上に教育現場に肩入れする背景には教師の質の低下という問題もある。 つまり先生も親も等しく劣化しているのであり、その両者の間にいる子供が劣化してしまうのは当然のことである。
 モンスターペアレントなる現象は、一見すると世間にバカ親が増殖しているという短絡的な見方を生みがちだが、実際は教師と子供と親の三位一体、つまり教育現場そのものの劣化現象なのである。 そしてこれは今に始まったことではない。 その端緒はおそらく戦後の高度成長期の始まりと時を同じくしていると思う。
b0045944_2314244.jpg 僕がこのような考えを持つに至ったのは藤原新也の「東京漂流」を読んでからのことだ。 この本を読むまで、僕は漠然と彼のことをインドやチベットに行って紀行文を書いている放浪作家兼写真家兼画家と思っていたのだが、この本を読んでその認識を改めさせられた。
 彼は常に対象を辺境から眺めている。 それは時にチベットだったりアフガンだったり芝浦だったり房総だったりする。 あえて世界の中心や日本の中心から少しズレた場所から三角測量的な視点で、世界、日本そして東京の位相を鋭敏な感覚で捉えていく。 それはたぶんその対象物の中心に身を置くと見えなくなってしまうからなのだろうと思う。
 藤原は同書において、崩壊していく日本人をその家の崩壊にシンクロさせる。 この場合の家は象徴としての家ではなくアーキテクチュア、すなわち建築としての家である。 かつては人間を開放させる装置であった日本家屋。 それは高度経済成長期において、経済効率すなわち合理性の名の下に崩壊していく。 神棚と縁側を失った日本の家はやがて公団住宅のような集合住居に取って代わられる。 それは日本の家が開放から閉鎖、東洋的不合理性から西洋的合理性へとシフトした瞬間であった。
 振り返って自分の家に目を転じれば、気密性が高いがゆえに外で雨が降り出しても気づかない。 隣家との物理的な接点は少なく、境界域において両者の視線が交わらないように巧妙に計画されている。 すべてはプライバシー尊重とセキュリティ確保のためである。 近所の子供が庭先に紛れ込んでくることもなければ、窓からスキマ風が入ってくることもない。 隣近所に住む人の顔さえよくわからない。
 かつての日本の家にも隣家との境界は存在したが、それはとても曖昧な存在だった。 濡れ縁という存在が象徴するように、建物の内と外との境界ですら曖昧だった。 家は自然の一部であり、地域の共同体の一部だった。 日本人は伝統的にそうした開放的な住環境のなかで隣人との関係や地域のコミュニティ内での対人関係を構築してきたのだが、近代になってその仕組みは失われつつある。 人々には他人との付き合い方を学習する場もなければ、人間関係を構築する場もない。 子供たちが外で元気に遊べるような場所も減る一方である。
 本来子供が行き来する家庭と学校の中間にこうした「場」が存在し、家族生活である家庭の場と集団生活である学校の場を中和し融合させる役割を果たしていたのだが、こうした場が失われたことによって人間関係が家族か学校かという二元的な閉塞状態に陥りつつあるのではないだろうか。 そうした社会的背景のなかで、冒頭に記事を引用した親のように、超個人主義的慢性マンセー病とでもいうような異常人格のバカ親が温室で大量栽培されつつあるのではないか。 考えるだけで背筋が寒くなる。
 人々の暮らしが進歩し発展することで何もかも内向きで閉鎖的なシステムになるのだとしたら、そうしたシステムの中にあってもせめてオープンマインドでいたいものである。
[PR]
by theshophouse | 2007-10-29 23:31 | Critique | Comments(8)
Commented by nasikanasika at 2007-10-30 20:38
こんばんは。
こ れ は 酷 い ですね。
小学生相手の仕事をした友人に聞いたところ、最近の子は学力もさることながら、知性の劣化が著しいそうです。
漢字も読めない、敬語もロクに使えない。
ある意味亀一家とあまり変わらない連中が日本中で増え続けているのでしょう。
救いなのは、私の住むところは住宅地ですが、そうでもないことです。
ちなみにウチには濡れ縁あります(笑
長文スイマセン。
Commented by theshophouse at 2007-11-02 02:11
>nasikanasikaさん こんばんは。 nasikanasikaさんち方面に出張しておりました(笑)。
nasikanasikaさんのように、時に過酷な子育ての経験のない僕に本来言う資格はないのかも知れませんが、この記事のような気味の悪い思考回路の持ち主に「今の時代の親心」などと世の親を代表して投書などされては片腹痛いと思いつつ書いてしまいました。

濡れ縁がある一戸建て、開放的な庭、リニューアルされた浴室。 将軍様はさぞかしすくすくと育っておられることでしょう。 環境って大事です。
Commented by skamerie at 2007-11-03 20:43
あと10年くらいしたら、「夜露死苦」みたいな名刺が増えそうですね。
読み方を確認しようものなら逆切れされそうだし(笑
Commented by theshophouse at 2007-11-04 01:53
>skamerieさん お久しぶりです。 「夜露死苦」はまだ普通に読める分だけ「龍空」くんや「未光」ちゃんよりマシかも知れませんね(笑)。
親はたぶん矢沢永(ry
Commented by PAYTON at 2007-11-11 00:08 x
幸い私の周りにはDQNと言われる民族はいないのですが、子供の名前はDQNじゃなくても変だったりすることが多々あります。
将来外国へ行っても通用するようにと、外国名に漢字を充てたり。
こういうのは、DQNというよりセンスの問題のような気がします。
給食費不払いや筋違いのクレームなどは、権利と義務、民主主義と平等のはき違えでしょうか。

私の親がモンスターペアレントだったら、とてもいたたまれなかったと思います。
Commented at 2007-11-11 00:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by theshophouse at 2007-11-11 22:08
>PAYTONさん エントリーの文章にはやや言葉足らずなところがありまして、画像のような変な名前は親の勝手としても、「その変な名前を誇れ」みたいな思考回路の親はどうしようもないなと。
Commented by theshophouse at 2007-11-11 22:09
>鍵コメさん 僕の知り合いにも六月子と書いて「じゅんこ」さんがいます(笑)。
<< 博多のご当地即席麺あれこれ 或るホームセンター・ジャンキーの妄想 >>



思うところを書く。
by theshophouse
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
Critique
Asian Affair
蹴球狂の詩
Odyssey
Photographs
Iiko et Tama
Non Category
Food
Mystery
Design
アジア人物伝
Alternative
Books
Movie
Sounds Good
昭和
モブログ日報
F1
号外
Profile
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2001年 10月
お気に入りブログ
国境の南
osakanaさんのうだ...
青いセキセイインコ推定4...
THE SELECTIO...
V o i c e  o...
わしらのなんや日記
89歳、まだまだこれから...
午前4時から正午まで
藪の中のつむじ曲がり
PISERO しゅうまい...
最新のトラックバック
エス東京オフィス
from はるの日常
才色兼備な「タイのセレブ..
from Boochanの宝探し
チベットでのジェノサイド
from わしらのなんや日記
経済別に選びたい放題!チ..
from Boochanの宝探し
IKEA for ママゴト
from わしらのなんや日記
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧