Top
クライマーズ・ハイ
 読み終えた本が溜まってくると、頃合いを見計らって古本屋に持って行くようにしている。 僕の部屋の本棚が小さいせいもあるが、面白い本は他の人にも読んで欲しいと思うのでそうする。 ただし駄本は持っていかない。 常々駄本には古本屋の流通に還流される資格はないと考えているので、そのまま資源ゴミとして出す。 当然の報いだ。 そしてそれは、不覚にもそのような資源ゴミと同義の本を古本屋の棚から引っ張り出すという愚を犯した自分自身への戒めの儀式でもある。
 「クライマーズ・ハイ」はそのどちらにも属さない本ゆえに、僕の部屋の本棚にずっとある。 文庫化されてから購入し、もう3回も読んだ。 ついこの間読み終えたはずなのに、何気なくページをめくって活字を追ううちにいつの間にか作品世界に引きずり込まれて通読させられてしまう。
 そもそも僕はこの話を最初にNHKのドラマで観た。 ドラマ自体の出来も素晴らしく、こちらも何度か再放送されている。 このように秀作と評価されるドラマを先に観てしまった場合、後からその原作を読むと物足りなさを感じてしまうことがままある。 しかし、このクライマーズ・ハイは原作そのものが素晴らしかった。

b0045944_11352448.jpg 1985年夏、同僚の安西と谷川岳の難所・衝立岩登攀に挑もうとした矢先、日航機墜落事故の発生を受けて全権デスクを任された群馬の北関東新聞の遊軍記者・悠木。 物語は、悠木を通して未曾有の航空機事故に遭遇した地方紙の世界を描きながら、同時に息子との距離感に苦悩する父親の姿も捉えていく。
 著者の横山秀夫は上毛新聞に記者として勤務していた頃に日航機事故に遭遇している。 言うまでもなく本作のベースになっているのは、その時新聞報道の最前線に居た人間のみが知りえた膨大な事実である。 そこに12年間に及ぶ氏の報道現場での経験が深みを加え、作品に圧倒的なリアリティを与えている。

 日航全権デスクとしての数日間、悠木は多くの壁に直面する。 毎日の紙面作りに忙殺されるなか、次第に自壊していく報道人としての矜持。 そんな時、悠木の叱責が遠因となって事故に見舞われ死んだかつての部下の従姉妹である望月彩子が持参した一通の投稿が悠木の心を激しく揺さぶる。
 17年後、かつて安西と登るはずだった衝立岩に、その安西の息子・燐太郎と挑む悠木。 第一ハングを登攀中、あと数センチのところでハーケンに届かずアブミから足を踏み外してあわや宙吊りになる。 観念しかかったその時、つかみ損ねたハーケンが自分の息子・淳によって父親のためにその場所に打ち込まれたものであることを燐太郎から告げられ、一度は折れかけた心をふたたび奮い立たせる。
 時間も空間も違うふたつの出来事が、悠木を前に、上にと駆り立てる。 物語の舞台である衝立岩は登攀者が征服しなければならない難所そのものでもあり、人間が生きていくなかで乗り越えていかなければならないものの象徴でもある。

 と、たったこれだけの書評を書くのにすごく時間がかかってしまった。 自分の稚拙な筆はこの素晴らしい作品を語るにはあまりに無力と知る。
 8月12日、ニュースは御巣鷹の尾根に日航機が落ちて22年がたったことを伝えていた。 僕は今、事故当時のことを思い返しながら4度目となるページを繰り始めている。


ホルモンでーす(ドラマと映画の比較)
クライマーズ・ハイ(映画のレビュー) 
横山秀夫中毒者の独白
Uncontrol !
[PR]
by theshophouse | 2007-08-15 11:48 | Books | Comments(2)
Commented by PAYTON at 2007-08-18 11:27 x
以前この事故の遺体確認に携わった監察医?か歯科医?の方の手記のようなものをネットで読んだことがあります。

それはそれは壮絶で、全部は読めませんでした。
そのドクターはじめ、事故の処理に関わった方々の多くがPTSDに陥ったと聞いています。
そういった大勢の方々のご苦労の反面、事故発生時点で日航の社長だった人は、扇子パタパタ仰ぎながら横柄な記者会見やってたような記憶があります。

なにはともあれ、いろんな意味でひどすぎる事故でした。
今年も犠牲者の方々に祈りを。
Commented by theshophouse at 2007-08-19 00:52
>PAYTONさん この作品、堤真一主演で映画がつくられています。
ちょうど今日が御巣鷹でエキストラを動員しての撮影みたいです。
ガイシュツですがまたこれを見てしまいました・・・。

http://mito.cool.ne.jp/detestation/123.html
<< 日本代表を襲う早老病 The Chedi @ Chi... >>



思うところを書く。
by theshophouse
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
Critique
Asian Affair
蹴球狂の詩
Odyssey
Photographs
Iiko et Tama
Non Category
Food
Mystery
Design
アジア人物伝
Alternative
Books
Movie
Sounds Good
昭和
モブログ日報
F1
号外
Profile
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2001年 10月
フォロー中のブログ
国境の南
osakanaさんのうだ...
青いセキセイインコ推定4...
THE SELECTIO...
V o i c e  o...
わしらのなんや日記
90歳、まだまだこれから...
午前4時から正午まで
藪の中のつむじ曲がり
PISERO しゅうまい...
最新のトラックバック
エス東京オフィス
from はるの日常
才色兼備な「タイのセレブ..
from Boochanの宝探し
チベットでのジェノサイド
from わしらのなんや日記
経済別に選びたい放題!チ..
from Boochanの宝探し
IKEA for ママゴト
from わしらのなんや日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧