Top
The Chedi @ Chiang Mai
b0045944_1584599.jpg
 1年ちょっとぶりにチェンマイに行ってきた。 宿はいつものようにチェンマイプラザ・ホテル。 何度も書いているように僕はこのホテルが大のお気に入りなのだが、その常宿から歩いて3分とかからぬ場所に新しいホテルができたので食事がてら見に行った。 「The Chedi Chiang Mai(ザ・チェディ・チェンマイ)」である。
 夜8時過ぎ。 ピン川に面して建つホテルに向かう。 エントランスからロビーへ。 照明は限りなく暗い。 そのせいか、庭にしつらえられた池に浮かぶキャンドルのほのかな灯りが心地よい。
b0045944_1592732.jpg
 いくつかの棟に分かれた低層の建物が客室棟。 なんということはない、ミース・ファン・デル・ローエを彷彿とさせるモダニズム建築。 敷地の中央にスパ棟がある。 さすがGHMグループのホテルのご多分に漏れずランドスケープは見事だが、この手のものを見慣れたせいか、感動の域にまでは到達せず、「いいね」というレベル。
b0045944_201826.jpg
b0045944_205439.jpg
 さて食事である。 敷地の中央に、なぜかそれだけ周囲の中で異彩を放つコロニアルテイストの建物があり、どうやらそこがメインダイニングになっているようだ。 中に入ってみると、リノベーションは施されているものの、明らかに古い建物である。 後で聞いたのだが、この敷地にはかつてイギリス領事館があり、この古い建物だけはその時の忘れ形見だそうである。 やはり僕はただ新しいものよりも、こうして古い物と新しい物や、西洋と東洋が出会ったりした時に生まれる「異物感」が心地良い。
 ピン川の堤防まで数メートルの屋外の席に通された。 照明はまったくなく、テーブルの上にキャンドルがひとつ灯るのみ。 スタッフがメニューを持って来たが、何が書いてあるかすら見えない。 と思っていたら、メニューの上部にLEDのクリップライトがついていて、スイッチを入れてくれた。 うまく言えないけれど僕はこういうのに弱い。
 食事はタイ、イタリアン、インディアン、インターナショナル。 味も悪くない。 ただし量はアメリカン。 よほどのフードファイターじゃない限り、パスタは二人で一皿で十分。
 最近けっこう普及してきたタイのワインを飲んでみた。 この地球上には「ワインベルト」という、おいしいワインを生産するために適した気候を享受できる帯状の地域があり、一般に北半球では北緯30度から50度の間と言われている。 無論タイはこのエリア外になるのだが、比較的涼しい北部やバンコク郊外のチャオプラヤ・デルタにもワイナリーがあり、熱帯産のワインを作っている。
 僕は以前からメコン・ウイスキーを愛飲しているし、タイ産のラムもかなり美味しいと思っている。 もちろんビールは言うに及ばない。 しかし、ワインについてはこれまでやや懐疑的で飲んだことがなかったのである。 しかし、半信半疑のまま口にしたタイ産のワインはイケた。 フランスのワインと言われて出されてもきっとわからないだろうと思う。 これからタイに行く楽しみがひとつ増えたようで嬉しかった。
b0045944_215560.jpg
 この「ザ・チェディ」でGHMグループのホテルを見るのは3つ目になる。 最初はランカウイ島の「ザ・ダタイ」で、次は昨年宿泊したラングーンの「ストランド」だった。 いずれも素晴らしいホテルには違いないが、やはりリゾートホテルというカテゴリーでは同系列の兄貴分企業であるアマンリゾートが格上という感じ。
 設計はアマン・リゾート御用建築家のケリー・ヒル。 そのデザインはいつでもハイレベルで洗練されたものを感じさせてはくれるものの、もはや既視感に囚われるものでしかない。 いわゆる「アマン系」に食傷気味の人々に新しいリゾートの地平を見せてくれるようなエポックはまだしばらく先の話なのだろう。
b0045944_222836.jpg

[PR]
by theshophouse | 2007-08-10 01:49 | Odyssey | Comments(2)
Commented by PAYTON at 2007-08-10 03:19 x
管理人さまこんばんは。

こういう紀行文読んだり地図ながめるのが大好きです。
タイではちょっと前から、日本茶や日本語のロゴ入りTシャツがブームと聞いたんですけど、そうなんですか?
治安とか衛生管理なんかはどんな感じなんですか?
って、どちて坊やになっちゃいましたけどw
Commented by theshophouse at 2007-08-11 01:40
>PAYTONさん 蹴球以外の記事にもコメント下さりありがとうございます。

たしかにタイでは日本語のTシャツをよく見かけます。 これについてはこのブログの右肩にリンクしてある「アジアのいかしたTシャツ」をご参照いただければ一目瞭然です。

治安はいいです。 ただこのところタクシン一派の復権を狙う傀儡政党が勢いづいてデモを繰り返したり、軍政のナンバー2がその傀儡政党に寝返ったりしていてやや不穏な兆候があるようです。

衛生面でも特に問題ありません。 これまでも道端の屋台で相当怪しい食い物を食べてきましたが、一度としてお腹を壊したこともありません。
<< クライマーズ・ハイ RATTAN BASKET S... >>



思うところを書く。
by theshophouse
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
Critique
Asian Affair
蹴球狂の詩
Odyssey
Photographs
Iiko et Tama
Non Category
Food
Mystery
Design
アジア人物伝
Alternative
Books
Movie
Sounds Good
昭和
モブログ日報
F1
号外
Profile
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2001年 10月
フォロー中のブログ
国境の南
osakanaさんのうだ...
青いセキセイインコ推定4...
THE SELECTIO...
V o i c e  o...
わしらのなんや日記
90歳、まだまだこれから...
午前4時から正午まで
藪の中のつむじ曲がり
PISERO しゅうまい...
最新のトラックバック
エス東京オフィス
from はるの日常
才色兼備な「タイのセレブ..
from Boochanの宝探し
チベットでのジェノサイド
from わしらのなんや日記
経済別に選びたい放題!チ..
from Boochanの宝探し
IKEA for ママゴト
from わしらのなんや日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧