Top
戦うということ【アジアカップ2007総括】
 アジアカップ2007はイラクがサウジアラビアを1対0で降し、初優勝を飾った。
 僕はイラクがオーストラリアに3対1で勝った試合をバンコク滞在中にテレビで見ていたのだが、そのあまりのインパクトに決勝までやってくるのはイラクだと考えていた。 そしてもちろんその相手は我らが日本代表になるはずだと。
b0045944_144111.jpg ホテルのテレビではドバイのスポーツ専門局が連日アジアカップ特番を組み、試合終了時から深夜までの約4時間に渡って熱い討論を繰り返していた。 主にその日行われた中東諸国の試合を振り返り、アラブの正装に身を包んだ男たちが侃々諤々の大討論を繰り広げるのである。 時には視聴者からの熱い生電話まで紹介するほどの入れ込みよう。 僕の知る限り、ここまで度を越した盛り上がりが日本国内にあったとは思えないし、主催国のタイですらここまでのものは感じられなかった。
 イラクがオーストラリアに勝った夜、スタジアムの外でインタビューを受けたイラクのサポーターは、最初こそ喜びを爆発させていたが、突然号泣してカメラに背を向け、インタビュアーに肩を抱かれながらオイオイ泣き続けた。 もちろん言葉はわからないが、彼が祖国の惨状に思い至り、そうした過酷な状況下でオーストラリアを降した自分たちのチームに激しく心を揺さぶられたであろうことは容易に理解できた。 もちろん日本のサポーターも代表を愛する気持ちはイラクのサポーターに決して劣ることはない。 ただ、この涙は日本のサポーターには決して流すことのできない涙だった。

 ここバンコクには、内戦状態の祖国を脱出し出稼ぎに来ているイラク人もいる。 タイとオーストラリアの試合当日、サイアムのナショナルスタジアムでは同じ組のイラク対オマーンの試合があった。 スタジアムの周辺にはイラク国旗を持った男たちが早くから意気揚々と闊歩していた。
b0045944_1444563.jpg 試合はグループステージの最終戦ということもあり、既に勝ち点4を挙げ、引き分けでも1位通過となるイラクはゲームプラン通りに引き分け、準々決勝をこのままバンコクで戦う権利を得た。
 かたや狙い通りタイをカウンターの餌食とし、なんとか同組2位に滑り込んだオーストラリアは連日のスコール続きで思いのほか涼しかったバンコクから高温多湿、灼熱のハノイへの移動を強いられた。 後の両国の結末を見る限り、ここが今回のアジアカップにおけるひとつの分水嶺だった。
 続く準々決勝。 イラクは大幅にメンバーを落とした状態でベトナムを2対0で降し、残り2試合に向けて準備万端でクアラルンプールへ乗り込んだ。 AFCの不手際で余計な疲労を溜め込んだせいか韓国には苦戦し、PK戦までもつれたがなんとか振り切り決勝進出を決めた。
 一方のサウジアラビアは、準々決勝でオーストラリアを降した日本にゲームを支配されながらも、数少ないチャンスを確実にモノにし、ゴール前を固めて逃げ切った。

 低レベルの凡戦に終わった3位決定戦に対し、休養が一日長いのも手伝ってか、決勝はエキサイティングな試合だった。
 イラクのサッカーは今大会終盤の日本のサッカーとは対照的なものだった。 すべてがゴールという最終目標から逆算されたパス回し。 そこに高度な戦術などはまったく感じられないものの、常にゴールまでの最短距離を全員が意識し、ひたすらに前を目指すサッカー。 どこか南米の選手を彷彿とさせる個人技とイマジネーション。 飽くなき勝利への渇望が支える驚異的な運動量。 それらはいずれも今大会の日本に欠けていたものばかりだった。
 サウジもよく粘ったが、アジアの古豪復活という今大会のストーリーの中では脇役に甘んずるしかなかった。 準決勝で日本を奈落の底に突き落とした9番のマレクは不発。 結局彼が今回のアジアカップで挙げたのは日本戦での2得点のみ。 4得点で大会の得点王(他2人)をとった高原ほどのコンスタントさはない選手だっただけに、日本の運のなさが改めて悔やまれる。

 国内が未だ内戦状態のなか、堂々たる戦いぶりでアジアを制したイラク代表を称えたい。 彼らは優勝にふさわしいチームだった。 そしてそのことは2010年W杯アジア予選にまたひとつ難敵が加わったことを意味している。 戦い方にこだわるあまり、戦いそのものを放棄した今の日本代表が南アフリカに行ける保証はどこにもない。
b0045944_1494311.jpg

[PR]
by theshophouse | 2007-07-31 01:39 | 蹴球狂の詩 | Comments(4)
Commented by PAYTON at 2007-07-31 12:36 x
管理人さま、まさしく仰る通りです。

常々口の悪いサポが言う、温室育ちサッカー、girlie soccerが全開になってしまいました。
私も無闇に監督批判したくはありませんが、オシムには「小難しい理屈よりも結果で示してくれ」と言いたいです。

ぜひぜひ召集メンバーを再検討してほしい。

疑惑の不手際とか審判は置いといて、日本は勝利への執念が足りなかった。
この点だけはイラクや韓国に完敗だと思います。
Commented by theshophouse at 2007-08-01 15:23
>PAYTONさん 今のオシム・ジャパンと安倍内閣が重なってしまうのは僕だけでしょうか?
いずれも大刷新が必要だと思います。
Commented by PAYTON at 2007-08-02 02:59 x
>管理人さま
たびたび失礼します。
オシム監督と安倍総理ですか…
私は安倍擁護派なのでコメントは控えさせていただきます(笑)
オシムさんも一人の人間としては、とても愛すべき人柄に見えるんですけどねえ。
ところで、A代表の右サイドに中田コはいかがなものでしょうか。
他にA代表に召集される可能性があって、右サイドできる人が思いつきませんでした。

死刑台のエレベーターは、昔レンタルVで見たことがあります。
ジャンヌ・モローの冷たい美しさと、ベンツのガルウィングしか印象に残ってないんですけど。

仏映画って独特の雰囲気があって、聖林映画とはだいぶ違いますよね。
Commented by theshophouse at 2007-08-03 02:40
>PAYTONさん 中蛸どうでしょう。 彼は視野の広いプレイヤーなので、個人的には中盤から後ろの真ん中で使う方がいいような気がします。

ライフログのところに反応してくださったのですね。
「死刑台~」、フィルム・ノワールの傑作ですね。 僕は現像液の中で男と女の画像が浮かび上がるラストが印象的です。
無論マイルスのサントラも好きなんですが。
ライナーの写真の中ではマイルスとジャンヌ・モローも共演しています。
<< RATTAN BASKET S... アジアと世界の狭間で【アジアカ... >>



思うところを書く。
by theshophouse
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
Critique
Asian Affair
蹴球狂の詩
Odyssey
Photographs
Iiko et Tama
Non Category
Food
Mystery
Design
アジア人物伝
Alternative
Books
Movie
Sounds Good
昭和
モブログ日報
F1
号外
Profile
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2001年 10月
フォロー中のブログ
国境の南
osakanaさんのうだ...
青いセキセイインコ推定4...
THE SELECTIO...
V o i c e  o...
わしらのなんや日記
90歳、まだまだこれから...
午前4時から正午まで
藪の中のつむじ曲がり
PISERO しゅうまい...
最新のトラックバック
エス東京オフィス
from はるの日常
才色兼備な「タイのセレブ..
from Boochanの宝探し
チベットでのジェノサイド
from わしらのなんや日記
経済別に選びたい放題!チ..
from Boochanの宝探し
IKEA for ママゴト
from わしらのなんや日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧