Top
アジアと世界の狭間で【アジアカップ2007総括】
b0045944_2551082.jpg
 無様な試合だった。 本当は昨夜の試合について何も書きたくないというのが正直なところだ。
 僕はオーストラリア代表同様、韓国のサッカーが嫌いだ。 技術も戦術もないのに、ただ精神力だけで戦うサッカー。 それはアジアではどうにか通用しても世界では通用しないサッカーである。 そういう意味で、どっからどう見ても草以下の主審のせいで韓国が一人少なくなり、更には監督やコーチまでが退場処分となり、元々彼らが持っている日本への反骨心や精神力を必要以上に刺激したのは非常にまずかった。
 僕は韓国が一人退場で少なくなった時点でPK戦を覚悟した。 試合が力と技の応酬ではなく、単なるガマン大会に成り下がったからだ。 日本は数的有利になる以前からゲームを支配していたが、これによって韓国の土俵で戦わざるをえなくなってしまった。
 一方で、日本が目指しているのはアジアを勝ち抜くサッカーではなく、世界の列強のなかでいかに日本らしいサッカーで勝負していくかということであり、未だその道半ばにある。 常にボールを動かし、プレイヤーは目まぐるしくポジションチェンジし、ボールとプレイヤーの動きを有機的に連動させて崩していくサッカーには、ボールとプレイヤーが動くスペースが必要だ。
 相手が一人少なくなって引かれたオーストラリア戦、中盤を省略して引いてきたサウジ戦、そして昨夜の韓国戦と、日本は完全に引いた相手を崩すミッションを与えられたが、いずれも答えを出すことはできなかった。 残念ながら、今の日本代表には相手に完全に引かれた時に崩しきるだけのアイデアも技術も強引さもなかった。 これは決して今に始まったことではない。
 結局日本は今回のアジアカップにおいて4位という結果に終わった。 その敗因ははっきりしている。

【加地さんの起用】 無意味なだけでなく日本にとって大きなマイナスだった。 すべてを狂わせたと言ってもいい。 昨夜にしても加地さんは数え切れないほど韓国に貢献していたし、事実上韓国の12番目の選手だった。 やはり彼の血がそうさせるのだろうか? 最初から10人対12人で戦っているのだから、相手が一人退場になっても日本は数的不利のままだった。
 そのプレーぶりについて今さら書くのも疲れた。 詳しくはこのカテゴリーの過去ログ「日本の右サイドはこれでいいのか?第1回~第9回」をご参照いただきたい。
 加地さんには代表引退はもちろん、自らそのサッカー人生に終止符を打ってもらうことを激しく熱望する。 今ならまだ若いからいくらでもやり直しがきく。 何なら僕が仕事を紹介してもいい。 とにかく一刻も早く消えてくれ。 日本に帰国する必要はない。 できることならそのままスマトラ島に骨を埋めてもらいたい。

【大会メンバーの人選】 ベンチに使える選手がほとんどいなかった。 使われたのは山岸や羽生ら、ティバでオシムの薫陶を受けたお気に入りの選手と佐藤と矢野だけ。 同じティバでも僕が起用を熱望した水野は結局使われずじまい。 その結果、途中交代もパターン化し、誰が入っても何かが起きる気がまったくしなかった。 すべてはベンチの駒不足が原因だ。

【オシム采配】 無論言いたいことはたくさんあるけれど、ジーコの時みたいに監督批判はしないと決めている。 僕はこのアジアカップで初めて彼がやりたいサッカーがおぼろげながら見えてきたし、その目指す方向、コンセプトは悪くないと思う。 ただ、彼の目指すサッカーを体現するのに、今回のメンバーでは明らかに役不足だった。 

【大会運営】 僕がいたバンコクもスコール続きで涼しかったが、昨夜のインドネシアも涼しかった。 クアラルンプールも同様に涼しかった。 つまり、ハノイが一番高温多湿で酷な環境だった。 当初ずっとハノイで試合ができる日本は有利と思われていたが、実際は累積疲労が溜まり、サウジ戦以降、十分なパフォーマンスを出すことが困難だった。
 東南アジアの4カ国開催と一口に言っても、緯度も経度も大きく異なり、すべての出場国がイコールコンディションで戦うことはできなかった。 加えて試合の行われる都市間の交通も非常に不便なうえ、ホスピタリティは最悪。 選手たちは余計なストレスで更に消耗した。

 色々な意味でアジアと世界との格差の狭間でもがいた今回のアジアカップだった。 コンフェデレーションズ・カップの出場権を逃したのは痛いが、日本サッカーの進化を確認するうえで今後欧州や南米の強豪国とのテストマッチは欠かせない。
 協会やスポンサーとのしがらみを断ち切って、咬ませ犬みたいな三流国やアジア諸国は華麗にスルーし、オシムの顔でそうした列強と戦い、数をこなしていくことでしか日本代表の強化はない。 そうでなければ日本代表は亀田三兄弟化し、果てはドイツの二の舞となることだろう。
[PR]
by theshophouse | 2007-07-29 02:43 | 蹴球狂の詩
<< 戦うということ【アジアカップ2... 11年ぶりの敗戦 >>



思うところを書く。
by theshophouse
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
Critique
Asian Affair
蹴球狂の詩
Odyssey
Photographs
Iiko et Tama
Non Category
Food
Mystery
Design
アジア人物伝
Alternative
Books
Movie
Sounds Good
昭和
モブログ日報
F1
号外
Profile
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2001年 10月
フォロー中のブログ
国境の南
osakanaさんのうだ...
青いセキセイインコ推定4...
THE SELECTIO...
V o i c e  o...
わしらのなんや日記
90歳、まだまだこれから...
午前4時から正午まで
藪の中のつむじ曲がり
PISERO しゅうまい...
最新のトラックバック
エス東京オフィス
from はるの日常
才色兼備な「タイのセレブ..
from Boochanの宝探し
チベットでのジェノサイド
from わしらのなんや日記
経済別に選びたい放題!チ..
from Boochanの宝探し
IKEA for ママゴト
from わしらのなんや日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧