Top
天の配剤
b0045944_222721.jpg
 僕はオーストラリアのサッカーが嫌いだ。
 プレミアリーガーをたくさん抱えるわりには、国技であるオージーボールみたいにフィジカルに頼った面白くも何ともないサッカー。 それだけに、そんな美意識ゼロのサッカーに叩きのめされた1年前のカイザースラウテルンの出来事は余計にダメージが大きかった。 日本がジーコとともに4年の歳月をかけて築き上げてきたサッカーがわずか9分のうちに瓦解したのである。 初戦でのつまづきは大きく、日本はグループリーグでドイツを去った。
 昨夜の試合は、ありきたりの言葉で言うなら「意地とプライドを懸けた戦い」だった。 結果はドローだったものの、PK戦で日本が勝利し準決勝に進んだ。 圧勝で借りを返すというわけにはいかなかったが、内容では終始日本が上回っていた。
 前のエントリーでも書いたように今大会もオーストラリアはいいサッカーをしていない。 タイのサッカーの方がスリリングで面白かったぐらいだ。 オーストラリアには、とにかくヴィドゥカに当てる以外に戦術らしい戦術は存在しない。 タイ相手ではそのフィジカルの違いだけで相手DFを子供扱いしたヴィドゥカだったが、昨夜は中澤と阿部に完封された。 昨夜日本中のサッカーファンがヴィドゥカのいないオーストラリアのサッカーを見たことだろう。 アロイージにしろキューウェルにしろケーヒルにしろ、みな個人個人は素晴らしい能力を持つプレイヤーだが、オーストラリア代表の中に入ってしまえばヴィドゥカという巨大な回転軸にぶら下がって、ただ周りをぐるぐる回っているだけに過ぎない。 それだけにオーストラリアベンチが早々にヴィドゥカを見切り、代わりにキューウェルが入って楽になった。 カイザースラウテルンの時はヒディンクが前線にもう一枚ノッポを入れ、ヴィドゥカへのマークが散漫になってやられただけに、この起用には救われたと言える。 ヴィドゥカはこのアジアカップを最後に代表を退く意志を表明しているので、昨夜が彼の代表でのラストマッチとなるかも知れない。 オーストラリアがアジアで真に危険なチームとなるのは、脱ヴィドゥカの戦術を確立した時だろう。
 日本はハノイに長くいるせいか、選手のコンディションが非常に良かった。 一部の選手を除いて出来も良かった。 中澤と阿部は完璧な仕事をしたし、鈴木啓太も惜しみなく動いてピンチの芽を摘んだ。 駒野は積極的に攻撃参加し、後半右サイドに入ってからも良く動いた。 遠藤と俊輔は落ち着いてボールを捌き、巻も献身的に動いた。 高原の同点ゴールには救われたし、能活のPK戦でのセーヴは3年前のVTRを見ているようだった。
 不満が残るのはミスが目立った中村憲剛と右サイドの加地さんということになる。 特に加地さんは相変わらずパスを貰っても自分で局面を打開する姿勢すら見せないでバックパスか横パスばかりで、縦にボールを入れるシーンがほとんどない。 相手DFを目掛けての正確無比なクロス、不安定感抜群のディフェンスは、まるでオーストラリアの12人目の選手かと見紛うばかりだった。
 準決勝に向けての光明は、その加地さんがケガで途中交代したこと。 きっとこれはサッカーの神様がアジアカップ3連覇を狙う日本代表にもたらしてくれた天の配剤である。 次戦こそはディフェンス面に多少目をつぶってでも右サイドに水野を使っては貰えないだろうか。 無論加地さんのことである。 「次は休め」と言ってもゾンビのようにしぶとく復活してくるだろうが、それでも水野を試して欲しい。 経験とは真剣勝負のなかでしか培うことができないものだからだ。
 日本はあと2試合戦える。 停滞しっ放しの日本の右サイドに「水をこぼしまくる人」はもういらない。 澱んだ水が腐臭を放っている右サイドに新鮮な水を注いで欲しい。
[PR]
by theshophouse | 2007-07-22 02:19 | 蹴球狂の詩
<< 11年ぶりの敗戦 タ、タ、タイランド~ >>



思うところを書く。
by theshophouse
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
Critique
Asian Affair
蹴球狂の詩
Odyssey
Photographs
Iiko et Tama
Non Category
Food
Mystery
Design
アジア人物伝
Alternative
Books
Movie
Sounds Good
昭和
モブログ日報
F1
号外
Profile
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2001年 10月
フォロー中のブログ
国境の南
osakanaさんのうだ...
青いセキセイインコ推定4...
THE SELECTIO...
V o i c e  o...
わしらのなんや日記
90歳、まだまだこれから...
午前4時から正午まで
藪の中のつむじ曲がり
PISERO しゅうまい...
最新のトラックバック
エス東京オフィス
from はるの日常
才色兼備な「タイのセレブ..
from Boochanの宝探し
チベットでのジェノサイド
from わしらのなんや日記
経済別に選びたい放題!チ..
from Boochanの宝探し
IKEA for ママゴト
from わしらのなんや日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧