Top
悪態型テレビ鑑賞法
 恥ずかしながら僕はテレビがないと生きていけない類いの人間です。 家にいる時はだいたいテレビをつけていないと落ち着きませんし、見ていない時でもテレビの音が生活騒音として流れていないと何だか不安なのです。 まあこれはほとんどビョーキです。
 毎日テレビを見ていると実に様々な映像や音声を見聞きすることになります。 それらのなかには美しいものや醜いもの、面白いものや退屈なもの、強いものや弱いもの、つまりは世の中のほとんど全てのものがあります。 特に最近のテレビ放送は、万人に見せるものであるにも関わらず「きちんと選ばれていない」素材や題材が多すぎて、まさに情報のタレ流しといった感さえします。
 そんな僕のストレス解消のひとつが「テレビに向かって悪態をつく」ことです。 最近僕が毎週悪態をつきながら見ているのが、TBS系の「世界遺産」という番組です。 最初に断っておきますが、この番組はとてもいい番組です。 世界遺産である素材の選定はもちろんのこと、その魅力を余すところなく伝えるハイビジョン撮影による質の高い映像など、番組としてかなりのレベルに達していると言っていいでしょう。 ただひとつ緒方直人のナレーションを除いては。
 先日はマダガスカル島の特集で、世にも不思議なバオバブの木や例の横っ跳びで有名なキツネザルの映像など楽しく見ていたのですが、全編にお経のように流れる緒方直人のナレーションが気になってしょうがない。 というか不快である。 なぜ彼はあのように平板な喋り方をするのだろうか。 あまりにイントネーションがなさ過ぎて、ときおり言葉の語意さえも把握しかねる状態に陥ってしまう。 たぶん彼は、森本レオや江守徹がナレーションという分野で独自の世界を築き上げたようなことを自分も成し遂げたいと思ってやっているのであろうが、現状を見る限り勘違いと言わざるをえない。
 この場合、彼にとって語りの対象である世界遺産は、自然物の場合は人跡未踏の秘境であったり、また人工物であっても歴史的建造物などが主なので、ナレーションに求められるのは過度の感情移入でないことは確かである。 だからといって全編を般若心経のように喋るべきでは断じてない。 よいナレーションとは、映像と一体化して自然に受け手の体の中に入ってくるようなものであると僕は思う。 もっとも、僕に言われる前に彼の父親が一言「おまえ、あの喋りはマズいよ。」と諭すべきである。
 プロ野球もよく見る。 解説者を名乗るプロ野球OBたちの間抜けな喋りに悪態をつくためだ。 彼らの仕事ぶりを見ていると「野球解説者ほど誰にでもできる仕事はない」ことを痛感させられる。 やれ次はカーブだフォークだ、結果論ですが云々、ここまできたら技術じゃないですね気持ちの勝負ですね等々。 彼らの常套句には枚挙にいとまがない。
 ピッチャーが次に投げる球種を予想することにどれだけの意味があるのか。 しかもよく外す。 スポーツは何でもダイナミックなもので、今そこで起こっていることである。 予想は無意味だ。 起こった結果に対して、その結果に至った原因を技術面と精神面から解説すべきなのである。 結果論は聞き飽きたし、テレビを見てる誰もがわかっていることをあえて言う必要はまったくない。 気持ちだけでヒットが打てるわけがない。 そんな解説は川藤ひとりで十分だ。 最後は技術なのである。 プロ野球のOBとして、あらゆる局面での選手のリアルな心理状態の推測と、なにより技術解説こそ不可欠ではないか。 僕はイチローがなぜあんなにヒットを打てるのか知りたいが、そのことを明確に説明した解説者を知らない。
 ヒーロー・インタビューで完投した投手に「今日のピッチングは100点満点で何点でしたか?」と聞くオバカなアナウンサーも後をたたない。 プロのインタビューアーであるならば、その日の彼のピッチングを自分なりに分析し、彼に「よくぞ聞いてくれました」と思わせるような質問をしてナンボではないのか。 そもそもピッチングなどというものは100点満点で採点できるような性質のものではないし、仮にマヌケなピッチャーが「80点ぐらいですかね。」などと答えても、視聴者としては「ふうん」と思うだけである。 僕がそのピッチャーだったら、そのての質問はシカトしてそいつに恥をかかせてやるのに、と思う。

 とまあ僕はこのように少々ひねくれた態度でテレビを見ているわけですが、人様に見せるにも聞かせるにもお粗末なものがテレビの世界には横溢しているわけで、そうしたものに悪態をつきながらテレビを見るというのはなかなか高尚な趣味であると思っています。 抗議電話をかけるようなみっともない真似だけはしない、というのがこの趣味における唯一のルールです。(1999/8/21出稿を再録)
[PR]
by theshophouse | 2004-10-17 14:39 | Critique
<< ワールドカップ観戦記/Tuni... さん付けについての考察 >>



思うところを書く。
by theshophouse
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
Critique
Asian Affair
蹴球狂の詩
Odyssey
Photographs
Iiko et Tama
Non Category
Food
Mystery
Design
アジア人物伝
Alternative
Books
Movie
Sounds Good
昭和
モブログ日報
F1
号外
Profile
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2001年 10月
フォロー中のブログ
国境の南
osakanaさんのうだ...
青いセキセイインコ推定4...
THE SELECTIO...
V o i c e  o...
わしらのなんや日記
90歳、まだまだこれから...
午前4時から正午まで
藪の中のつむじ曲がり
PISERO しゅうまい...
最新のトラックバック
エス東京オフィス
from はるの日常
才色兼備な「タイのセレブ..
from Boochanの宝探し
チベットでのジェノサイド
from わしらのなんや日記
経済別に選びたい放題!チ..
from Boochanの宝探し
IKEA for ママゴト
from わしらのなんや日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧