Top
アフリカ最強国との過酷なテスト
 ガーナ戦。 日本0対1の敗戦。 出張と重なり、代表の中東遠征は見逃していた僕にとって久々のオシム・ジャパンの試合。 まだまだ色々な選手を試している段階のチームを断定的に評価することは難しいが、僕にとっての前の試合であるホームでのイエメン戦から代表が着実に進歩しているとは到底思えない内容だった。
 前半、時差ボケもどこ吹く風、予想に反して飛ばしてきたガーナ。 前からプレスをかけられた日本の急造3バックの球回しはおぼつかないものの、組織的な攻めが皆無の相手にも救われどうにか破綻を逃れた。 ただ、ガーナのプレッシャーを恐れるあまり、バックパスを連発して逆にピンチを招く場面もあり、このままじゃいつかやられるなという雰囲気。 攻めに関してはガーナの最終ラインがかなり高めだったこともあり、何度か裏を取るシーンもあったが相変わらずの決定力不足。
 後半はサイドを崩そうとする意図がみられたガーナ。 左サイドを起点に何度か危ないシーンを迎えるが何とか持ちこたえるも、今度は逆に右サイドを崩され、ゴール前に入れられた速いグラウンダーのクロスにピンポイントで合わされ失点。 詰めの甘さを露呈した。
 その後オシムは次々と選手を投入し、失点後は戦略的というよりも半ば顔見世興行的になってしまったが、これだけ急激に多くの選手(6人)を入れ替えると、約束事もコンビネーションも醸成されていない現状では混乱を招くことの方が多かったのではないだろうか。 ただむしろSの気があるオシムはそのような過酷な状況を敢えて設定することで個々の選手の能力を見極めようとしているフシがある。
 そんな新顔のなかでも僕が注目していたのは川崎の中村憲剛。 ワクワク感ゼロの今回の代表メンバーの中にあって唯一期待できる選手だったが、代表デビューとなった今夜は及第点をあげてもいいだろう。 1点ビハインドの状況で投入されたことを理解し、前へとボールを繋ぐ意識は見てとれた。 また中村よりもゴールへの意識が感じられた長谷部。 今日の山岸や遠藤、鈴木啓太の出来だったら、結果この二人が先発でも良かったとすら思う。
 中村同様代表デビューだった水本。 身体能力に勝る相手に良く対応していた。 久しぶりのディフェンダーらしいディフェンダーである。 層が薄い代表のディフェンス陣のなかで今後貴重な戦力になってもらいたいものである。 無論、川口の安定したプレイも評価に値する。
 毎度の決定力不足のフォワード陣には厳しい評価を下さなければならない。 佐藤寿人はディフェンスし過ぎ。 巻は「利き足は頭」発言を撤回すべき。 我那覇が鋭かったのは眼光だけ。 唯一播戸だけがゴールに向かう迫力があった。 この分野の人材不足にオシムの苦悩は退任するまで続くことだろう。
 現状ではチームとしてというより、やがてオシム・ジャパンの中核となっていくべき原石をいかに発掘するかの方が重要なのかも知れない。 アジア・カップ出場という当面の目標をクリアしながらそれを実行することは簡単ではないが、今後のオシムの手腕に期待したいと思う。
 それにしてもエッシェンはいい選手だった。 さすがにチェルシーでレギュラー張ってるだけのことはある。 あのクラスの選手が一人いるだけで全体の意識が随分違ってくるだろうし、チームの核になっていた。 たいして組織されているとは思えないチームなのに、遠路はるばるやって来て、時差ボケも取れないうちにちゃんと結果を出すあたり、悲しきかな日本代表とは天地の開きがあると実感。
 それにしても代表の応援は相変わらず。 メリハリもなければ威圧感もない。 90分ほぼ歌いっ放しというのもそろそろ見直す時期に来ているのではないだろうか。 こと応援に関して言えば年々劣化の一途を辿っている気がする。 それから中継したT豚S。 わざわざオフサイドカメラを据えてるんだったら微妙なプレイは全部スローで再生しろ。 オフサイドとられたシーンをゴール裏からのカメラでスロー再生するってバカじゃないの? 報道もダメ、ドラマもダメ、スポーツもダメな局にTV局としての存在価値はない。
[PR]
by theshophouse | 2006-10-04 22:31 | 蹴球狂の詩 | Comments(0)
<< バンコク出張記2006秋 バン... ビルマの旅8 シュエダゴン・パゴダ >>



思うところを書く。
by theshophouse
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
Critique
Asian Affair
蹴球狂の詩
Odyssey
Photographs
Iiko et Tama
Non Category
Food
Mystery
Design
アジア人物伝
Alternative
Books
Movie
Sounds Good
昭和
モブログ日報
F1
号外
Profile
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2001年 10月
フォロー中のブログ
国境の南
osakanaさんのうだ...
青いセキセイインコ推定4...
THE SELECTIO...
V o i c e  o...
わしらのなんや日記
90歳、まだまだこれから...
午前4時から正午まで
藪の中のつむじ曲がり
PISERO しゅうまい...
最新のトラックバック
エス東京オフィス
from はるの日常
才色兼備な「タイのセレブ..
from Boochanの宝探し
チベットでのジェノサイド
from わしらのなんや日記
経済別に選びたい放題!チ..
from Boochanの宝探し
IKEA for ママゴト
from わしらのなんや日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧