Top
カーンはゴイコチェアになれるのか?
 ドイツ戦。 2対2の引き分け。 自国でありながら、日本というのはよくわからないチームだ。 ショボい相手にホームでコロッと負けたかと思うと、アウェイで強豪に勝ったりする。 これまでの4年間を振り返ってみても、どちらかというと外弁慶なのがジーコ・ジャパンである。
 日本は前半、怪我から復帰した柳沢と高原のツートップにうまくクサビが入り、ヒデの惜しいシュートなどいい形をつくったが、次第にドイツの攻勢を受け、守備の時間が長くなった。 得点を許すのは時間の問題かと思われたが、ドイツの攻撃もゴール前での精度を欠いた。 ドイツにいつもの迫力はない。 そんななか加地さんがシュバインシュタイガーに後方から削られて負傷退場。 右サイドには駒野が入った。
 後半、立ち上がりからドイツのペースがやや落ちているような印象。 選手たちは長いシーズンの疲労を引きずったままプレイしている。 一方シーズン真っ只中で、国内合宿でフィジカルも相当上げてきた日本は、選手たちの動きの質、量ともにドイツを上回る。 かたや優勝を義務づけられた強豪のホスト国。 かたや予選リーグ突破に主眼を置く新興国。 これから徐々にコンディションを上げていけばいいチームと、予選リーグの初戦にピークを持っていこうとしているチームの仕上がりの違いが徐々に現れてきた。
 中盤で福西やヒデが相手ボールを奪う機会が増える。 少なくとも、守備から攻撃への意思統一、ボールをどこで奪ってどう展開するかという狙いが明確な今夜のジーコ・ジャパン。 何やら得点の匂いが漂ってきたと思っていたら、自陣からのボールを柳沢→俊輔→柳沢→高原とつないでレーマンと1対1。 いつものように宇宙開発のオチがつくかと思われた高原のシュートがネットを揺らして1点先制。 絶妙のタイミングで飛び出した高原はもちろん、短いシークエンスの中で2度もボールに絡んだ柳沢と、ドイツの中盤のチェックをかいくぐってタメをつくり柳沢にパスを通した俊輔のプレイは賞賛に値する。
 2点目も高原。 ペナルティエリア付近で駒野からのパスをトラップミスし、相手DFに間合いを詰められた高原だったが、その距離の近さが功を奏したのか、たいして鋭くもないターンにも関わらずエリア内に侵入し右脚一閃。 後半20分の時点でホスト国ドイツに2点をリードした。 今夜の高原には何かが降りてきているのだろうか。
 相変わらずドイツの攻めに迫力はない。 今夜はセットプレイだけ気をつけてたら勝てるな、と思い始めた後半30分、シュバインシュタイガーのFKをゴール前でクローゼに合わされて1点差。 宮本が捕まえていなければならないクローゼだったが、あそこで前に入られたらDFは失業だ。 宮本のファウルで与えたFKだっただけに、宮本には体を張って欲しかった。 さらに35分、右からのFKをシュバインシュタイガーに合わされて同点。中澤がファーサイドのクローゼに引っ張られてニアサイドが手薄だったところをやられた。
 終了間際、日本が勝ちにいったシーンがあった。 中盤で右サイドの駒野に展開、駒野が十分にタメをつくっている間に逆サイドにヒデや三都主らが殺到する。 駒野の折り返しをヒデが頭でゴール前の大黒に落としたが、惜しくもゴールならなかった。 本番でもこういう殺気を感じさせられる攻撃を見せて欲しい。

 振り返ってみると、いろんな意味で収穫の多い試合だった。 攻撃はひとまず合格点を与えていいだろう。 皮肉なことに加地さんが負傷退場し、駒野が入った途端に右サイドが活性化した。 三都主がさっぱりの出来だったので余計駒野の積極性が目を引いた。 もし加地さんの怪我の状態がおもわしくないのでれば、迷うことなく松井大輔を緊急招集してもらいたいものだ。
 ただ、日本には強豪相手に2点リードした時点での試合の進め方というケース・スタディが明らかに不足している。 そもそもドイツ相手に後半残り半分の時点で2点リードという想定外の事態である。 選手たちのなかに変な動揺があっても不思議ではない。 このまま引いて守り切るべきか、さらに3点目を狙うか。 その微妙な意識のズレが続けざまの失点に繋がったとみるべきだろう。 2点とも集中していれば防げた失点だった。
 それにしてもホスト国ドイツの低調さはどうだろう。 確かに日本の出来は決して悪いものではなかった。 だが日本のスピードに翻弄されるようではホームでの優勝はおろか、ベスト16が関の山ではないか。 予選リーグは組み合わせに恵まれたが、早めにコンディションを上げていかないと苦しいだろう。 創造性や偶然性を極力排除し、力や高さといった物理的な要素とロジックでゴリ押ししてくるいつものドイツらしい攻めのかたちはまったく見られず、セットプレイにおける日本の稚拙な守備に助けられただけ。 結局このチームは良くも悪くもバラックのチーム。 彼の出来にチームの浮沈がかかっていると言っていい。
 今夜に限って言えば、大和魂のほうがゲルマン魂よりも魅力的で刺激的であった。 今のドイツ代表にはかつてのベッケンバウアーやルンメニゲ、カーンのような闘将がいない。 僕はやはりカーンを正GKに戻すべきだと思う。 レーマンはCLで無失点記録をを続けていたが、プレミアリーグの後半には大量失点する試合もあり、CL決勝戦ではあのようなミスを犯した。 幸運は、もう既に彼の元にはない。
 僕は、W杯のどこかの試合で、またレーマンが一発レッドで退場になる気がしてならない。 そこで急遽出場したカーンが神がかりのセーブを連発して瀕死のドイツを救う。 これに勢いづいたドイツはあれよあれよと決勝に駒を進める。 そんな気がしてならないのだ。 そう、90年イタリア大会のアルゼンチン代表GK、ゴイコチェアのように。
[PR]
by theshophouse | 2006-05-31 22:09 | 蹴球狂の詩
<< マルタに突きつけられたもの フェロー諸島のスタジアム >>



思うところを書く。
by theshophouse
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
Critique
Asian Affair
蹴球狂の詩
Odyssey
Photographs
Iiko et Tama
Non Category
Food
Mystery
Design
アジア人物伝
Alternative
Books
Movie
Sounds Good
昭和
モブログ日報
F1
号外
Profile
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2001年 10月
フォロー中のブログ
国境の南
osakanaさんのうだ...
青いセキセイインコ推定4...
THE SELECTIO...
V o i c e  o...
わしらのなんや日記
90歳、まだまだこれから...
午前4時から正午まで
藪の中のつむじ曲がり
PISERO しゅうまい...
最新のトラックバック
エス東京オフィス
from はるの日常
才色兼備な「タイのセレブ..
from Boochanの宝探し
チベットでのジェノサイド
from わしらのなんや日記
経済別に選びたい放題!チ..
from Boochanの宝探し
IKEA for ママゴト
from わしらのなんや日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧