Top
茶番の先にあった紛うことなき栄光【WBC総括その1】
b0045944_30471.jpg
 「たった今ぺトコパークに君が代が響き渡りました。」 CM明け、テレビから発せられた船越アナの言葉には耳を疑った。 このキューバとの大一番、イチローがどんな表情で君が代を聞いているのか? 日本人なら誰もが観たいシーンである。 日テレは君が代を完璧にスルーして、キューバ国歌と、なぜか必ず試合前に流れていた開催国アメリカ国歌はフルコーラス、ノーカットで放送した。 明らかに作為的なものを感じ、この数時間先の結果に不吉なものを感じながら、試合開始を待った。
 韓国戦前から担げるだけのゲンを担ぎ、その重さにフラフラになりながらも仕事場に向かい、仕事場の隅に鎮座しているテレビのスイッチを入れる。 いつもどおりに仕事をしながらも、視界の隅にテレビを常に捉えた状態で、試合情勢の変化に対応する準備はできていた。 あらかじめ昼食も買い、スキをみて食べるつもりだ。 ただ、試合開始の時には完全に画面に集中していたのである。 そんななかで行われた日テレの暴挙。 トリノの「NHK荒川静香日の丸ウイニングラン・カット事件」が頭をよぎる。
 ところがそんな不安を一掃するように日本の選手たちが躍動する。 西岡とイチローがチャンスメイクし、多村の押し出し死球と小笠原の押し出し四球、今江のタイムリーで初回に一挙4点を先制。 5回には多村の内野安打と小笠原の犠牲フライで2点を追加。 9回にはイチローのタイムリーと代打福留のタイムリー、小笠原の犠牲フライでとどめの4点。 先制、中押し、ダメ押しの理想的な得点を、松坂 - 渡辺俊 - 藤田 - 大塚のリレーで封じ切り、追いすがるキューバを10対6で振り切ったのだった。

 交代で出てきた渡辺俊が5回の裏を3人で片付けたあたりから、僕は何だかよくわからないけど泣けてきてしまった。 ただそれも日本が7回の守りでミスを連発し、8回に1点差まで追い上げられると一気に涙腺は閉じ、頬を伝うのは冷や汗に変わってしまった。 本来なら1イニングのみの大塚が8回1死で緊急登板し、続く二人を仕留めたのは本当に大きかったと思う。
 9回、相手に傾きかけた嫌なムードを日本に引き戻したのはやはりイチローだった。 ここぞのタイムリーに川崎が神業的なスライディングで貴重な追加点。 あのままキャッチャーが腰を落としていたら、彼の右手は折れていただろう。 とても勇気あるプレイだった。 続く代打福留のタイムリーで今度はイチローが相手捕手のタッチをかいくぐって生還。 さらに小笠原が打ち上げた浅いライトフライに、松中がこの日二度目のタッチアップで本塁突入。 決して俊足とは呼べない男の気迫のスライディングは、キャッチャーの落球がなくてもセーフだっただろう。 この日ノーヒットながら押し出し四球を選び、ふたつの犠牲フライを打ち上げ3打点を記録した小笠原は、目立たないけれど間違いなく勝利の立役者である。
 9回、必死の形相で次々とホームに帰ってくる日本の選手たち。 報酬でもなく、ましてやもちろん兵役免除でもなく、ただ目の前にあるものをつかみ取ろうとするその姿に、僕は心を揺さぶられた。 そして彼らの目の前にあったもの、それはやはり「栄光」だった。 視界の中で歓喜の声を上げる彼らの姿が滲んだ。

 かつて僕は今回のWBCを「茶番」と断じた。 アメリカのアメリカによるアメリカのためのWBCにしか思えなかったからだ。 しかし、メキシコがアメリカに勝ってくれたおかげで日本が韓国にリベンジする千載一遇の機会が生まれ、日本はそのチャンスをモノにした。 決勝にもそのままの勢いを持ち込んで、キューバ投手陣を粉砕し、優勝という望外の結果を得た。
 終わってみれば、アメリカのアメリカによるアメリカのためのWBCであったはずの大会が、「イチローのイチローによるイチローのためのWBC」になっていた。 MVPこそ松坂に譲ったものの、多くの日本人はMVPにイチローを選ぶことだろう。
 もしボブのような工作員に三度も助けられたアメリカが準決勝に進んで、結果優勝でもしていたら、この大会は本当の茶番でしかなかった。 また、二次リーグまで6戦全勝という好成績をあげながら、準決勝で日本に敗れたためにベスト4に甘んじなければならなかったのが悔しいのはわかるが、その事で日本の優勝を「きまり悪い優勝」だの「恥ずかしい優勝」だのと揶揄し、相変わらず民度の低いところを見せつけ、開催期間中に唯一のドーピング違反者を出し、WBCに泥を塗った韓国が優勝していても同様だろう。 負けを受け入れ、勝者を称えられない国に永遠に勝者になる資格はない。
 茶番になりかけたWBCを救ったのは王ジャパンであり、イチローだ。 日本こそWBCの初代王者に相応しいチームだった。 ただ、それもすべてはメキシコのおかげだ。 アメリカ戦の前日ディズニーランドで派手に遊んでいるメキシコの選手を見た時、「こりゃもうアカンかも」と正直思ったが、彼らがアメリカに2点を取って勝ってくれたからこそ、今日の王ジャパンの栄光がある。
b0045944_3101816.jpg
 WBC、とは言ってもこちらはボクシングの話なのだが、ちょうど野球のWBCの二次リーグが始まる直前の3月8日、東京・両国国技館で、WBC(世界ボクシング評議会)フライ級8位の亀田三兄弟長男・亀田興毅と同級13位のカルロス・ボウチャン(メキシコ)の試合があった。 亀田興毅はこの試合を世界タイトルへの前哨戦と位置づけ、例によって最初からKOを狙っていたが、百戦錬磨の世界ランカーでサウスポーのボウチャンになかなかクリーンヒットを見舞えず苦戦。
 6ラウンド、ボディーを打ち合った両者だったが、やがて亀田のローブロー(相手の下腹部を殴ること:ボクシングにおいてはトランクスのベルトラインより下を殴ることは反則となる)気味の左ボディーアッパーが入ってボウチャンは失速。 ボウチャンもセコンドもレフェリーに対してローブローをアピールするも認められず、更に連打でたたみかけた亀田はさらにもう一発ローブロー気味の左ボディーアッパーを食らわせ、ボウチャンはたまらずダウン。 以下は試合後のボウチャンのコメントと検証画像である。

「亀田は序盤からローブローを打ってきたが、6Rは特にひどかった。 レフェリーに訴えたけど、何もしてくれなかった。  亀田は強いが、再戦するなら日本では試合をしたくない。」
b0045944_333353.jpg
このシーンの動画【KAMEDA KOUKI KINTAMA SHOT / You Tube】

 完全にローブローです。
 本当にありがとうございました。

 これははっきり言って、親愛なるメキシコ人に我々日本人一億総懺悔の状況なのである。 いくら序盤でKOできないからといって焦り、反則パンチを連発した亀田興毅と、不公正なジャッジをしたレフェリーに成り代わり、僕はカルロス・ボウチャンとすべてのメキシコ人に謝罪したい。 本当に済まなかった、と。
 おりしも3月15日、日本の命運を握るメキシコ対アメリカ戦の前日、皇太子様はメキシコで開催される「世界水サミット」にご出席されるために皇居をお発ちになったが、それはあくまで表向きの理由に過ぎず、真の目的は傷心のまま帰国したボウチャンをねぎらい、亀田の非礼を詫び、メキシコ国民へネゴして下さることにあったと見るべきだろう。 その結果がメキシコ奇跡のアメリカ戦勝利、である。 日本の皇室外交が、王ジャパンを蘇生させたのだ。
 皇太子様、ありがとうございます。 そして、ビバ・メヒコ! ムチャス・グラシアス!
[PR]
by theshophouse | 2006-03-23 01:52 | Critique | Comments(0)
<< 日韓プロ野球コミッショナー考【... 王JAPAN世界一キタ━━━━... >>



思うところを書く。
by theshophouse
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
Critique
Asian Affair
蹴球狂の詩
Odyssey
Photographs
Iiko et Tama
Non Category
Food
Mystery
Design
アジア人物伝
Alternative
Books
Movie
Sounds Good
昭和
モブログ日報
F1
号外
Profile
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2001年 10月
フォロー中のブログ
国境の南
osakanaさんのうだ...
青いセキセイインコ推定4...
THE SELECTIO...
V o i c e  o...
わしらのなんや日記
89歳、まだまだこれから...
午前4時から正午まで
藪の中のつむじ曲がり
PISERO しゅうまい...
最新のトラックバック
エス東京オフィス
from はるの日常
才色兼備な「タイのセレブ..
from Boochanの宝探し
チベットでのジェノサイド
from わしらのなんや日記
経済別に選びたい放題!チ..
from Boochanの宝探し
IKEA for ママゴト
from わしらのなんや日記
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧