Top
茶番の先にあるもの
 ワールド・ベースボール・クラッシック(WBC)日米決戦、日本は疑惑の判定もあり、サヨナラ負けで涙をのんだ。 だいたいこのWBCがアメリカ主導で行われると聞いた時から「ロクなもんじゃないな」という思いはあった。 日本が最後まで参加を渋ったのもうなずける。 イラク戦争を筆頭に、今世界中のありとあらゆる分野でアメリカ主導で行われている事の多くが良い結果を生んでいないからである。
 二次リーグ以降の組み分けを見ても、アメリカはドミニカ、プエルトリコ、キューバ、ベネズエラといった中南米の強豪国とは決勝まで対戦しないでいいようになっている。 仮に二次リーグでアメリカ1位、日本2位でそれぞれ通過した場合、準決勝ではまた日米決戦となる。 アメリカはワールドシリーズの権威が失墜することを恐れるあまり、自国をほぼ無風状態で決勝まで進めるように画策したのがミエミエだ。
 つまるところ、アメリカというのはいつだって自国の利益のみを最優先する国家である。 そんなアメリカが主導するこのWBCだが、対照的にサッカーのW杯はFIFAという国際的な組織が中心にある。 確かにFIFAにも欧州偏重主義的なところはあるが、それでもアメリカ一国が主導するWBCとは根本的に違う。 この試合にしてもオーストラリア人の三塁塁審を除く3人(球審、一塁塁審、二塁塁審)はすべてアメリカ人であった。 しかも球審を務めていたのは1999年にメジャーリーグを追放され、ロッテのバレンタイン監督にも「目立ちたいがためにボークを良く取る審判」と指摘されるデビッドソン氏。 そもそも対戦当事国の人間が審判を務めることなどサッカーではありえないうえに、なんとこのWBCではメジャーリーグの審判は誰一人おらず、みなマイナーリーグの審判たちだという。 これが野球世界一決定戦の実体である。 選手は一流でもそれを裁く審判は四流。 この疑惑の判定、或る意味起こるべくして起こったとも言っていい。 2002年ウリナラ杯のモレノ主審と同じ構図だ。
 今回の判定は一度セーフとジャッジされたものが、アメリカ代表監督の抗議で覆るという、あまりに理不尽なものであった。 ただ、どんなに理不尽な判定だろうが、その権利が審判という不確定要素を多分に含む存在に委ねられている以上、受け入れるしかないだろう。 そうした意味で、試合後の王監督とイチローの会見は、なかなか考えさせられるものがあった。 二人の話を聞いていて感じたのは、二人とも同様にサムライのメンタリティーを持っているということ。
 王監督は、判定について「一度出たジャッジが変わらないというものが野球だとわれわれは考えているから。 二塁塁審がランナーとボールを見て、捕るのと走るのを確認しているわけだから、その塁審がジャッジしたものが最終だと、われわれの習った野球や、やってきた野球はそういうものだと思っている。 特にアメリカだから、判定が訂正されるということは、世界中で見てるのにアメリカのためにもならなかったと思う。」と異議申し立てはしたものの、ジャッジについて提訴できないことを理由に、これ以上の言及を避けた。
 王監督同様険しい顔で会見に臨んだイチロー。 WBCに参加してからというもの、これまで多くの人が持っていた「クールで個人主義のイチロー像」をいい意味で裏切り続けてきた彼の口をついて出たのはこんな言葉だった。
 「この野球の国に来て、最高の舞台で君が代を聴いて、あらためて日の丸の重みというものをあの瞬間に感じたし、選手はみんな国歌を聴いて、強い気持ちを持ってゲームに入ることができたと思います。 こういう気持ちになったのは、僕は初めてでした。」
 やっぱり日本代表の「右翼」はこの男しかいない、と思わせるイチローの言葉である。 国と国とがぶつかるというただそれだけの事が、あのイチローですらルーティーン・ワークになりかかっていた野球に新たな地平を垣間見せたということだろうか。 それも未開の大地を。
 イチローはまた、直接問題の判定には触れず、自身が凡退した7回のチャンスを振り返り、「僕の完全なミスです。 100パーセント、僕のミス」と自分を責めた。 また王監督が抗議中に選手たちがグラウンドに出なかったことを問われると、「チーム全員が判定に納得できなかったし、監督が抗議している時に僕たちだけグラウンドへ行くことなどできない。」と語った。 むしろ会見場で質問攻めにすべきは、王監督が面と向かって抗議中なのにも関わらず、日本のダッグアウトに向かって指を振り、グラウンドに出るように指示を飛ばしていた球審。 やはりメジャーを追放されただけあって、自分の立ち位置もよく見えていないらしい。
 イチローがWBCに参加した大きな理由に「メジャーリーグにおける人種差別問題」があると言われている。 イチロー自身、いまだ白人至上主義と言われるメジャーリーグの中でマイノリティーとしての自分を感じながらも、人一倍の努力を重ねて今の地位を築いてきた。 そんなイチローにあってもいまだに多くの不可解な判定に悩まされ、そこには人種差別的な意図を感じることがあるという。
 つまりイチローは日本代表の一員としてアメリカと戦って勝つためにこのWBCに参加したのである。 勝つことによって、そんなメジャーリーグの白人至上主義を根底から揺さぶってやろうと考えたのである。 そんなイチローにとってこの試合は決してただの二次リーグの一試合などではなかった。 しかし、イチローにとっては満を持して臨んだこの試合も不可解な判定、それもとびきり不可解な判定で敗れてしまったことは何とも皮肉である。
 「消化しづらいゲーム。 後味は悪いし、明日ゲームがあったらつらい。」 イチローは整理できない胸の内を率直に言葉にした。 アメリカのアメリカによるアメリカのためのWBC。 茶番の先にあるのは、それでも栄光と呼べるものなのだろうか。
b0045944_1822167.jpg

疑惑の判定【動画/WMV】
疑惑の判定【You Tube】
“渦中”の球審とはどんな人物!? システムの欠陥を露呈したWBC【スポーツナビ】
球審は「ボーク・デービッドソン」=バレンタイン監督が憤慨-WBC【スポーツナビ】
World Baseball Classic
[PR]
by theshophouse | 2006-03-14 18:30 | Critique
<< 祝!準決勝進出の日本代表が戦わ... 剛毛披露 >>



思うところを書く。
by theshophouse
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
Critique
Asian Affair
蹴球狂の詩
Odyssey
Photographs
Iiko et Tama
Non Category
Food
Mystery
Design
アジア人物伝
Alternative
Books
Movie
Sounds Good
昭和
モブログ日報
F1
号外
Profile
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2001年 10月
フォロー中のブログ
国境の南
osakanaさんのうだ...
青いセキセイインコ推定4...
THE SELECTIO...
V o i c e  o...
わしらのなんや日記
90歳、まだまだこれから...
午前4時から正午まで
藪の中のつむじ曲がり
PISERO しゅうまい...
最新のトラックバック
エス東京オフィス
from はるの日常
才色兼備な「タイのセレブ..
from Boochanの宝探し
チベットでのジェノサイド
from わしらのなんや日記
経済別に選びたい放題!チ..
from Boochanの宝探し
IKEA for ママゴト
from わしらのなんや日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧