Top
インド人すら抜けない三都主、怒りの長距離砲連打
 インド戦。 日本6対0の勝利。 はなからこの試合は5対0以下はありえないと思っていたので、結果だけを見ればまずまずだろう。 インドも後半やや息切れしたものの、組織的にプレスをかけてきたあたりはW杯予選の頃のチームとは違い、数段良くなっていた。 ただ、それを差し引いても前半の日本の停滞ぶりはいただけない。 かたや間近に控えたW杯に臨もうというチームと、アジア一次予選でグループ最下位に甘んじたチーム。 しかもホームでの試合とくれば、前半から2、3点取って圧倒しなければ物足りない。
 日本が前半イマイチだったのは、アメリカ戦でも露呈した最終ラインでの稚拙なパス回しと両サイドの停滞、さらにラストパスの精度の低さに要因があったと思う。 DFラインでのイージーなパスミスが目立ったし、選手間の意思疎通もイマイチ。 三都主は1対1でも抜けないし、加地さんはバックパスばかりで、たまに上げるクロスはすべて相手へのプレゼントボール。 それにしても1対1でインド人も抜けないブラジル人って・・・。
 ハーフタイム。 控え室でジーコから往復ビンタで活を入れられたのは藁、ボンバヘ、宮本。 グーで殴られたのは三都主。 控え室にも入れてもらえなかったのは加地さんと思われる(いずれも推定)。 この5人のうち、ボンバヘと宮本はようやくパス回しが安定し、インド人すら抜けないと悟った三都主はロングシュートに活路を見い出し、別の部分でアピールした。 ただし藁は90分を通して物足りない出来だったし、加地さんに至っては存在自体ほとんど無意味だった。
 後半の後半、中盤でパスが回り、いい流れでボールが右サイドに展開、加地さんにボールが入った瞬間それまでのいい流れが途切れる。 持ち前の運動量でいい上がりをみせてボールを貰いルックアップ、途中交代で入った佐藤がいい動き出しでボールを引き出しても加地さんのクロスはいつものように無人の荒野へと消えていく。 業を煮やした長谷部が右サイドに開いた途端、本来加地さんの仕事場であるそこは活性化。 得点の匂いが漂い始める。
 僕は以前から阿部勇樹を右サイドで使うことを提案している。 人余りのボランチのポジションにおいては未だオプションの一人でしかない彼をベンチに置いておくほど日本は人材豊富ではないはずだ。 改めて言っておくが、彼の右足は特別なものである。 簡単なことだ。 加地さんを外して阿部を入れるだけなのだ。 たったそれだけの決断で今夜加地さんの右足から放たれた多くのプレゼントボールのうち半分以上は得点に繋がるか、際どいボールになるはずだ。 FKの時、茸と阿部がボールを中心に左右に並んで構えたら、世界中のどんなキーパーでも脅威となるはずである。 ジーコは阿部をボランチの控えではなく、もっと広い視野で見るべきなのだ。 加地さんの運動量は多いかも知れないが、オシムにいつも走らされている巻があれだけ動けるのだから、阿部にだってかなりの運動量が期待できるはずだ。
 久保はスロースターターながら、確実に感覚を取り戻してきているようだ。 1点目のような、どこかアフリカの選手を彷彿とさせる独特のリズム。 あれが出てくれば本調子は近い。 佐藤もまだまだ見てみたい。 大黒がこのままフランスで腐敗していくなら、似たようなタイプの佐藤がファースト・チョイスになる可能性もある。
 そして最後にどうしても触れておきたいのが藁とともに2列目に入った長谷部。 彼は本当に素晴らしい。 常にゴールを意識して動き、パスを出せる。 守備の意識も高い。 藁の出来が悪かったせいもあるが、その良さが随所に出た今日のゲームだった。 茸やヒデ、松井らとの相性も見てみたい。 僕個人としては23人どころかスタメンの11人の中に入れるべき才能だと思う。 無論ジーコもそのことを感じているに違いない。 アメリカ戦での35分間に続いての今日のフル出場は、今回新たに召集されたメンバーとしては破格の待遇である。 28日、欧州組が合流するドイツでのボスニア・ヘルツェゴビナ戦において、ジーコが彼らと長谷部をどのように起用するのか興味深い。
[PR]
by theshophouse | 2006-02-22 22:33 | 蹴球狂の詩
<< 今そこにある危機 北欧の国とのお寒い試合 >>



思うところを書く。
by theshophouse
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
Critique
Asian Affair
蹴球狂の詩
Odyssey
Photographs
Iiko et Tama
Non Category
Food
Mystery
Design
アジア人物伝
Alternative
Books
Movie
Sounds Good
昭和
モブログ日報
F1
号外
Profile
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2001年 10月
フォロー中のブログ
国境の南
osakanaさんのうだ...
青いセキセイインコ推定4...
THE SELECTIO...
V o i c e  o...
わしらのなんや日記
90歳、まだまだこれから...
午前4時から正午まで
藪の中のつむじ曲がり
PISERO しゅうまい...
最新のトラックバック
エス東京オフィス
from はるの日常
才色兼備な「タイのセレブ..
from Boochanの宝探し
チベットでのジェノサイド
from わしらのなんや日記
経済別に選びたい放題!チ..
from Boochanの宝探し
IKEA for ママゴト
from わしらのなんや日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧