Top
パップンファイデーン(Pak Boong Fai Daeng)の作り方
 以前のエントリーでもご紹介したように、パップンファイデーン(空心菜炒め)は僕が一番好きなタイ料理である。 タイでは安価に手に入る大衆野菜の空心菜だが、ここ日本では少し前まで高級野菜のひとつだった。 
 しかしその味が多くの人々に支持されると、需要と供給のバランスを保つために量産されるのが野菜。 かつてはハーブ野菜コーナーで売られていたイタリア野菜のルッコラも、今や価格が下がって一般野菜のコーナーで売られている。 パッケージも小松菜と見紛うほどで、一気に大衆化してしまった感がある。 そして空心菜にも大衆化の波が押し寄せ、僕の自宅そばのスーパーでは一束150円ほどで売られるようになった。
 こうなったらもうパップンを自分で作らない手はない。 僕にはかつて転職時に失業給付をもらいながら家で「主夫」をやった時期があり、その時はイタリア料理のレシピ本を3冊も買い込んで、前菜からパスタ、ピザに肉・魚料理、オーブン料理まで一通り勉強したのである。 もともと料理は大好きなのだ。

b0045944_0121810.jpg【用意するもの】
空心菜1束、赤唐辛子2~5本、
にんにく1片、サラダ油適宜

【以下ソース用材料】
チキンスープ1/2カップ、
オイスターソース小さじ1、
豆鼓醤(トウチジャン)小さじ1、
ナンプラー小さじ1、砂糖ひとつまみ
【下ごしらえ】
空心菜は洗って葉と茎に切り分け、両方とも水をはったボールに浸してあくをとってから水気を切っておく。 にんにくはみじん切りにして、赤唐辛子の乾燥したものは水につけておく。 ソースはボールにあらかじめ準備しておく。

b0045944_0123123.jpg①中華鍋を熱してサラダ油をひき、にんにくと赤唐辛子を炒めて香りを出す。
b0045944_0124586.jpg②中華鍋に空心菜、ソースの順(ほぼ同時)に入れる。
b0045944_013188.jpg③強火で手早く炒めて出来あがり。 炒める時間は20秒から30秒ぐらい。 炒めすぎると空心菜のみずみずしさがなくなってしまうので注意。
b0045944_0131599.jpg④お皿に盛りつけてできあがり!
 ちなみに、タイの一般ピープルが食べてる味に更に近づける場合、干し海老を少々と青唐辛子を加えること。 干し海老ぐらいは食べれるのですが、甲殻類が苦手な僕はあえて入れてません。 青唐辛子はなかなかそのへんのスーパーには売ってないので省略しました。
[PR]
by theshophouse | 2005-08-28 00:31 | Food | Comments(7)
Commented by mental_cafe at 2005-08-28 14:33 x
空心菜ってそうやって食すのですね。
さっきナンプラー買ってきました(笑)
Commented by theshophouse at 2005-08-28 22:16
>mental cafeさん 他にも食べ方はあるとは思うんですが、空心菜を味わうならこれが一番だと思います。 パップンファイデーンはたしかタイ語で「空飛ぶ野菜」の意で、よくTVの旅番組でも市場なんかの厨房で中華鍋に入ったパップンを、後ろ向きに放り投げて皿で受け取めるパフォーマンスを目にします。 それにしてもナンプラー以外のものが常備してあるとはさすがですね。
Commented by hiro428 at 2005-09-18 23:51
タイの調味料で瓶の中に豆がゴロゴロしてるのありますよね。
見た目は悪いんだけど、それで作っても美味しかったですよ。
Commented by theshophouse at 2005-09-19 00:36
>hiro428さん それが豆鼓醤(トウチジャン)です。 最近では近所のスーパーでも売っております。
あ、それからこれはmental_cafeさんへの訂正ですが、パップンファイデーンは「空飛ぶ野菜」などではなく、パップンが空心菜で、ファイデーンは赤い火の意味でした。
Commented by hiro428 at 2005-09-19 12:49
そうでしたか・・・タイ語だからなんのかわかんなくて「豆のやつ」ってよんでました。
Commented by にょ at 2005-09-28 02:06 x
私も空芯菜炒めが昔から好きで、タイ料理や中華料理屋さんではいつも頼んでいます。
先日タイに行った時は、ナンプラー・主婦牌鮮蠣醤(オイスターソース)・豆のやつ(豆と唐辛子でつくった味噌みたいなの)・干しえびの奴(干しえびと豆と唐辛子混ぜて作った味噌みたいな奴)のセットをお土産にもらいましたw彼女曰くパップンファイデーンセットらしいです。
でも残念なことに空芯菜は私の近所ではまだメジャーではなくたまに398円で売ってるって感じです、なので青梗菜で作ってみたり・・・
空芯菜炒めって日本ではあまりみかけませんが、台湾や香港・シンガポールでも結構メジャーですよね(味はタイと少し違う)。もともとは中華料理なのでしょうか。
Commented by theshophouse at 2005-09-28 19:25
>にょさん タイも華人(華僑)文化圏ですので、空心菜炒めも元は中華料理だったのが、ナンプラーや唐辛子を加えるなど多少タイ風にアレンジされたのだと思います。
僕もカオサン時代は、MBKの上でパップンとご飯をワンディッシュに盛り、「パップンライス」なる定食をつくって食べるのが常でした。
<< KakuzawaXPで笑い氏に アジアのデザインに未来はあるか? >>



思うところを書く。
by theshophouse
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
Critique
Asian Affair
蹴球狂の詩
Odyssey
Photographs
Iiko et Tama
Non Category
Food
Mystery
Design
アジア人物伝
Alternative
Books
Movie
Sounds Good
昭和
モブログ日報
F1
号外
Profile
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2001年 10月
フォロー中のブログ
国境の南
osakanaさんのうだ...
青いセキセイインコ推定4...
THE SELECTIO...
V o i c e  o...
わしらのなんや日記
89歳、まだまだこれから...
午前4時から正午まで
藪の中のつむじ曲がり
PISERO しゅうまい...
最新のトラックバック
エス東京オフィス
from はるの日常
才色兼備な「タイのセレブ..
from Boochanの宝探し
チベットでのジェノサイド
from わしらのなんや日記
経済別に選びたい放題!チ..
from Boochanの宝探し
IKEA for ママゴト
from わしらのなんや日記
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧