Top
日本の右サイドはこれでいいのか? 第9回
 イラン戦。 日本2対1で勝利。 まずは加地さんの代表初ゴールにおめでとうと言いたい。 労を惜しまずあそこに走りこんでいたことへのご褒美みたいなゴールだった。 ゴールにはいろいろある。 相手を抜き去って決める美しいゴールもあれば、混戦の中で体ごと飛び込むような泥臭いゴールもある。 加地さんがコンフェデのブラジル戦で見せた幻のゴールはまさに前者だったが、本来加地さんに最も相応しいのは今夜のような「ご褒美ゴール」または「ごっつぁんゴール」だろうと思う。 運動量のみで代表にいる加地さんだが、これまではあの位置に詰めていたりはしなかった。 得点の匂いを嗅ぎつけてあそこまで長い距離を走り込んではいなかったのである。 そんな無駄走りばかりだった加地さんが何故今夜はあそこにいたのか? それはひとえに前半、チーム全体に前への意識が旺盛だったからだろう。 3バックでもともと高い位置どりができていたのもあるだろうが、高さはともかくあそこまでゴール前に絞ってきていたのは奇跡に近い。
 とはいえ今夜の加地さんがハノーヴァーの時のように出来がいいかというと決してそうではなく、むしろ最悪の出来であった。 まあいつも最悪なんだけど。 ゴール以外のシーンでは相変わらずの珍プレイ、凡プレイの連続。 空気を読めずにバックパスを連発するわ、自分の切り返しに翻弄されてボールは出すわ、サイドチェンジはふんわりすぎて途中で相手にカットされるわ、ふんわりクロスは無人の荒野に落下して、ただでさえ饒舌な角澤・松木の最狂2トップに一瞬の静寂をもたらすわ、紛れもなくいつも通りの加地さんなのであった。
 今日のMVPは文句なしで遠藤。 特に前半の配球は、中盤の底に小野がいるんじゃないかと思わせるほどだった。 もちろんボールを引き出した大黒の動きも良かった。 ディフェンスは終始危なげなかったが、やはり中澤だろう。 ダエイの老獪さにはまんまとやられてしまったが、やはり抜群の存在感であった。 三都主も突破にこだわらずに中へのドリブルやアーリークロス、遠目からのシュートと、プレイの選択肢を広げていた。
 逆にさっぱりだったのは前出の加地さんに加えて藁と玉田。 二人とも頑張りは認めるが、自分らしさを出せないまま終わってしまった感じである。 特に玉田はFWとして最も大切な何かを失いつつあるようで、非常に心配である。 大黒との2トップは、似たタイプだけにやりにくさもあるだろう。 それだけに、玉田が生きる巻との組み合わせも見たかった。 ジーコの采配も疑問である。 遠藤の交代は理解できなかったし、90分を通して出来が悪かった加地さんを結局放置した。 前半駒野をアップさせたのは一体何だったのか? あれだけいつも通り出来が悪かった加地さんだからこそジーコは駒野に準備をさせたのではなかったのか? そして最後の玉田と阿部の交代。 これに至っては( ゜Д゜)ポカーン、である。
b0045944_22302864.jpg 最後にイラン。 最後までまったく危険な匂いがしなかった。 やっぱりアリタ・カリミとかマハダビキアみたいにアクセントつけられる選手がいないと、ホントにただのチームに成り下がってしまうようである。 そういった意味で、レギュラー組と控え組の実力差は日本より大きいかも知れない。 最も印象に残ったのはキーパーで、若かりし頃のヨシカツみたいに無謀とも思える飛び出しで再三再四日本のチャンスを摘み取っていた。 アリ・ダエイはもう引退して、大根役者でも通用するテヘランのアングラ劇団にでも入ることを真剣に考えるべきだ。 あの運動量ではドイツの本大会で役には立たないだろう。 無論、精神的支柱としてピッチに立っているだけなら話は別だが。 要するにイラン・サッカーのひとつの時代が終わったのだ。

 ところで、kajidaisanjiさんにならって参加した【BLUE CARD PROJECT】だが、投稿から早2カ月、もう完全にあきらめていたところ、先日僕のメッセージが掲出されたというメールが事務局から届いた。 皆様にもご笑覧いただければ幸いである。 僕がカードに込めた思いは今宵も届かなかった・・・。 ID:125272

追記 : 8月18日産経新聞朝刊

 その距離50メートル。ゴールを目指し全力で走った加地の目の前に、ご褒美のようにボールがきた。前半28分、左からの玉田の速い折り返しを、GKと大黒がもつれながら“スルー”した球を押し込んだ。代表初得点は、大事な先制ゴールだった。

 「以前なら、途中で走ることをやめていたかもしれない場面。あそこまで走れたことが一番大きい」と加地。その姿勢が生んだ“ごっつぁんゴール”。地味な仕事をこなしてきた男に対する天の配剤のようだった。


>なんか記事似てますね・・・。
[PR]
by theshophouse | 2005-08-17 22:39 | 蹴球狂の詩
<< アジアな海外組 ベルリンのハツコちゃん >>



思うところを書く。
by theshophouse
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
Critique
Asian Affair
蹴球狂の詩
Odyssey
Photographs
Iiko et Tama
Non Category
Food
Mystery
Design
アジア人物伝
Alternative
Books
Movie
Sounds Good
昭和
モブログ日報
F1
号外
Profile
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2001年 10月
フォロー中のブログ
国境の南
osakanaさんのうだ...
青いセキセイインコ推定4...
THE SELECTIO...
V o i c e  o...
わしらのなんや日記
90歳、まだまだこれから...
午前4時から正午まで
藪の中のつむじ曲がり
PISERO しゅうまい...
最新のトラックバック
エス東京オフィス
from はるの日常
才色兼備な「タイのセレブ..
from Boochanの宝探し
チベットでのジェノサイド
from わしらのなんや日記
経済別に選びたい放題!チ..
from Boochanの宝探し
IKEA for ママゴト
from わしらのなんや日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧