Top
映画「亡国のイージス」
 水曜日の昼下がり。 まずその客層に驚いた。 僕らが行ったシネコンの客席は老若男女入り乱れており、日本の平均年齢を基準に、有権者以上の世代から無作為抽出したような印象だ。 とりわけ一人で観に来られている高齢の方が多いのである。
 映画はなかなかよく出来ていると思う。 日本映画としては破格の重量感もある。 ただ、あれだけの内容を2時間ちょっとで表現し尽くすのは所詮無理があったと思う。 原作を読んだ僕は、おそらくは当初より短く編集されてしまったであろうそのシーンが持つ深い意味を汲み取ることができるが、原作を読んでいない人にとっては解りづらいシーンも多い。 今回「初めて劇場で邦画を観た」妻がそうだったのだが、帰りのクルマの中では、妻が映画「亡国のイージス」に抱いたいくつかの疑問に答えを用意するのが僕の役目になった。 もう1時間あれば各シークエンスはさらに深まり、登場人物の人間関係はより明確になり、興行的には自衛隊の全面協力というハード面がやたらと強調されたが本質的には人間のドラマであるこの作品を、更に味わい深いものにしたであろうと思う。 如月とジョンヒが交感するシーンなどは、その前段の部分から明らかに説明不足で、表現しきれているとは言い難い。 そういった意味で、後々に「完全版」や「ディレクターズ・カット」のDVD化を是非期待したいものである。
b0045944_22464948.jpg 映画それ自体は、真田広之でもっているという印象が強い。 本作において、真田はほとんどダイ・ハードのブルース・ウィリスである。 原作の方が、如月 行(一等海士)と仙石恒史(先任伍長)の二人を中心とした群像劇なのに対して、映画では真田演じる仙石恒史が主人公である。 小説のなかでの仙石先任伍長のイメージとはややズレがある真田だが、映画を観終わる頃には先任伍長イコール真田となってしまうあたりはさすがの力量である。

 監督は阪本順治。 デビュー作の「どついたるねん」ぐらいしか観たことないが、どうなんだろう。 もう少し彼の作品観てからでないと何とも言えない。 個人的にはラストシーンで2つの消化不良が発生してしまった。
 ひとつめは真木蔵人が搭乗した戦闘機があっさり攻撃を中止して引き返したシーン。 ここの演出はもうちょっと勿体つけても良かったんじゃないかと思う。 せめてパイロットが安全装置を外してトリガーに指をかけるぐらいのところまでは、クサいハリウッド的演出と言われようがやるべきではなかっただろうか。 僕には、真木がミサイル撃つ素振りさえみせないままUターンしたようにみえて物足りなかった。
 それと、ラストシーンでの仙石の手旗信号のシーンだが、何というか、少々間が抜けた映像に見えてしまった。 偵察衛星からその手旗信号が見えるシーンも同様である。 原作に忠実なシーンではあったが、映像表現としてもう少しどうにかできなかったものだろうか。 似たようなシーンは「ザ・ロック」のラストにもあって、ニコラス・ケイジが発炎筒で仲間に無事と反乱鎮圧を知らせるのだが、結局味方の戦闘機に爆弾を落とされてあわや死にそうになってしまう。 あのシーンとどうしても比べてしまい、またしても物足りなさを感じてしまうのだ。
 とはいえ、こうしたハリウッド的演出に慣らされちゃってる自分っていうのもどうかと思う。 日本映画にはやはり日本映画としての帰結があって然るべき。 この「亡国のイージス・ラストシーンにおける2つの未消化部位」については映画をご覧になった皆さんの意見を広く伺ってみたいと思う。
[PR]
by theshophouse | 2005-08-05 22:54 | Movie
<< 最狂3トップよ、逝ってよし! 日本S代表にみる光明 >>



思うところを書く。
by theshophouse
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
Critique
Asian Affair
蹴球狂の詩
Odyssey
Photographs
Iiko et Tama
Non Category
Food
Mystery
Design
アジア人物伝
Alternative
Books
Movie
Sounds Good
昭和
モブログ日報
F1
号外
Profile
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2001年 10月
フォロー中のブログ
国境の南
osakanaさんのうだ...
青いセキセイインコ推定4...
THE SELECTIO...
V o i c e  o...
わしらのなんや日記
90歳、まだまだこれから...
午前4時から正午まで
藪の中のつむじ曲がり
PISERO しゅうまい...
最新のトラックバック
エス東京オフィス
from はるの日常
才色兼備な「タイのセレブ..
from Boochanの宝探し
チベットでのジェノサイド
from わしらのなんや日記
経済別に選びたい放題!チ..
from Boochanの宝探し
IKEA for ママゴト
from わしらのなんや日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧