Top
もつ幸 其の参
b0045944_20215389.jpg もつ幸は下川端通り商店街にあったのだが、そこにあの博多リバレインというでっかい商業施設が建ってしまったので、あえなく立ち退くことになってしまい、近所の綱場町に移転し現在に至っている。 僕も博多に帰った時は欠かさず立ち寄っているものの、帰る機会がなかなかないのでおいそれと行くことはできない。 そこで叔母さんに相談してみたところ、「んなら送っちゃろーか?」と二つ返事でOKしてくれた。 かくしてもつ幸のもつ鍋はスープ、もつ、つけダレ、ちゃんぽん麺、餃子の皮、薬味がすべてビニール袋に密封され、クール宅急便で送られてくることとなった。 これに近所のスーパーで買ったキャベツとにらがあれば、自宅でもつ幸のもつ鍋が再現できるのである。 もちろん現場(博多の店)で食べるおいしさには敵わないが、着いたその日からその翌々日ぐらいまでに食べれば、輸送による材料の劣化もほとんど気にならないので、博多の店で食べる味に限りなく近い状態が再現できる。
 最初のうちは、僕みたいな身内や博多を離れてしまった常連さんに頼まれて、そのたびごとに送っていたに過ぎなかったと思うが、この後もつ幸はもつ鍋の地方発送にも積極的に取り組んでおり、今では何処でも誰にでも代引きで発送してくれる。 福岡ダイエーホークスのピッチング・コーチ時代にもつ幸の常連になり、その後横浜ベイスターズの監督を務めた某氏にも時折もつ鍋を送っていると聞く。 もちろん僕も年に数回、もつ鍋の禁断症状が出るので、その時は発作的にFAXで注文している有様である。

b0045944_2093814.jpg 最近、東京にはお洒落なカフェやレストラン風のもつ鍋屋ができている。 大ブレイクしているジンギスカンの陰であまり目立たないが、東京では密かに「第二次もつ鍋ブーム」が進行していると僕はみる。 果たしてそれらのなかに本物のもつ鍋屋がどれだけあるだろうか? どれだけの店が生き残って東京に根を張ることができるだろうか?
 もしこのエントリーを読んでいる皆様が博多に行く機会がございましたら、ぜひ一度騙されたと思ってもつ幸に足を運んで欲しい。 他のどんな名店のもつ鍋とも一味違う本物のうまさがあなたを魅了するはずである。 また、どうしても博多まで行けそうにないという人は、いまや「お取り寄せグルメ」となったもつ幸のもつ鍋をご自宅で食べることもできる。 一度食べたら最後、あなたは無理やり用事を作ってでも博多に行くことになるだろう。 そして初めて店を訪れたなら、ママに頼んで芸能人のアルバムを見せてもらおう。 今は亡きあのカリスマ・シンガー、ノーメイクの○○、そしてあの大御所まで、ここでしか見れない顔ぶれに驚くことは間違いない。 なかでも僕が一番驚いたのは、僕の母校である東福岡との練習試合のために来福し、同店を訪れていた帝京サッカー部古沼監督のナマ写真でした。

※もつ幸が混んでて入れない時は、天神に姉妹店「もつ将」があります。
※もつ鍋の画像は、せいかつにっきさんから拝借しました。


 ちなみに「もつ幸」、「福岡no街」というブログで昨年の11月に行われた「福岡のうまい"もつ鍋"ランキング」でも5位にランクされています。 このことからも僕の「日本一」という評価が、あながち主観に偏ったものでないことがおわかりいただけると思います。 当時僕も投票していたら、もっと上位にランクされていたかも知れません。


もつ幸 其の壱
もつ幸 其の弐


お店DATA
……………………………………………………………………………………
店名:もつ幸(もつこう)
住所:福岡市博多区綱場町7-14(福岡市営地下鉄呉服町駅下車徒歩1分)
TEL:092-291-5046 / FAX:092-291-5047
HP:http://members.jcom.home.ne.jp/motsukou/
営業時間:5:00p.m.~12:00p.m.
定休日:日曜日(祝日は営業)
駐車場:近くの立体駐車場で1時間無料サービスあり
[PR]
by theshophouse | 2005-07-20 20:52 | Food
<< オサレじゃない人たち もつ幸 其の弐 >>



思うところを書く。
by theshophouse
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
Critique
Asian Affair
蹴球狂の詩
Odyssey
Photographs
Iiko et Tama
Non Category
Food
Mystery
Design
アジア人物伝
Alternative
Books
Movie
Sounds Good
昭和
モブログ日報
F1
号外
Profile
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2001年 10月
フォロー中のブログ
国境の南
osakanaさんのうだ...
青いセキセイインコ推定4...
THE SELECTIO...
V o i c e  o...
わしらのなんや日記
90歳、まだまだこれから...
午前4時から正午まで
藪の中のつむじ曲がり
PISERO しゅうまい...
最新のトラックバック
エス東京オフィス
from はるの日常
才色兼備な「タイのセレブ..
from Boochanの宝探し
チベットでのジェノサイド
from わしらのなんや日記
経済別に選びたい放題!チ..
from Boochanの宝探し
IKEA for ママゴト
from わしらのなんや日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧