Top
日本代表に告ぐ! 東アジア選手権はスルーせよ!
 寝不足のまま仕事に出掛け、珍しく残業で午前様になってしまったが、やはり昨日の試合については思いが熱いうちに書き留めておかねばなるまい。
 試合は何と加地さんのゴールから始まった。 僕は数日前に加地さんがゴールする夢を見ていただけに、「正夢だったか」と思ったが、チュニジア人の線審はオフサイドの判定。 スローで見る限りオンサイド。 完全なミスジャッジで加地さんの代表初、しかもブラジル相手のゴールは幻と消えた。 しかし加地さんはそれにもめげず右サイドを疾駆し続けた。 クロスの質も高い。
 いったい加地さんに何が起こったというのか? 後半は、前半加地さんに左サイドを蹂躙されたブラジルが、かなり加地さんをケアしていたので前半ほど攻撃的にはプレイできなかったが、そのぶん左サイドの攻撃が活性化した。 この日の試合のように日本の両サイドに殺気がみなぎればおのずと真ん中は手薄になるものである。 柳沢や俊輔の決定的なシュートシーンが生まれたのは決して偶然ではない。 ドイツに来てから別人になったかのような加地さんのプレイを見るにつけ思うのは、もう加地さん批判をすることはなくなるのかも知れないということである。 少なくともこの3試合、加地さんは日本代表に求められる右サイドの水準に達していたと言っていい。
 同点ゴールを決めた大黒はすっかり代表に欠かすことのできない選手になった。 後半頭からすばしっこい大黒が入ったことで、中盤より前の選手よりは明らかに質が劣るブラジルのDFたちはうろたえていた。 ノーステップで30Mのミドルシュートを決めた俊輔にも脱帽だが、この試合でもっとも輝いたのは大黒だと思う。
 では逆に輝いていなかった選手は誰かというと、ギリシャ戦に続いて藁。 藁のプレイには失望させられた。 すぐにボールは失うし、パスを出せば鬼パスとミスパスを連発。 藁が俊輔やヒデと中盤を構成するにはもうひとつ何かが必要だ。 さらなるレベルアップを期待したい。
 そして何といっても師匠である。 ここ最近の師匠のステルス化は著しいことこのうえない。 昨日も唯一存在をアピールしたのはボールデッドの時にそれとは気づかずに相手と小競り合いしている姿だった。 悲しすぎる。 昨日師匠はボールに触ったのだろうか。 ジーコの起用も、コンフェデに連れて来たFWで唯一使ってなかった師匠に気を使った、という感じに見えたのは僕だけだろうか。 これが師匠の代表引退試合にならないことを願うばかりである。
 それにしても、ロナウド、カフー、ロベカルを欠く飛車角さらには桂馬落ちのブラジル相手とはいえ、タイトルがかかった公式戦で日本が引き分けた意義は大きい。 日本は強い相手と戦うと、そのいい部分が引き出されることが多い。 前回のコンフェデでのフランス戦、昨年の欧州遠征でのチェコ戦やイングランド戦などはそのいい例だ。 であるなら、この後開かれる東アジア選手権などというつまならい試合は、先日見事世界一に輝いたU-13代表あたりを派遣してA代表はスルーし、選手たちの休養に当てた方がよっぽどいいのではないだろうか。 アジアの弱小国と試合をしても得るものは皆無だ。 UAE戦、北朝鮮戦を顧みるまでもなく、日本はショボい相手にはショボいサッカーしかできなくなってしまう性質がある。 選手たちは2006年に向けてブラジル戦のいいイメージを持続させる必要がある。 特に今回日本の他に出場してくるのは韓国、中国、北朝鮮というしょーもない国ばっかりである。 これから日本が志向すべきはサンバ・サッカーやシャンパン・サッカーなのであって、キムチ・サッカーやザーサイ・サッカーでは決してない。 だいいち開催国が韓国というのがマズい。 あの国ではまともな大会運営ができないのは、ソウル五輪と2002年W杯が立証済みである。
 韓国、中国、北朝鮮には三カ国だけで総当りの「反日W杯」で盛り上がってもらえばそれで良い。 東アジア選手権は日本にとって無意味だ。
[PR]
by theshophouse | 2005-06-24 02:32 | 蹴球狂の詩
<< サクン・インタクンを知っていますか? Musical Baton >>



思うところを書く。
by theshophouse
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
Critique
Asian Affair
蹴球狂の詩
Odyssey
Photographs
Iiko et Tama
Non Category
Food
Mystery
Design
アジア人物伝
Alternative
Books
Movie
Sounds Good
昭和
モブログ日報
F1
号外
Profile
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2001年 10月
フォロー中のブログ
国境の南
osakanaさんのうだ...
青いセキセイインコ推定4...
THE SELECTIO...
V o i c e  o...
わしらのなんや日記
90歳、まだまだこれから...
午前4時から正午まで
藪の中のつむじ曲がり
PISERO しゅうまい...
最新のトラックバック
エス東京オフィス
from はるの日常
才色兼備な「タイのセレブ..
from Boochanの宝探し
チベットでのジェノサイド
from わしらのなんや日記
経済別に選びたい放題!チ..
from Boochanの宝探し
IKEA for ママゴト
from わしらのなんや日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧