Top
ガッキーさんの説教部屋で瀕死のルーピー鳩山 【4・21党首討論】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




 谷垣氏 「総理のこの問題に対するいろんなご認識。私、ちょっと根本的なことを問いたいんですが、そのー、普天間が果たしているですね、抑止力、これを一体どういうふうに総理は理解しておられますか」

 首相 「私は普天間と申しますか、海兵隊のみなさん方が果たしている抑止力。これは沖縄全体、あるいは日本全体として、当然のことながら、この日本を防衛するという意味での抑止力の役割というものはあると、しかも大きいと。そのように理解しております

 谷垣氏 「あのー、沖縄海兵隊の持っている意味について、ずいぶん今のご理解はですね、偏った理解といいますか、中途半端なご理解だと私は考えます。あのー、沖縄の海兵隊、海兵隊の任務はですね、海外有事の際に真っ先に、その、駆けつけて、そして非戦闘員の救出であるとか、あるいは活動拠点を確保する。こういう任務を負っている。ですから、普天間へリ部隊がこの中核に、この極東においてあるわけでありまして、極東、つまり、フィリピン以北、それから朝鮮半島、それから台湾海峡、そういったところでの要するに抑止力の中心を担っているのは、この沖縄の普天間のヘリ部隊なんですよ。地政学的な、地政学的な位置が、だから重要なんです。そのことをご理解かどうかということを問うたわけです」

 首相 「私は海兵隊を海兵隊のみでとらえるんではなくて、当然のことながら、これは航空の部隊もあるわけでございます。いわゆる空軍も存在をしております。いわゆる嘉手納、あるいは横須賀には、今度は海軍がいるわけでございますが、すなわち、こういったトータルの中での抑止力の中で海兵隊の果たす役割というものは大きく存在しているという意味で申し上げたつもりでございます」

 谷垣氏 「もう1回申し上げますが、こういう沖縄の海兵隊の果たしている、極東の中で果たしている役割からいって、地政学的な位置づけ、そういうものは極めて重要だ。したがって、抑止力を維持していくということをお考えになるならば、選択肢は極めて限られている。このことを申し上げたいと思っているんです。たとえばグアムに関しては、前も総理ご自身がグアムは抑止力の観点から難しいということをおっしゃったことがありますね。私は今、いろいろな県外ということをおっしゃったけれども、総理に抑止力というものをきちんと維持していくというお考えがあるのかどうか、そこのところを疑問に思っているんです」

 首相 「当然のことながら私は、沖縄の負担軽減と、しかしながら一方で、日米安全保障の中での、この海兵隊を含むアメリカの日本においての抑止力を果たしているという、この役割というものは大きいと思っています。したがいまして、だから、私も沖縄からあまり距離的に申し上げて、遠くのところまで海兵隊というものを移すということは物理的に必ずしも適当ではないという中で、選択肢をさまざま考えていることも事実でございます」
(上の動画の2本目の7:40ぐらいから)

【党首討論詳報】(6)在沖縄米海兵隊「地政学的な位置が重要」【MSN産経ニュース】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 当然のことながら、言うまでなく、ルーピー鳩山は今すぐ消えろという思いを国民の皆様からいただいた。 そんな党首討論だった。
 仕事の手を休め冒頭から見ていたが、すぐに意識が混濁してきて倒れそうになった。 日本って凄いわ。 こんなバカが総理大臣やれてんだから。
 論点の中でもとりわけ中心的なテーマは普天間移設問題だったわけだが、やはりルーピー鳩山以下バカ閣僚の米軍基地に対する認識は北沢防衛相の言うとおり「迷惑施設」ということなのだろう。 上に抜き出したやり取りを見ても、ルーピー野郎は米海兵隊と米空軍の役割の違いすらご存じでないようだし、それを教えてやろうという取り巻きすらもいないのだ。 こうして文字に起こしてみるとルーピーの発言に如何に中身がないかよくわかる。 谷垣氏も中身が空っぽのサンドバッグ相手では虚しい党首討論だったであろう。

 防衛相「(米軍施設は)迷惑施設」 参院外防委で【MSN産経ニュース】

 谷垣氏は現行案(キャンプ・シュワブ沿岸部)の正当性を主張するなかで「地政学」という言葉を使っているが、もう少し分かりやすく言うと「ヘリコプターの航続距離の関係」ということになる。 要するにこの問題の核心部分は海兵隊のヘリコプター部隊が中台海峡有事に即応できるか否かというその一点に尽きる。 もし仮に徳之島にヘリコプター部隊が移設された場合には即応性を維持するのは困難となる。 つまり基地を沖縄県外に移設することはイコール台湾を見捨てるという話。
 なぜこうした事実がマスゴミでは伝えられないのか? 中国様に及び腰の媚中マスゴミの体質上、こうした本質論は必要以上に中国様を刺激するだけなので新聞テレビではあまり語られることがない。 だから国民もなぜ基地が沖縄になければならないか、いつまでたっても何もわからない。
b0045944_1555224.jpg
 なぜ普天間基地移設先は沖縄県内でなければならないのか【週刊オブイェクト】

 そもそもこの基地移設は普天間基地返還がテーマであり、そのために長い歳月をかけて現行案で合意した経緯がある。 さらには汚沢自らも平成17年、キャンプ・シュワブ沿岸部へのL形(当時)滑走路建設で日米が合意した直後、辺野古から9キロの宜野座に1500坪もの土地を買っている。 本業は政治屋ではなく不動産屋の汚沢だけに、基地の辺野古移転に伴い、隊員のための様々な周辺施設が整備されることを見越し、つまりは土地の値上がりを当て込んで土地を購入したのは明らか。 でなければこんな縁もゆかりもない原野に1500坪もの土地を買う理由は見当たらない。 土地のインサイダー取引みたいなものだ。
 そのくせ汚沢は昨年キャンプ・シュワブ沿岸部の移設予定地を視察した際に「あの青い海を埋め立ててよいのか」とヌケヌケとホザく。 辺野古に移設されない場合困るのは他でもない汚沢一郎自身なのである。 むしろ汚沢としては自ら購入した土地が買い上げられる可能性がより高い「キャンプ・シュワブ陸上案」こそが最良の選択だったはず。 この案はヘリコプター部隊のみ他に移設することを前提としており、その候補が徳之島らしい。 しかしその腹案もご開陳する前に炎上して事実上不可能になってしまった。 

 小沢氏、日米合意直後に沖縄で土地購入 普天間移設予定地から9キロ【MSN産経】

b0045944_1529514.jpg
 最近政府が検討を始めたという「辺野古浅瀬案」だが、ご覧の通り現行案と大差ない。 どうやらルーピー鳩山が声高に訴えてきた普天間の移設は「国外」→「県外」→「県内」→「現行案の圏内」というふうにどんどんステータスが下がっているようだ(笑)。 最終的には「自民党政権下での現行案とは違います。キリッ」と主張するつもりなのだろう。
 そんな程度だからワシントン・ポストにクルクルパー呼ばわりされるのだ。 日本のマスゴミは優しいから「愚かな」ぐらいにしか訳していないので、ぶら下がりの記者たちも愚かだと言われていることついて本人に問うたら、本人はそれをさらに勝手に好意的に解釈して「愚直に」とか言ってる(笑)。 実際のニュアンスは「クルクルパー」ってこと。 気違いってこと。 そこんとこ夜露死苦!

 【政論】首相は「愚直」なのか、「愚か」なのか【MSN産経ニュース】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【愚かな総理発言】

 --きょうの党首討論で、私は愚かな総理かもしれませんとおっ しゃった。愚直に、という言葉もあったが、国民からすると普天間問題が混乱して不満、不安が募っている。この状態で愚かな総理という真意は

  はい。この意味はですね、ワシントン・ポストがそのように揶揄をされたと。それをそのままいただいたわけであります。すなわち、愚直にですね、やはり沖縄の県民のみなさん方のご負担というものを何としても、少しでも和らげたいという思いがあった。それから本当の意味で、あの、(沖縄県名護市の)辺野古に決めたときに何も動かなくなってしまうことで、日米安保が守られるのかと。そのことの心配もあったと。むしろ愚直に、愚かかもしれないけども、その思いを守りたいと。沖縄県民のみなさんのために尽くしたいという思いから出てきた言葉であります。私はしかし、その愚直さを今こそ生かさなきゃならないときであると。簡単に考えればですね、ある意味で昨年の12月に決着を図ろうと思えば、それは楽だったかもしれない。どんなに負担が個人としては楽だったかもしれない。しかし、そのことで本当によいのかと。私は日米安保のためにも、むしろ愚かで愚直であるかもしれないけれども、県民のみなさんのことを思い、そして真の意味での日米安保のことを考えたときにはむしろ、この判断が将来正しかったということを言っていただけるときが来るんじゃないかと愚直にそのように考えています」

【鳩山ぶら下がり】「私は愚か」発言 「米紙の揶揄、そのままいただいた」【MSN産経】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 アホだなw


[PR]
by theshophouse | 2010-04-22 16:22 | Critique | Comments(0)
<< 前ナントカさんの内ゲバ不発で汚... 駒沢通り沿いのしゅうまいバー >>



思うところを書く。
by theshophouse
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
Critique
Asian Affair
蹴球狂の詩
Odyssey
Photographs
Iiko et Tama
Non Category
Food
Mystery
Design
アジア人物伝
Alternative
Books
Movie
Sounds Good
昭和
モブログ日報
F1
号外
Profile
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2001年 10月
お気に入りブログ
国境の南
osakanaさんのうだ...
青いセキセイインコ推定4...
THE SELECTIO...
V o i c e  o...
わしらのなんや日記
89歳、まだまだこれから...
午前4時から正午まで
藪の中のつむじ曲がり
PISERO しゅうまい...
最新のトラックバック
エス東京オフィス
from はるの日常
才色兼備な「タイのセレブ..
from Boochanの宝探し
チベットでのジェノサイド
from わしらのなんや日記
経済別に選びたい放題!チ..
from Boochanの宝探し
IKEA for ママゴト
from わしらのなんや日記
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧