Top
シンガポール旅行記 その9 ザ・フラトンホテル
b0045944_1334668.jpg
b0045944_1345772.jpg



 今回宿泊したフラトンホテルは、自らプロフィール欄に書いているように、好きな建築要素であるドリス式オーダーが特徴的なホテル。  1928年に建てられ、1996年までGPO(中央郵便局)として使われていた歴史的な建物を全館リノベーションし、2001年に「The Fullerton Hotel」として生まれ変わった。 その名前は英国初代海峡植民地総督であるロバート・フラトンにちなんだもの。 こういう建築がその用途が変わっても次世代へ受け継がれていくというのはとても素晴らしいことである。
 リノベーションで各部屋のバスルームをデザインしたのはフィリップ・スタルクだというが、およそスタルクらしいデザインのかけらも見つけることはできなかった。 でも、そういう一見アノニマスなデザインも上手にできるところがスタルクが他のデザイナーと違うところでもある。
b0045944_2164935.jpg
 元々郵便局として使われていたホテルとあって、ちょうど今はそのファサードの一部を残して完全に取り壊された東京・丸の内の中央郵便局(CPO)の「保存」のされ方とどうしても比較してしまう。 もちろんそれぞれの建築の歴史的価値の違いや地震国日本における歴史的建造物の保存の難しさといった問題もあるだろうが、東京のCPOはこういう姿になるらしい。 安藤忠雄の表参道ヒルズにおける同潤会アパートと同じ「保存法」である。
b0045944_2171947.jpg
 都市をヒューマンスケールで読み解くなら、かつての郵便局の建物がそのまま低層部として残されるこうした保存法は、地震国日本にとって歴史的建造物保存のひとつのソリューションには違いない。 実際郵便局の前を歩く人々は、そこに以前と何ら違わぬ郵便局の存在を認めるだろうし、なかには僕みたいにピチカート・ファイヴのこのPVを思い出す人もいるだろう。



 しかし、やはり最善の保存は出来る限りそのまんまであること。 フラトンホテルは往時のフラトンビルディングの頃のポストカードと何ら変わっておらず、当時海沿いにあった建物は、その後海岸線が埋め立てられてマーライオン・ピアやワン・フラトンが造成されたためやや内陸に移動した。
 シンガポールにおいては、古いまま残すものと新しく造るものとがうまく住み分けられており、都市景観のなかでそれらがうまく調和している。
b0045944_2141993.jpg
b0045944_2142966.jpg
b0045944_1015369.jpg
b0045944_10154746.jpg
 僕たちは2階に泊まっていたのだが、或る夜ちょうど部屋の真下に当たる1階のレストランでどこかの会社がニュー・イヤー・パーティーかなにかやっていて、客室に居てもやたらに騒がしかったのである。 夜の12時を過ぎても騒ぎはおさまらず、このままではとても眠れそうになかったので階下のレストランにクレームしに行ったのだった。
 レストランの入り口にホテル側のスタッフがいたので、ちょうど真上の部屋に泊まっているのだがうるさくてとても眠れない旨を告げると、僕の話が終わるか終わらないかのうちに何号室に泊まっているのか訊いてきた。 部屋番号を告げると、「今夜だけのパーティーで午前1時には終わる予定です。 本当にお騒がせして申し訳ありません」とのこと。 判で押したような対応は僕らの他にもクレームが来ていることを思わせた。 なにせ2階の自分の客室のみならず、エレベーターホールにいても重低音のビートが響いてくるのである。 ともあれ、あと数十分で終わる騒ぎだし、部屋番号も訊かれたし、もとよりクレームするのも苦手な性分ゆえ、何らかの「見返り」を期待しつつ部屋に引き揚げた。 ほどなくパーティーも終わり、ぐっすり眠ることができた。
b0045944_2243072.jpg
 その翌日。 夕方外出から戻った僕らをベッドの上で待っていた「見返り」の正体がこれ。 郵便配達夫のコスプレをしたフラトンホテル・オリジナルのテディ・ベアで、サファリジャケット風味のユニフォームの背中にはポストマスターの文字。 「これかよ!」と僕。 一方、「カワイイ!」と連れ合い。 さらなるサプライズを期待しつつ、念のため郵便配達夫のショルダーバッグの中をあらためてみたが、空だった。


The Fullerton Hotel Singapore
[PR]
by theshophouse | 2010-01-24 00:08 | Odyssey | Comments(0)
<< シンガポール旅行記 その10 ... 人間こうなったらオシマイです >>



思うところを書く。
by theshophouse
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
Critique
Asian Affair
蹴球狂の詩
Odyssey
Photographs
Iiko et Tama
Non Category
Food
Mystery
Design
アジア人物伝
Alternative
Books
Movie
Sounds Good
昭和
モブログ日報
F1
号外
Profile
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2001年 10月
フォロー中のブログ
国境の南
osakanaさんのうだ...
青いセキセイインコ推定4...
THE SELECTIO...
V o i c e  o...
わしらのなんや日記
90歳、まだまだこれから...
午前4時から正午まで
藪の中のつむじ曲がり
PISERO しゅうまい...
最新のトラックバック
エス東京オフィス
from はるの日常
才色兼備な「タイのセレブ..
from Boochanの宝探し
チベットでのジェノサイド
from わしらのなんや日記
経済別に選びたい放題!チ..
from Boochanの宝探し
IKEA for ママゴト
from わしらのなんや日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧