Top
シンガポール旅行記 その3 マーライオン
b0045944_1104542.jpg
 チャンギ国際空港には夕方着いた。 真冬の東京から来たせいもあるが、赤道直下の国だけあって機外に出るとさすがに暑い。
 ホテルまでMRT(地下鉄)で行ってみることにした。 事前に何も調べて来なかったので、しばし券売機とにらめっこ。 なんでも運賃とは別に1S$支払い、スタンダードチケットというSuicaみたいなICカードを購入させられる。 改札でそれをリーダーに接触させてゲートを開ける。 目的の駅で改札を出る時も同様である。 当然手元にチャージされていないICカードだけが残されるのだが、これを券売機に入れればデポジットの1S$が返却される仕組み。 何だか面倒くさいシステムではある。
 車内。 日本でも最近いろんな案内表示はだいたい日本語、英語、中国語、韓国語とマルチリンガルになっているが、四ヶ国語があるというだけでデザイン的にシンプルになりようがないので個人的にはウザいことこのうえない。 日本語と英語だけでいい。 どうしても四ヶ国語が必要なら独断と偏見で日本語、英語、タイ語、スペイン語とかの組み合わせがクール。 日本が外国人に中国とか韓国みたいな国と混同されないためにもマルチリンガル表示は止めるべきだと思う。
 ところがシンガポールにおいては国内からしてマルチリンガルなのである。 基本的にすべての案内表示には英語、マレー語、中国語、タミル語が併記されている。 ほとんど日本人しかいない日本と違い、シンガポールの場合は様々な人種がモザイクのように混在する多民族国家なので、この表示は民族構成の実体そのものである。
b0045944_12273016.jpg
 ホテルは「ラッフルズ・プレイス」駅を下車後、徒歩3分ほどのところにある「ザ・フラトン・シンガポール」。 チェックインして荷物を解き、夕食を摂るために近くのホーカーズ(屋台村)、「ラオ・パ・サ・フェスティバル・マーケット」に行った。 とりあえず定番の「ハイナン・チキンライス」「フライド・ホッケン・ミー」「ラクサ」、このあたりからトライしてみる。
 ハイナン・チキンライスは中国の海南島発祥の蒸し鶏添えのチキンライスで、タイではこれを「カオマンガイ」と呼ぶ。 勝手知ったる味だが、カオマンガイが熱々の蒸し鶏なのに対してこのハイナン・チキンライスはやや冷製といったところ。 個人的には熱々のカオマンガイに慣れている分、やや違和感。 ラクサはどこか坦々麺的な感じで、ココナッツミルクとチリペーストの入ったスープにビーフンの麺が入った汁そば。 可もなく不可もなくといったところ。 「フライド・ホッケン・ミー」はその名前通り「福建式焼きそば」だが、既にお店が閉まっていたので食べられなかった。 ビールはもちろん干支にあやかってタイガービールである。



 八角形の特徴的な外観を持つこのホーカーズはビクトリア朝時代(!)に建てられたかつての魚市場。 週末には中央のステージでバンド演奏なども行われていて賑やかである。
 食後、徒歩でクリフォード・ピア、ワン・フラトンと散策しつつマーライオンを目指した。 普通に撮ってもお馴染みの写真になってしまいそうだったので、ディテールに迫ってみた(後日撮影)。
b0045944_12323431.jpg
b0045944_12324450.jpg
b0045944_12325385.jpg
 このマーライオン、言わずと知れたシンガポール(サンスクリット語でライオンの町の意)のシンボルなのだが、エジプトのスフィンクスに始まり日本の神社の狛犬へと続く獅子神の仲間。 シンガポールの「シンガ」はタイではビールでおなじみの「シンハ(Singha)」、沖縄のシーサーと同じ。 つまり獅子、ライオンである。 マーライオンの「マー(Mer)」の部分はマーメイドの頭文字とも海そのものを指すものとも言われる。 誰が呼んだか、よく「世界三大がっかりスポット」のひとつとして紹介されるが、2002年に今のマーライオン・ピアに移設されてから人気も回復傾向にあるという。 個人的には立派な観光スポットだと思った。
 今回ハンディカムを持ち込んだので、陸と海からそれぞれマーライオンにアプローチしてみた。 海からは珍しい正面からのショットを見ることができる。 近くにはマーライオングッズ専門のお土産屋があったので入ってみたのだが、中に入ったとたん店員のオバちゃんに怪しい日本語で密着マークを受けて削られた挙げ句購入を断念。 お土産のクオリティは著しく低かった。 マーライオンという世界に誇る素晴らしいシンボルがありながら、それをまったく生かしきっていないお土産のクオリティー。 シンガポール政府はこの点もう少しマジメに考えてみたほうがいいと思う。 もし日本だったら数多のゆるキャラが名乗りを上げてお土産市場は活況を呈していることだろう。



[PR]
by theshophouse | 2010-01-13 12:34 | Odyssey
<< 陸山会に強制捜査 シンガポール旅行記 その2 A380 >>



思うところを書く。
by theshophouse
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
Critique
Asian Affair
蹴球狂の詩
Odyssey
Photographs
Iiko et Tama
Non Category
Food
Mystery
Design
アジア人物伝
Alternative
Books
Movie
Sounds Good
昭和
モブログ日報
F1
号外
Profile
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2001年 10月
フォロー中のブログ
国境の南
osakanaさんのうだ...
青いセキセイインコ推定4...
THE SELECTIO...
V o i c e  o...
わしらのなんや日記
90歳、まだまだこれから...
午前4時から正午まで
藪の中のつむじ曲がり
PISERO しゅうまい...
最新のトラックバック
エス東京オフィス
from はるの日常
才色兼備な「タイのセレブ..
from Boochanの宝探し
チベットでのジェノサイド
from わしらのなんや日記
経済別に選びたい放題!チ..
from Boochanの宝探し
IKEA for ママゴト
from わしらのなんや日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧