Top
汚沢傀儡政権の末路 後編
           2:07~3:03頃アホどもの走馬燈がご覧いただけますw

 先日汚沢率いる大訪中団が北京詣でをした。 事実上の朝貢使節団だ。 一行には汚沢の腹心の山岡国対委員長を筆頭に子飼いの議員や思考停止の汚沢チルドレンのアホどもが事実上強制連行させられ、人民大会堂に行って胡錦濤と一人当たり3秒という流れ作業でツーショット写真を撮ってもらって狂喜乱舞している。 中国に莫大なODAを供与(そのODAは軍備増強に使われていると言われる)してきた日本の国会議員がこれほどまでに平身低頭しているのはかつてチベットで虐殺を指揮してきた人間である。 こんなシュールな光景は久しぶりに見た。
 その光景はコンベアで毒を盛られながら流れていく冷凍ギョーザさながらだが、先の衆院選でこうした民主党の議員に投票した人々は、自らの血税がこうした修学慰安旅行に使われていることをどうお思いなのだろうか。
 で、その見返りが習近平副主席の天皇陛下への謁見である。 汚沢や脱税マザコンお花畑総理がどう言い訳しようが誰の目にも明らかだ。
 一ヶ月前までに打診するというルールを無視した中国側の申し入れを宮内庁は二度断ったが、汚沢のゴリ押しを鳩山や平野官房長官ら思考停止のイエスマンが再度宮内庁に働きかけて無理やり陛下との謁見を実現させた。 2007年11月に汚沢率いる大訪中団が北京詣でした際、直前にウイグルの活動家ラビア・カーディルの勉強会を中止させたのと似たような構図である(詳細はこちら)。
 汚沢は党内での自らの権力の誇示と中国での利権の確保のためだけに毎年北京詣でを続けているが、民主党が政権にある以上、汚沢訪中団が北京で厚遇を受けるためだけの見返りに日本政府は毎年何らかの理不尽な要求を呑まされるということになる。
 天安門事件後、孤立していた中国が国際社会に復帰するきっかけになったのが天皇陛下のご訪中だった。 これまた親中派でリベラル色の強い当時の宮澤内閣の「英断」だが、ご訪中が西側諸国による対中制裁の緩和につながり、政治利用されたことは当時の中国外相の回顧録などで明らかになっている。
 今回陛下に謁見した習近平とかいう御仁、中共での序列は6番目で国際的な知名度はなく、一応胡錦濤の後継者と目されているようだが、胡錦濤自身も依然として党内に影響力を持つ上海閥らとの権力闘争の只中にあり、巻き返しを狙う上海閥が次期国家元首候補に「ハク」をつけ、それによって権力移譲をスムーズに行おうという意図が透けて見える。 100%純粋な政治利用。 プロパガンダ以外の何物でもない。 中共のお先棒を担ぎ、走狗になり果てた汚沢、鳩山、平野以下民主党内の売国奴は即刻腹を切るべきだ。
 先月オバマ大統領が陛下と謁見した際、深々とお辞儀をしたのは記憶に新しいところだが、どこの馬の骨ともわからぬ習近平とやらは陛下と握手する際1ミリたりとも頭を下げなかった。 これは未だにこの次期国家元首候補にも華夷秩序が染みついている証左であろう。 すなわち中国にとって日本は配下の国ということだ。 陛下の方も御所の玄関でお出迎えされることはなかった。 望まれない謁見であったことに疑問を差し挟む余地はない。
b0045944_0391533.jpg
 汚沢は中国の次に立ち寄った韓国で天皇陛下のご訪韓について「韓国の皆さんが受け入れ、歓迎してくださるなら結構なことだ」と述べたそうだが、与党とはいえ幹事長の分際で「結構なことだ」とは呆れて物が言えない。 そもそも韓国では陛下のことを天皇とは呼ばず、一般的には「日王」という蔑称が使われている。 そうした国に陛下がご訪問されるというのは時期尚早であり、個人的には永遠に時期尚早のままだろうと思う。
 汚沢はまた永住外国人の地方参政権付与についても来年の通常国会に政府提案として提出し、成立を図りたいとも述べた。 一連の発言は政権与党の人間とはいえ閣外にいる者が話すことが可能な範囲を大きく逸脱している。 民主党の幹事長はいつから日本国を代表するようになったのか。
 帰国後、汚沢はこれら自らの「対日工作」について、自民、公明、共産ら野党のみならず連立のパートナーである社民や国民新党、さらには民主党内からも批判が相次ぎ日本国中からフルボッコされてることに会見で逆ギレし、事の経緯を明かした宮内庁長官に辞任要求。 さらには「日本国憲法、民主主義を理解していない人間の発言としか思えない」とファビョったが、もちろん日本国憲法に抵触しているのは汚沢らのやっている対日工作である。
b0045944_073821.jpg
                  オマエはいったい何様ですか?
b0045944_081149.jpg
            さすがにもうブーメランが刺さる場所がないだろうw


 日本人はいつまでこの亡国政権に国を委ねるつもりなのだろうか。


汚沢傀儡政権の末路 前編
[PR]
by theshophouse | 2009-12-16 00:42 | Critique | Comments(5)
Commented by swimie at 2009-12-16 23:54 x
ノイジーなエントリー待っておりました。
Commented by theshophouse at 2009-12-17 01:00
>swimieさん 政治についてのエントリーをトップに置いておくのはこのブログとしては不本意なので、すぐに隠蔽用のやっつけエントリーを投稿しましたorz
もし別館の方をご存知でないようでしたらいつでも喜んでお教えいたしますので、その気になったら非公開コメントで捨てアド晒して下さい。m(_ _)m
Commented at 2009-12-17 22:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by swimie at 2009-12-19 17:53 x
メールありがとうございました。
余計な一言かもしれませんが、ノイジーではないエントリーも
私、楽しみにしております。
今後とも更新よろしくお願いいたします。
Commented by theshophouse at 2009-12-20 01:18
>swimieさん コメントありがとうございます。
ここは基本的に暇ネタですが、別館と違って続けていく予定です。
更新はたまーにですが。
<< iPhoneか? iPod t... 汚沢傀儡政権の末路 前編 >>



思うところを書く。
by theshophouse
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
Critique
Asian Affair
蹴球狂の詩
Odyssey
Photographs
Iiko et Tama
Non Category
Food
Mystery
Design
アジア人物伝
Alternative
Books
Movie
Sounds Good
昭和
モブログ日報
F1
号外
Profile
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2001年 10月
フォロー中のブログ
国境の南
osakanaさんのうだ...
青いセキセイインコ推定4...
THE SELECTIO...
V o i c e  o...
わしらのなんや日記
90歳、まだまだこれから...
午前4時から正午まで
藪の中のつむじ曲がり
PISERO しゅうまい...
最新のトラックバック
エス東京オフィス
from はるの日常
才色兼備な「タイのセレブ..
from Boochanの宝探し
チベットでのジェノサイド
from わしらのなんや日記
経済別に選びたい放題!チ..
from Boochanの宝探し
IKEA for ママゴト
from わしらのなんや日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧